メディア

「尾崎豊」あなたが一番好きな曲は?【人気投票実施中】

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 1992年に、26歳というあまりにも若い年齢でこの世を去った尾崎豊さん。その死から長い年月が経った今でも、絶大な支持を得ています。尾崎さんというと一般に思春期のもどかしさや反抗心を代弁したような曲が有名ですが、実際には落ち着いたバラードやラブソングなども多く、世代を超えて愛されています。

 今回は、そんな尾崎豊さんの好きな曲についてアンケートを実施。まずは、尾崎豊さんの代表的な曲を一部抜粋して紹介します。

尾崎豊公式サイトより

I LOVE YOU

 尾崎さんの代表曲として知られている「I LOVE YOU」。1983年リリースのファーストアルバム「十七歳の地図」に収録されていた曲で、1991年に11枚目のシングルとしてリリースされました。CMや映画、ドラマなどでもたびたび使用され、日本人になじみの深い曲のひとつです。ドラマ「北の国から」でもおなじみ。

 実はこの曲は、アルバム制作で曲数が足りなかったところ、急遽作られたものでした。しかし、結果的に高いクオリティーの楽曲となったため、今でも多くのミュージシャンにカバーされて歌われています。18歳で作ったとは思えない、いつの時代も愛に迷う人々の胸を打つ名曲です。

advertisement

OH MY LITTLE GIRL

 尾崎さん死後の1994年にシングルとしてリリースされた「OH MY LITTLE GIRL」。もともとはこの曲もファーストアルバム「十七歳の地図」の収録曲で、2ndシングル「十七歳の地図」のB面にも収録されています。

 シングルカットされるきっかけとなったテレビドラマ「この世の果て」のほか、映画「LOVE SONG」や「ホットロード」でも主題歌として使われるなど、尾崎さんの曲の中でも長く愛されている作品。甘くセンチメンタルな旋律に、優しさと切なさを含んだ歌声が心地よい、美しいラブバラードです。

advertisement

15の夜

 1983年リリースのデビューシングルで、尾崎さんのイメージの源ともなっている代表曲。中学生のころに同級生らと家出をした実体験をもとに作られた曲で、ティーンエイジャーの心を代弁する歌として今なお多くの人に歌われています。

 歌詞の中でも「盗んだバイクで走り出す」というフレーズが有名。そのためか、尾崎豊=不良ソングというような認識がされやすいのですが、実際にはそういった曲は、尾崎さんの作品のなかでは少数派です。

advertisement

卒業

 「15の夜」と並んで、思春期の反抗心やもがきをテーマとした名曲。ライブでは「この支配からの」と本人が歌ったあと、観客が「卒業~」と合わせるのが定番でした。

advertisement

FORGET-ME-NOT

 シングルとしては、尾崎さんの死後に18枚目としてリリースされた曲です。もともとはサードアルバム「壊れた扉から」の収録曲で、大人っぽい落ち着いた雰囲気のラブバラード。2001年に仲間由紀恵さんと伊藤英明さん主演の映画「LOVE SONG」で主題歌として起用されたことから、改めてシングルカットされました。

 タイトルの「Forget-me-not」とは「勿忘草(わすれなぐさ)」のこと。プロデューサーがデモテープのメロディーを聞いて「小さな花のようなイメージ、勿忘草」と漏らし、それをもとに尾崎さんが歌詞を書き起こしたといわれています。

advertisement

十七歳の地図

 ファーストアルバムのタイトルにもなっている、尾崎さん初期の代表曲のひとつ。青山学院高等部の生徒だったころ、学校帰りに渋谷のビルから街並みを眺めていたときに着想したといわれ、そのビルのテラスには記念碑があります。

 パンク・ロックな旋律に、思春期のもどかしさや若々しさが感じられる歌詞。そして、泥臭くも強く生きていこうと思えるようなメロディーに、元気や勇気をもらった人も多いでしょう。

advertisement

その他(コメント欄にお願いします)

 10年に満たない活動期間の間に、数多くの名曲を世に送り出した尾崎豊さん。1曲を選ぶのは難しいかもしれませんが、ぜひあなたの好きな曲に投票をお願いします!

advertisement

アンケート

尾崎豊の曲であなたが好きなのはどれ?
合計:11588票
実施期間:2021/01/15〜2021/02/14
投票は締め切りました

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ランキング