ニュース
» 2016年06月11日 10時35分 UPDATE

「人の命に関わることです」 海老蔵さん、マスコミの取材に対して再度配慮を求める

会見後、ブログで実家近くでの取材を控えてもらうよう訴えていた。

[ねとらぼ]

 フリーアナウンサーで妻の小林麻央さんが乳がんであることを発表した歌舞伎俳優の市川海老蔵さんが(関連記事)が10日、自身の公式ブログを更新し、「命に関わること」としてマスコミの自宅周辺取材を控えるよう配慮を求めた。海老蔵さんは9日にもマスコミに向けて麻央さんの安静のためにも「静かに見守って頂きたい」とブログで切願していた(関連記事)。

海老蔵さんブログ

 「度々申し訳ありません。マスコミの方々へ」と題したブログには、いまだに麻央さんの実家や周辺での取材が続いており、「お仕事である事は重々承知しておりますが、人の命に関わることです」「マオ本人の負担になるような撮影はやめてください。本当によろしくお願いします。よろしくお願いします。静かに見守って頂きたいです」と訴えた。

 麻央さんは約1年8カ月前に受けた人間ドックで進行性乳がんが発覚し、公にせず闘病生活を続けていたが、8日に病状が報じられ、自宅前にマスコミが殺到。「出来る限り子供達の生活を日常化する為に」と緊急会見を実施し、会見中も「なるべく静かに見守って頂きたい」と繰り返していた。

関連キーワード

マスコミ | がん | 小林麻央


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう