ニュース
» 2017年04月07日 08時30分 UPDATE

「東映版スパイダーマン」も! マーベル展、5メートルアイアンマン点灯式にメイプル超合金登場

マーベル「レオパルドン抜きにはマーベルの歴史は語れないよ」

[Kikka,ねとらぼ]

 4月7日から6月25日まで六本木ヒルズで「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」が開催されます。これに先駆け4月6日にマスコミ向けのプレビューと、メイプル超合金らが出席したイベントが行われました。


MARVEL 左からイベントに出席したトム・ブリーヴォートさん、カズレーザーさん、安藤なつさん

 イベントに登場したのはメイプル超合金の2人と、マーベル・パブリッシングでシニア・バイスプレジデント&エグゼクティブ・エディターを務めるトム・ブリーヴォートさん。今回の展示の目玉で、日本初公開となる全長約5メートルのアイアンマンの点灯式に参加しました。

 アイアンマンはガラス張り一面に広がる東京の夜景をバックに、日没から22時まで30分に1度ライトアップされます。


MARVEL 約5メートルのアイアンマン

MARVEL すごくきれいな夜景をバックに

MARVELMARVEL アイアンマンの迫力に驚く3人

MARVELMARVEL スイッチオンでライトアップ!

 大のマーベルファンだというカズレーザーさんは「無敵というわけではないが、スマートで特にハートが強いところが好き」と、好きなキャラクターにパニッシャーをあげました。安藤なつさんのイチオシはゴーストライダーで、バイク好きということもあり、「ヘルバイクに乗ってみたい」と話しました。


MARVEL トークテーマは「好きなキャラクター」

 今回のイベントに合わせて来日したトムさんは、マーベルが愛され続ける理由として「色鮮やかなキャラクターも人気だが、一番の魅力はコスチュームの中の人物の人間性だと思う。どのヒーローも悩みを持つ一人の人間であるということ。アイアンマンがトニー・スタークなのではなく、トニー・スタークがアイアンマンであるように」と語りました。


MARVEL マーベルの魅力を語るトムさん

 またメイプル超合金の二人については「(マーベルの)キャラクターとしてぜひ使いたい」とラブコール。赤に金色のラインが入った特注コスチュームに身を包んだカズレーザーさんについて聞かれると、「プリティーなアイアンマンだね」と話し、カズレーザーさんは「心がグラつきますね」と笑いを誘いました。


MARVEL アイアンマンコスのカズレーザーさんと、パーティー風のハルクをイメージした安藤なつさん

MARVELMARVEL トムさんからのラブコールにドキドキのカズレーザーさん

 会場に集められた約200点のマーベル作品のグッズについては「東映版スパイダーマンのレオパルドンが置いてあってマーベルの本気を感じました」とカズレーザーさん。トムさんは「レオパルドン抜きにはマーベルの歴史は語れないよ」と高く評価している様子でした。


MARVEL カズレーザーさんイチオシの東映版「スパイダーマン」DX超合金 GA-90 レオパルドン

 会場では期間限定の「MARVEL六本木ヒルズ ホットトイズストア」がオープンするなどグッズも充実。「マーベル展公式ショップ」ではオリジナルグッズも販売されています。ぜひ会場でマーベルの歴史を感じてみてください。


MARVEL MARVEL展

 またイベント終了後、囲み取材に応じたメイプル超合金の二人に「ネットニュースは読みますか?」と聞いてみたところ、安藤さんから「ねとらぼ読んでますよ! 呼び鈴を鳴らしてエサを催促する猫の記事とか」とまさかの回答! ありがとう、安藤なつさん……!

 カズレーザーさんは「政治・経済の記事とかをよく読みますね」とインテリ芸人らしい回答を寄せてくれました。


MARVEL カズレーザーさん曰く、安藤さんに似ているというジャガーノートを見る二人

「マーベル展 時代が創造したヒーローの世界」

東京展 開催概要

会期 :2017年4月7日から6月25日※会期中無休

10時から22時(最終入場:21時30分)

会場 :六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー(六本木ヒルズ 森タワー52 階)

入場料 :一般 1800 円、高校生・大学生 1200 円、4 歳~中学生 600 円、シニア(65 歳以上)1500 円※展望台(屋上スカイデッキは別料金)、森美術館入館料を含む

公式サイト :www.tokyocityview.com/marvel-exhibition

問い合わせ:03-6406-6652

(C)2017 MARVEL

(Kikka)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― ネット上で女性を演じる「ネカマ」って何なの!? 昔自分をだましたネカマと直接対決してみた(前編)

やまもとありさ×ねとらぼ: SNSマンガ家群像劇「アオイトリデ」


» 続きを読む
» 過去のまんが一覧

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー