「布袋寅泰」シングル曲人気ランキングTOP20! 1位は「POISON」に決定!【2022年最新投票結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1981年に結成されたBOØWYのギタリストとして、1982年にデビューした布袋寅泰さん。現在はソロミュージシャン、作曲家として国内外問わず大活躍しています。東京2020パラリンピック開会式でのギターパフォーマンスに魅了された人も多いのではないでしょうか。そんな布袋さんが発表してきた楽曲は、印象的な名曲ばかり。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では2022年8月7日から8月14日までの間、「布袋寅泰のシングル曲で好きなのはどれ?」というテーマでアンケートを実施しました。

 アンケートでは計1525票の投票をいただきました。たくさんのご投票ありがとうございます! それでは結果を見てみましょう。

advertisement

第2位:バンビーナ

バンビーナ"

バンビーナ

250円(04/18 14:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第2位は、1999年にリリースされたシングル「バンビーナ」でした。鋭利で軽快なギターリフが印象的な本作は、オリコンチャートでは最高2位を獲得。聞くとパワーをもらえるロックンロールです。

 「レッツゴー!」のフレーズとリズムのハマり具合が気持ちよく、ライブの締めでもよく披露される名曲です。これでもかというほど、韻を踏む歌詞も楽しいですよね。

advertisement

第1位:POISON

POISON"

POISON

250円(04/18 14:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

 第1位は、1995年にリリースされたシングル「POISON」でした。婦人服のCMソングとして採用された楽曲で、布袋寅泰さんのシングルで最も売れた楽曲です。

 イントロからAメロにかけては、思わずステップを踏みたくなるような軽快さ。しかしサビは一転、哀愁帯びたメロディアスな雰囲気に。ハスキーな声で歌われるサビのフレーズが切なく、心に響きますよね。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.