ニュース
» 2017年11月07日 20時13分 UPDATE

タワーレコード渋谷店でまた不正抽選疑惑 タワレコは「不正はございません」と疑惑を否定

3月にも同様の不正疑惑があがっていましたが……。

[ねとらぼ]

 タワーレコード渋谷店で配布された「ラブライブ!サンシャイン!!」のイベント抽選券を巡って、「関係者が当たり分を抜いているのでは」との疑惑が持ち上がっています。タワーレコードは今年(2017年)3月にも、韓国アイドルグループ「B1A4」の購入特典を巡り、不正抽選を指摘する声があがっていました(関連記事)。




 問題となっているのは、テレビアニメ2期オープニング主題歌「未来の僕らは知ってるよ」(Aqours)の発売記念キャンペーン。タワーレコード渋谷店でCDを購入し、キャンペーンに応募すると抽選でイベントへの参加権が当たるというものでした。



 しかし、11月5日に抽選結果が発表されると、「まとめて買ったのに抜けていた番号が当選していた(=スタッフが当選券を不正に抜いているのでは)」という報告が次々とあがります。


タワーレコード サイトで発表された抽選結果




 応募者の1人、杉咲@上映会(@sugisaki_0x)さんは「1477」「1478」「1480」「1481」「1483」「1484」と、ほぼ連番になっている6枚の応募券と、ちょうど抜けている「1479」と「1482」の当選を示す写真を公開。杉咲さんが「さすがにおかしいでしょ」とツイートすると、「ホント許せない」「不正抽選て言われても仕方ない」など、タワーレコードへの批判が相次ぎました。


タワーレコード 10枚購入したうちの6枚。1477〜1484の連番になっていますが……(杉咲@上映会さん提供)

タワーレコード ちょうど抜けていた「1479」と「1482」が当選(杉咲@上映会さん提供)

 果たして実際に不正抽選はあったのか。タワーレコード広報に問い合わせると、「3月に続き、お客さまに不快な思いをさせてしまったことについては重く受け止めており、大変申し訳ないと思っています」とのこと。ただ、不正抽選の疑惑については「不正はありませんでした」と否定しました。

 タワーレコードによると、3月のケースでは事前に当選券とハズレ券を分けて店舗に配布しており、十分にシャッフルせずに配布したため混乱を招いてしまったとしていましたが、今回はA賞・B賞と特典が2種類あり(※)、どちらかを選んで応募する関係上、抽選は応募後に行っていたとのこと。配布時点で当たりはずれの違いはなく、「事前に当たりを抜いておく」ことはできなかったとしています。また抽選についても、複数スタッフ立ち会いのもと厳正に行っていたとのこと。ただ、本来ランダムに配布するはずの番号が一部連番になってしまっていた点については「きちんとシャッフルされておらず、そこは甘い部分がありました」(タワーレコード広報)と不手際を認めました。

※編注:A賞がイベント参加権で、B賞は「直筆サイン入り告知ポスター」


 しかし、杉咲さんはそれでも「当選番号を応募後に決めたという証拠はあるのでしょうか」「信じていただけに、気持ちを踏みにじられた気がして、とても残念」と不信をつのらせます。

 タワーレコードによると、抽選は応募箱に手を入れ、ランダムに当たりを選ぶ形で行っていたとのこと。また抽選は渋谷店の中で、渋谷店スタッフの手で行われましたが、映像などの記録が残っているわけではないとのことでした。たとえ応募後に抽選を行っていたとしても、抽選段階で本当に不正がなかったかどうかを証明するのはかなり難しそうです。

 抽選販売における不正疑惑と言えば、7月にもビックカメラ水戸駅店で、Nintendo Switchの抽選を巡って同様の疑惑が持ち上がっていました(関連記事)。このときもTwitter上で、一部の番号が抜け落ちた写真とともに「当選する番号をあらかじめ引き抜いていたのでは」といった声が多くあがっていましたが、ビックカメラ側は不正を否定。「不手際により一部の番号が欠落していた」と説明していました。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう