ニュース
» 2016年11月22日 20時53分 UPDATE

地震発生からわずか28分 「ポケモンGO」ラプラス出現停止の“スピード決定”に称賛の声

あらためて振り返ると驚異的な決断スピードでした。

[ねとらぼ]

 11月22日早朝、福島県沖でマグニチュード7.4の地震が発生(関連記事)したことを受け、「Pokemon GO(ポケモンGO)」を提供するNianticが取った対応に称賛の声があがっています。対応の内容はもちろん、地震発生からわずか28分後というスピードにも注目が集まりました。



 地震が発生したのは5時59分。それから28分後の6時27分、「ポケモンGO」公式アカウントはTwitterで次のように告知しました(関連記事)。

福島県、および東北沿岸部に津波警報が出ています。ラプラスの出現に関しては状況が確認できるまで停止致します。


ラプラス出現停止の裏側 出現停止が発表された、レアポケモン「ラプラス」

 「ポケモンGO」では地震当時、東北復興支援の一環として、岩手・宮城・福島の沿岸部で、レアポケモンの1種「ラプラス」が出現しやすくなるイベントを実施中でした。ラプラスはゲーム中では非常に貴重なポケモンで、そのままイベントを続行していれば、津波の危険がある沿岸部にユーザーが集まってしまった可能性も。出現停止の告知を受け、Twitterでは「対応早い」「こんな迅速な対応できるのか……」「これはすごい」など驚きや称賛の声が多く寄せられました。


ラプラス出現停止の裏側 地震当時行われていた「ラプラス出現率アップ」イベント

 その後Nianticは、現時点での状況を考慮し、23日までの予定だったイベントを前倒しで終了することを発表(関連記事)。あらためて振り返ってみると、地震発生が5時59分、出現停止のお知らせが6時27分、イベント終了決定が14時56分。これだけ大規模なサービスで、しかも早朝、なおかつ東北3県との連携イベントという難しい状況下で、ここまで迅速な決断・対応ができたのは驚異的と言えます。



 「ポケモンGO」をめぐっては、ゲームに熱中するあまり私有地に立ち入ったり、運転中にゲームをプレイしたりといったネガティブなニュースが続いていましたが、この件でNianticの対応を見直したといった声も一部では見られました。ラプラス出現停止の背景や理由についてNianticに問い合わせたところ、「状況を総合的に判断しての対応です」とのことでした。


ラプラス出現停止の裏側 ただ、一部のユーザーからは、公式アカウントのツイートに対し「いまはそんな事言ってる場合じゃねぇだろ」「非常事態だというのに不謹慎」「福島の民に失礼ですよ?」といった心ないリプライも(Togetter

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(後編)

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー