ニュース
» 2017年03月09日 17時36分 UPDATE

JR東日本30周年イベント 「JR東日本総合研修センター」が一般公開へ 訓練設備の体験なども

秘密の鉄道車両展示施設があるらしい。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 4月1日に発足30周年を迎えるJR東日本。「約23万円の入場券セット」(関連記事)や「3日間乗り放題パス」(関連記事)の発売が発表されましたが、そのプレスリリースを見た鉄道好きの間では、福島県白河市にある「JR東日本総合研修センター」一般公開の実施も注目されているようです。

 「JR東日本総合研修センター」はJR東日本の社員向け研修施設施設で、通常は一般公開されていません。今回会社発足30周年を記念し、同センター内でグッズ販売があったり、ミニSLの乗車体験、訓練設備の体験などができます。これは鉄道好きにはうれしい。

プレスリリース 全8ページのプレスリリースに、たった3行だけ書いてありますが、鉄道好きにはテンションが上がる内容だった様子

 JR東日本の30周年記念イベントとしては、総合研修センターや約23万円の入場券セット・記念パスの発売以外にも「駅でのコンサート」「おみやげグランプリ」「のって楽しい列車展示イベント」など、複数のイベントも告知。これらの詳細は別途告知するとしています。

事故の歴史資料館リニューアルのプレスリリース 「事故の歴史展示館」、リニューアルするらしい

高橋ホイコ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー