メディア

「東京タワーと東京スカイツリー、あなたはどっち派?」 LINEリサーチが調査結果発表

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 LINEが運営するスマートフォン専用のリサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」は、日本全国の15歳~59歳の男女を対象に「東京タワー」と「東京スカイツリー」の人気調査を実施しました。

写真ACより
advertisement

人気は半々、若い世代はスカイツリー派が多め

 「東京タワー派か、東京スカイツリー派か」を聞いたところ、「東京タワー派」が36%、「東京スカイツリー派」が35%となり、人気が二分されていることがわかりました。

 世代別に見ると、年代があがるにつれて「東京タワー派」が増える傾向になり、特に50代男性ではおよそ半数が「東京タワー派」となりました。

 なお、「わからない/選べない」も全体で3割ほどいるようです。

advertisement

​実際に行ったことがある人の割合は

 東京タワー、東京スカイツリーの「両方に行ったことがある」と答えた人は全体で約4割。東京タワーだけに行ったことがある人は約3割、東京スカイツリーに行ったことがある人は約1割となりました。

 性年代別で見ると、男性のほうが「東京タワーだけに行ったことがある」人が多く、3割を超えるという結果に。その傾向は年代があがるほど増え、50代男性では5割近くとなりました。

 逆に「東京スカイツリーだけに行ったことがある」人は、若くなるほど割合が高く、10代では男女ともに2割強となっています。

 調査の詳細は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.