メディア

日中に「何度も強烈に眠くなる」人は要注意? 詳しく解説

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 あなたの朝がいつもイイ朝でありますように—ニッポン放送『羽田美智子のいってらっしゃい』。テーマは「ナルコレプシー」です。

advertisement

解説

 日中、強烈に眠くなった経験はあるでしょうか?

 例えば、前の晩によく眠れなかったとか、昼食後などであれば特に問題はありません。しかし、症状が1日に何回も、また何ヵ月も続く場合、「ナルコレプシー」という病気が疑われるそうです。

 ナルコは「眠り」、レプシーは「発作」という意味で、「居眠り病」とも呼ばれている睡眠障害の1つです。

 「日中に発生する、耐えられないほどの強烈な眠気」以外にも、ナルコレプシーの症状として、「喜怒哀楽の感情の起伏が激しいとき、急に顔や首、手足の力がカクンと抜ける」というものがあります。

ニッポン放送「羽田美智子のいってらっしゃい」

 このような症状と、日中の強烈な眠気が続くようであれば、ナルコレプシーの可能性が高いそうです。

 ナルコレプシーは、脳を覚醒させる働きを持つ「オレキシン」という物質が、何らかの原因で脳から分泌されなくなったり、不足することが原因で起こると考えられています。

 通常、日中はオレキシンが出されることで覚醒でき、逆に夜は出なくなるため、眠くなるそうです。ところがナルコレプシーの場合、日中でもオレキシンが分泌されないことで、強烈な眠気に襲われてしまうのだそうです。

advertisement

番組情報

羽田美智子のいってらっしゃい
毎週月曜〜金曜 7:37 – 7:42番組HP
晴れの日や雨の日、気分が明るい時、ちょっと暗い時、そんなあなたの朝に『いってらっしゃい』の言葉を届けます。
あなたの朝がいつもイイ朝でありますように・・・

Amazonのアソシエイトとして、当サイトは適格販売により収入を得ています。

関連タグ

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.