メディア

世界の国の「ノーベル賞」受賞者数ランキングTOP31! 2位「イギリス」を上回る圧倒的1位は?

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

 本日7月4日は、“キュリー夫人”ことマリー・キュリーの誕生日です。マリー・キュリーは放射線の研究に励み、新元素であるラジウムとポロニウムを発見した科学者。「ノーベル物理学賞とノーベル化学賞のダブル受賞」という偉業を成し遂げ、女性初のノーベル賞受賞者としても知られています。

 そんな記念日にちなんで今回は、「ノーベル賞受賞者数が多い国(地域)のランキング」を見てみましょう。ノーベル賞は1901年に創設され、 物理学/化学/生理学・医学/文学/平和/経済学の6分野で功績を残した人に贈られています。 最もノーベル賞の受賞者数が多いのはどの国(地域)でしょうか?

【出典】 The Nobel Prize in Physics 2020

【参考】 List of Nobel laureates by country

advertisement

第2位:イギリス(133人)

 第2位は「イギリス」。2020年までのノーベル賞受賞者数は133人です。

 2020年の受賞者には、ブラックホールの研究に貢献してノーベル物理学賞を受賞したロジャー・ペンローズ氏と、C型肝炎ウイルスを発見してノーベル生理学・医学賞を受賞したマイケル・ホートン氏がいます。

advertisement

第1位:アメリカ(388人)

 圧倒的な第1位となったのは「アメリカ」。2020年までのノーベル賞受賞者数は388人です。

 2020年の受賞者には、経済学賞を受賞したロバート・B・ウィルソン氏とポール・R・ミルグロム氏、文学賞を受賞したルイーズ・グリュック氏、化学賞を受賞したジェニファー・A・ダウドナ氏、物理学賞を受賞したアンドレア・ゲズ氏、生理学・医学賞を受賞したハーベイ・J・オルター氏とチャールズ・M・ライス氏がいます。

 他国に大きな差をつけ、1位、2位となったアメリカ・イギリス。これらの国には世界最高峰とされる大学が多く集まり、長年にわたる研究の成果が蓄積されています。 優秀な研究者による次世代育成も行われており、そうした研究環境の上質さに加え、研究資金の豊富さなども、受賞者が多い理由のひとつと言えそうです。

 ランキングの全順位は、次のページからご覧ください!

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.