新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月27日 17時33分 UPDATE

ニコニコ超会議3は「Oculus Rift」祭りでした――護衛艦「しまかぜ」からミクさんと添い寝まで総ざらい!

超会議ではあちこちで、VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」で仮想現実の世界を体験できました。

[ねとらぼ]

 VR(バーチャルリアリティ)ヘッドセット「Oculus Rift」。2012年に発表されるとたちまち話題になり、今年3月には米Facebookが開発元(創設者は21歳)を20億ドルで買収――そんな激アツなアイテムが、ニコニコ超会議3でもブームになっていた。

ah_ocu02.jpg ホール4〜8:赤枠の箇所でOculus Riftを体験できる

 Oculus Riftの特徴は何と言っても“仮想現実の世界に浸れる”こと。筆者も実際に体験してみて初めて分かったが、確かに臨場感が圧倒的なのだ。これは未来を感じざるを得ない。会場には、ざっとチェックしただけでも7ブースに体験コーナーが設置されていた。内容別で見ると2日間で26種類以上が登場したようだ。その1つ1つが遊園地のアトラクションのような驚きを与えていただろう。

 ちなみに、Oculus Riftはまだ市販されていない。現状は、開発者向けキットのみ流通している段階だ。だからこそ、こうした参加型イベントは一般ユーザーが体験できる絶好の機会となる。以下、7ブースを紹介していこう。参考までにニコ動のタグも付けておく。

超Ocufes [才能の有効活用][もっと評価されるべき

ah_ocu03.jpg スペースはあまり広くないが熱量は一番

 新型デバイスの魅力を最も発揮していたのが「超Ocufes」。ユーザーに企画・準備・運営すべてを丸投げした「まるなげひろば」内の一画で、Oculusの開発者たち多数参加していた。展示デモ数も2日間で計17個と断トツで多い。

ah_ocu04.jpg イチオシ。逆さま視点に納得

 公式サイトでタイトル一覧を確認できるが、筆者が体験したのはハイテンションなキャッチフレーズに相応しいクオリティばかりで凄かった。特に、「天空の城ラピュタ」をイメージさせるタイトルでは、“逆さまになって少女を救出する”感覚が本当に味わえた。同コーナーは、他ブースに比べて待ち時間が短かったのもポイント。

 タイトル例:

  • 「見習い空賊と天空の少女」シーたんを抱きとめて救出だ! 4秒で支度しな!
  • 「公園彼女」彼女と公園でデート……リア充爆発しろ!
  • 「OcumaRion」Unityちゃんに、あ……あんなポーズやこんなポーズを……
  • 「VRアクションゲーム」立ちたまえ、キリトくん。リアルKinect式VR剣戟(げき)!

ニコニコ学会βシンポジウム [なぜベストを尽くしたのか][言い値で買おう

ah_ocu05.jpg ミクさんと添い寝
ah_ocu06.jpg ミクさんにお触り

 「超Ocufes」の向かいにある「ニコニコ学会βシンポジウム」でも、複数のOculus作品を展開。「MikuMikuSoine(ミクさんと添い寝できるアプリ改)を作ってみた」や「PAXパワーグローブでミクさんに触ってみた」など動画で話題になった逸材を実際に体験できた。

ah_ocu07.jpg 超会議ジャンプ

 注目すべきは、ちょっとジャンプするだけで幕張メッセの天井まで到達できる「超会議ジャンプ」。小型カメラをクアッドコプターに搭載して空撮→Oculus用に映像処理することでスーパージャンプを仮想体験させるものだが、完全に遊園地クオリティだった。27日には「第6回・研究してみたマッドネス」で講演も行っている

超すけすけゴーグルくん -ラッキースケベ体験- [紳士の社交場][今日も日本は平和です

ah_ocu08.jpg ヤミちゃんの服が!?
ah_ocu09.jpg 体験姿はシュール

 「超アニメエリア」の端っにセットされていた「To LOVEる-とらぶる-ダークネス」ブース。ここでは、表現の限界に挑戦し続けている少年漫画とコラボした「超すけすけゴーグルくん -ラッキースケベ体験-」を楽しめた。

 詳細は別記事を参照してほしいが、みんなで同じところを見つめるとキャラクターの衣装が透けてくるというもの。正直“ラッキースケベ”とは少し違うのではないかと思ったが、チームプレイなのは興味深かった。筆者が参加した回では、「まず、胸からね!」「上上上上」「次、下下下!!」といった良い感じの交流があった。

超ボカロ握手会 [ミクさん召喚部][2.8次元

ah_ocu10.jpg 長蛇の列
ah_ocu11.jpg Novint Falcon

 ねとらぼでも何回か紹介した初音ミクと握手ができる「Miku Miku Akushu」。この改良版が、「超ボーカロイド感謝祭」の超ボカロキャラ握手会に降臨していた。3次元感触インタフェース「Novint Falcon」を使って、次元の向こう側にいるミクさんと接触できる。とにかくミクさんがひたすらかわいくて困る。

護衛艦「しまかぜ」の演習をバーチャル体験 [ニコニコ社会科見学][貴重映像

ah_ocu12.jpg しまかぜブース 係のお姉さんが美人

 自衛隊ブースでも、Oculusが活躍。護衛艦「しまかぜ」の模擬演習を追体験することができた。船内をぐるぐると見渡せるのは貴重な経験に違いない。ちなみに、真後にはアパッチが展示されていた

将棋電王戦の対局場体験 [発想の勝利][先生ありがとうございますシリーズ

ah_ocu13.jpg スイッチで切り替え可能

 「超囲碁・将棋・電王」ブースでは、第3回将棋電王戦の対局場(有明コロシアム・両国国技館・あべのハルカス・小田原城・将棋会館)を、棋士と電王手くん双方の視点から追体験できる。手元のスイッチで簡単に切り替えでき、実際に試してみると、Oculusを活用した中継は本当に革新的だったことがよく分かる。

未来のニコ生体験 [予想の斜め上][謎の技術

ah_ocu14.jpg ゴーグルをかけるとライブ会場
ah_ocu15.jpg

 近未来のニコ生はどうなっているのか。その一端がニコニコの歴史と未来を体験する「超時空ニコニコ研究所」ブースで示されていた。運営が未来のデバイスとして選択していたのは、やはりOculus Rift。これを装着することで一瞬にしてライブ会場にワープしたような感覚が味わえた。なお、放送ステージはいくつか種類があり、中には“18禁ライブ”もあった。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー