メディア

ストレスってたいてい精神的なものなのに、どうして身体に痛みが出るの? 医師が回答

ツイートする ツイートを見る
Share
LINE
Pocket
Home

「ストレスと痛み」に関して、ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」で解説された。

ニッポン放送「健康あるあるWONDER4」

 番組に寄せられた健康の疑問『ストレスって、たいてい精神的なものが多いのに、どうして身体に痛みが出ることがあるのでしょうか?』に対して、日本健診財団の監修のもと、以下のように解説した。

advertisement

日本健診財団監修による解説

 これは、自律神経が関わっているからだと考えられております。

 自律神経とは、私たちの心臓や胃腸などの、内臓の働きを司る神経です。交感神経と副交感神経に分かれており、この2つの神経がバランスをうまくとりながら、身体の健康を保っているというわけです。

 しかし、ストレスを感じると交感神経の働きが強くなり、自律神経のバランスが乱れて、身体に不調が出ることがあります。不調の内容は、肩こり、頭痛、腰痛、不眠、食欲不振、疲労感など人によってさまざまです。

 ストレスによって不調を感じたら、睡眠や休息を心がけたり趣味を楽しむなど、生活のなかでリラックスできる時間を意識的につくれるといいですね。

協力:医療ライター・横井かずえ
監修:日本健診財団

advertisement

番組情報

健康あるあるWONDER4
毎週月曜〜木曜 17:25 ‐ 17:30番組HP
健康の気になる話題、素朴な疑問に日本健診財団のお医者さんが答えます。

定期的に健康診断を受け、日頃から生活習慣には気をつけましょう!

Copyright Nippon Broadcasting System, Inc. All Rights Reserved.