メディア

「世界で最も富裕層が多い都市」ランキングTOP20! 1位は「ニューヨーク」! 日本の都市は何位?【2022年最新調査結果】

ツイートする Tweet ツイートを見る
Share
LINE
hatena
Home

 英国のコンサルティング会社「ヘンリー&パートナーズ」が発行した最新の”Henley Global Citizens Report(ヘンリー・グローバル・シチズンズ・リポート)”にて、「世界で最も富裕層が多い都市ランキング」が発表されました。世界情勢が大きく変動する中で、富裕層が多く居住する都市のランキングに変化はあったのでしょうか。

 なお、このランキングは、2022年6月30日時点で100万米ドル以上の資産を持つ個人の人口数が多い順となっています。さっそく結果を見ていきましょう!

(出典:Henley Global Citizens Report Q3 2022

advertisement

第2位:東京

画像:写真AC

 第2位には日本の「東京」がランクイン。2022年6月30日時点で100万米ドル以上の資産を持つ個人富裕層の人口は、30万4900人となっています。ちなみに、資産1億米ドル以上の富豪の数は263人、10億米ドル以上となるとわずか12人。いずれも、上位10位以内の都市の中では最も少なく、「超」が付くほどの大富豪は限られているようです。

 近年、日本では景気の低迷やGDPの低下、国内の貧富の格差拡大など、経済面でのさまざまな問題が叫ばれていますが、「東京」という都市に限って見ると富裕層の数ではアジアでトップのようです。なお、上位10位内に入っているほかのアジアの都市は、「シンガポール(5位)」「北京(9位)」「上海(10位)」の3都市となっています。

advertisement

第1位:ニューヨーク

画像:PIXTA

 そして、第1位は米国の「ニューヨーク」でした! 2022年6月30日時点で100万米ドル以上の資産を持つ個人富裕層の人口は34万5600人となっています。ニューヨークといえば世界を代表する経済都市であり、高額な収入が見込める反面、物価や生活費も高いことで知られています。

 また、米国からはニューヨークのほかに「サンフランシスコ・ベイエリア(3位)」「ロサンゼルスおよびマリブ(6位)」「シカゴ(7位)」「ヒューストン(8位)」と続き、TOP10のうち5都市を占める結果となりました。なお、資産1億米ドル以上の富豪は737人、10億米ドル以上でも59人となっています。10億米ドル以上ではサンフランシスコ・ベイエリアが62人とわずかに多いものの、1億米ドル以上では、上位20都市で最多となる富裕層人口を誇ります。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.