声優「檜山修之」が演じたテレビアニメキャラで一番好きなのは誰?【人気投票実施中】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 1990年代から声優として活躍し、数々の作品に出演してきた檜山修之さん。「幽☆遊☆白書」の飛影や「名探偵コナン」の京極真など、人気のキャラクターを多数演じています。

 そこで今回、ねとらぼ調査隊では「檜山修之が演じたテレビアニメキャラで一番好きなのは誰?」というテーマで人気投票を実施します。檜山さんがこれまで演じてきた役の中で一番好きなキャラにぜひご投票ください! まずは、3人のキャラをピックアップして紹介します。

advertisement

猿投山渦(キルラキル)

出典:Amazon.co.jp
キルラキル 5(完全生産限定版) [DVD]"

キルラキル 5(完全生産限定版) [DVD]

小清水亜美, 柚木涼香, 洲崎綾
6,076円(05/18 14:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「猿投山渦(さなげやまうず)」は、2013年から2014年にかけてTBSなどで放送されたオリジナルアニメ「キルラキル」の登場人物です。

 作品の舞台となるのは、生徒会によって支配されている本能字学園。着用した人に特殊な能力を授ける「極制服」を与えられた生徒がヒエラルキーの頂点に立つ世界で、猿投山渦は生徒会四天王の1人として登場します。

 背中に竹刀を背負った武闘派キャラで、パワードスーツのような極制服「剣の装」を着用。驚異的な動体視力を持ち、反撃の隙を与えずに強襲する戦法を得意としています。粗暴で好戦的なキャラを檜山さんは見事に演じていましたよね。

advertisement

飛影(幽☆遊☆白書)

 「飛影」は、冨樫義博さんの同名漫画を原作としたアニメ「幽☆遊☆白書」の登場人物。フジテレビ系で1992年から1995年にかけて放送されていました。

 逆立った黒髪と三白眼が特徴の妖怪で、普段は白い布で覆っていますが、額に第3の目・邪眼を持っています。必殺技は、魔界から炎の黒龍を召喚し、すべてを焼き尽くす「邪王炎殺黒龍波」。最初は主人公である浦飯幽助の敵として登場しますが、戦いに敗れたことでだんだんと幽助に協力するようになります。

 戦闘力の高さと、ぶっきらぼうながらもたまに見せる優しい一面で、多くのファンをとりこにしてきた飛影。檜山さんの声はクールな飛影にぴったりでしたよね。2022年はアニメ化30周年ということで、さまざまな記念グッズや企画が展開されています。

advertisement

獅子王凱(勇者王ガオガイガー)

出典:Amazon.co.jp
勇者王ガオガイガー DVD Vol.1"

勇者王ガオガイガー DVD Vol.1

ガオガイガー
2,749円(05/18 14:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

 「獅子王凱」は、1997年から1998年にかけてテレビ朝日系などで放送されたアニメ「勇者王ガオガイガー」の主人公です。同作はロボットアニメで、1990年代に放送された「勇者シリーズ」の最終作でもあります。

 高校生宇宙飛行士の獅子王凱は、宇宙飛行中に瀕死の重傷を負いますが、サイボーグとして復活。機界生命体ゾンダーの地球侵攻を阻止し、地球を防衛のために戦います。どんなに不幸な出来事が起きても熱い心で乗り越える熱血漢の獅子王凱に、檜山さんの凛々しい声がはまっていましたよね。

advertisement

声優「檜山修之」が演じたテレビアニメキャラであなたが好きなのは?

 これまで、さまざまなジャンルの作品に出演してきた檜山修之さん。中でも、あなたが一番好きなキャラを教えてください! お気に入りのキャラが選択肢にない場合は、「その他」を選択してコメント欄にキャラクター名を記入してください。たくさんの投票とコメントをお待ちしています!

参考

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「アニメ」のアクセスランキング