メディア

「週刊少年チャンピオン史上最高だった漫画ランキング」が発表! 『弱虫ペダル』などの人気作を退け1位となったのは手塚治虫作品!

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 gooランキングは週刊少年チャンピオン史上最高だった漫画についてアンケートを実施し、その結果を発表しました

 『浦安鉄筋家族』などのギャグ漫画から、『グラップラー刃牙』シリーズの格闘漫画、『鉄鍋のジャン!』といったグルメ漫画などさまざまなジャンルの作品を連載してきた『週刊少年チャンピオン』。読者から「史上最高」と思われている作品はどれなのでしょうか?

advertisement

第3位:『バチバチ』シリーズ

 第3位は『バチバチ』シリーズでした。2018年に作者・佐藤タカヒロさんが逝去。本作は未完のまま終了してしまいました。元大関を父に持つ主人公・鮫島鯉太郎が相撲に青春を捧げるというストーリーで、角界にもファンが多いことでも知られる相撲漫画です。

画像はAmazonより引用
バチバチ 壱 (少年チャンピオン・コミックス)"

バチバチ 壱 (少年チャンピオン・コミックス)

佐藤タカヒロ
396円(11/28 17:05時点)
発売日: 2009/09/08
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第2位:弱虫ペダル

 第2位は『弱虫ペダル』でした。オタクの聖地・秋葉原に通うべく地元の千葉から往復90kmの道のりをママチャリで爆走するオタクな高校生・小野田坂道が、自転車競技部にスカウトされ、チームメイトやライバルと切磋琢磨し、自転車競技にのめり込んでいくというストーリー。アニメ化や舞台化などメディアミックスも盛んで、その勢いは絶大です。

画像はAmazonより引用
弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)"

弱虫ペダル 1 (少年チャンピオン・コミックス)

渡辺航
396円(11/28 17:05時点)
発売日: 2008/07/08
Amazonの情報を掲載しています
advertisement

第1位:ブラック・ジャック

 そして第1位は『ブラック・ジャック』でした。言わずと知れた手塚治虫作品の代表的なタイトルで、1973年~1983年にかけて連載されていたそうです。

 無免許ながら天才的な腕を持つ外科医「ブラック・ジャック」の物語。少女で助手のピノコと共に、さまざまな患者の手術をしていくストーリーや、彼の生き様を見て命の大切さを学んだという人も多いと思います。文句なしの名作でしょう。

画像はAmazonより引用

 ここまではTOP3の作品を紹介してきました。ランキング10位~1位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.