ニュース
» 2016年07月08日 19時15分 UPDATE

劇場版と舞台版のハーマイオニーが対面! エマ・ワトソン「あなたに会えて、もうとても最高」

舞台版では黒人女優がハーマイオニー役に抜てきされ、大きな話題となりました。

[あいひょん,ねとらぼ]

 女優のエマ・ワトソンさんが現地時間7日、舞台版ハリー・ポッターこと「Harry Potter and the Cursed Child」にハーマイオニー役として出演している女優のノーマ・ドゥメズウェニさんと対面した際の写真を自身のTwitterへ投稿しました。写真に写っている背景が楽屋のように見えることやノーマさんのツイートから、エマさんが公演を見に劇場を訪れたようです。

エマ・ワトソン Twitter ノーマ・ドゥメズウェニと ほっぺをむにゅ! (画像はエマ・ワトソンさんのTwitterより)

 ハーマイオニーといえばエマさんが演じた白人少女の印象が強いため、黒人のノーマさんが抜てきされたことは大きな話題に。同シリーズ作者のJ.K.ローリングさんはハーマイオニーについて、「白い肌と明記したことはない」「黒人のハーマイオニーが大好き」とコメントしています(関連記事)。

 エマさんは投稿した写真に添えて「あなたに会えて、もうとても最高」とコメント。末尾のハッシュタグ「#Hermiones(ハーマイオニーズ)」は、2人の友情を表しているのはもちろんのこと、ハーマイオニーは1つの固定されたイメージではない、さまざまな姿があってもいいのだということを表しているようにも思えます。

 ノーマさんも、エマさんと対面した際の様子をTwitterへ投稿。写真はもちろんのこと、一連のツイートでエマさんがいかに聡明で美しく愛らしい女性であるかを書きつづっています。

ノーマ・ドゥメズウェニ Twitter エマ・ワトソンと そして最後に仲良しハグ! (画像はノーマ・ドゥメズウェニさんのTwitterより)

 同舞台を書籍化した作品は、「ハリー・ポッターと呪いの子 第一部、第二部(仮題)」として日本でも11月に静山社から発売予定です(関連記事)。

「Harry Potter and the Cursed Child」 ロン、ハーマイオニー、ローズ (左から)大人になったロンとハーマイオニー、2人の娘であるローズ

関連キーワード

ハリー・ポッター


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう