メディア

「GT-R」280キロで暴走、みんなはどう思った? ネットの反応を調査

最も強い反応を示したのは「栃木県民」でした。

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

最も強い反応を示したのは「栃木県民」でした。

 2018年11月1日、日産自動車を代表するスーパーカー「GT-R」で、時速280キロを超える猛スピードで、制限速度時速60キロの自動車専用道路「第二阪奈道路」を暴走した男が書類送検され、大きな話題になりました。

 男はGT-Rに搭載されているリミッター(制限装置)を不正に解除し、長い直線が続く第二阪奈道路を暴走。その様子を撮影したビデオを動画投稿サイト「YouTube」で公開していました。

 このニュースが報道されると、瞬く間にTwitterのトレンドに入り、テレビ、Webニュースなどでも多く報道されました。

 この「GT-R280キロ暴走男事件」について、いったいどんな人たちがどのような反応を示したのか。Twitter上の反応を元に調べてみました。

advertisement

注目されたツイート

https://twitter.com/illegal_Jap/status/1059353760894341122
advertisement

盛り上がり

期間:2018/11/04 – 2018/11/08

 最も盛り上がりをみせたのは11月5日。ちょうどテレビやネットで紹介された時期がピークになっており、男女比を見ると男性からの反応が66.7%と過半数を締めました。

advertisement

男女比

期間:2018/11/04 – 2018/11/08
advertisement

事件に強く反応したのは高知県、群馬県、石川県……そして栃木県

期間:2018/11/04 – 2018/11/08

 Twitterで「GT-R」「280キロ」に関連する投稿を抽出すると、最も反応が強かったのは栃木県。ほかには高知県、群馬県、石川県からの反応も多くみられました。

 書類送検される原因となった時速280キロという数値に関連して、「新記録」「新幹線」というキーワードにも注目が集まり、これは一部媒体で「新幹線と同等の速度」と紹介されていたことが要因とみられます。

advertisement

まとめ

 Twitter上の反応では「GT-Rの名を汚した」「公道はサーキットじゃない」と暴走男に対する非難のほか、一般人に解除されてしまうリミッターの脆弱さに対して「日産にも責任があるのでは」といった声もありました。

 本来、GT-Rには一定以上の速度が出せないように性能を制限する「リミッター」が搭載されており、特定の場所(サーキットなど)に位置することをGPSで検知した場合のみ、制限が解除されるようになっています。

 今回のGT-R280キロ暴走男はそれを不正な方法で解除していたようです。

関連タグ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.