ニュース
» 2018年09月27日 22時30分 公開

米バージニア州で珍しい野生の「双頭のヘビ」を発見 貴重な動く姿が公開中

突然変異によって生まれた超レア生物。

[k村,ねとらぼ]

 米バージニア州で、突然変異により頭を2つ持つ野生の「双頭のヘビ」が見つかりました。爬虫類学者であるJohn D Kleopfer氏のFacebookページには「双頭のヘビ」の写真の他、貴重な動く様子が公開されています。







 今回みつかった双頭のヘビの種類はアメリカマムシ。一般女性が発見したヘビはヴァージニア野生動物センターに移送され、調査によって「左側の頭が主導権をにぎっており、外部からの刺激に対してより積極的な反応を見せる」「2つの食道を持ち、右側の頭の食道の方が発達している」「1つの心臓と1組の肺を共有している」「右側の頭の方が食べるのに適しているが、左側の頭が主導権をにぎっているので、右側の頭が食べるのは難しい可能性がある」ことなどが判明しました。




 野生の「双頭のヘビ」は、通常長くは生きられないため発見される可能性が大変低く、今回捕獲されたヘビは世界的にも貴重な個体となります。現在このヘビは、ヘビの飼育経験が豊富なブリーダーによって保護されているとのこと。John D Kleopfer氏は自身のFacebookページに「最終的にはこのヘビを動物園などに寄付し、展示されることを望んでいる」と投稿しています。今後はどこかの動物園で、「双頭のヘビ」が一般公開されるかもしれません。 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう