Special
» 2005年03月07日 00時00分 公開

シリーズものだからこそ、既存ユーザーは気になるもの「イース -ナピシュテムの匣-」レビュー第2回(1/2 ページ)

イースは日本のRPGゲームの中で燦然と輝く金字塔を打ち立て続けている人気シリーズ。もちろん、従来のファンも非常に多い。完全にブランドとして成立しているイースだが、愛好家にとってはPS2版はどのように映るのだろうか。

[ITmedia]

 PS2での「イース -ナピシュテムの匣-」はこれから登場するのだが、Windows版はすでに「イースVI〜ナピシュテムの匣〜」として発売されている。もちろんPCでのゲームが売れないという時代背景にもかかわらず、かなりの数が売れた優良ソフト。そこで改めてゲーム専用機で登場するのが今回の作品になる。すでにWindows版を遊んでいるユーザーは購入する必要がないのだろうか?

結論から言おう。似て非なるものだ

 結論を先に述べてしまうと、Windows版のユーザーにとっても不満のない作りになっている。マップや敵キャラ、ストーリーなどに変更はないのだが、キャラクターをフルポリゴンで書き直している美しさとなめらかさはPCのモニターとは全く異なった表情を生み出しているし、キャラクター全員が声を持つことで存在感が一気に増している。

 サウンドにしてもドルビーデジタルに対応しているので、臨場感溢れる環境を構築することもできるし、音の奥行きに関してはWindows版を上回っている。これらのメリットはゲーム専用機になったからだと言えるだろう。

画像 PS2ではフルポリゴンで作られているオープニングも、Windows版ではアニメーションに近い絵で表現されている。得意ジャンルが異なるハードウェアなので棲み分けが出来ている
画像

画像
画像 こちらがPS2版のオープニングCG。美しいフルポリゴンの映像が流れる

 ほかにも、PS2版だからこそのメリットも存在している。それはアクション部分。Windows版では、ダッシュジャンプが極めて難しくできていた。操作は難しくないのだが、タイミングが分かりにくく、数少ない不満点として考えていた人も多い。

 クリアの為に必須の技術ではなかったこともあり、それほど困ることはなかったのだが、ユーザーとしては気になるところだった。そのダッシュジャンプのタイミングがやや緩和されていることもあり、多用できるようになったのだ。

 このほか、操作性全般のタイミングが良好になっている。ゲーム専用機だからこそのバランス調整でもあるし、Windows版ユーザーの声が反映された結果とも言える。

 こういったパワーアップだけではなく、隠しダンジョンとも言える「アルマの試練」が登場したこともあり、Windows版ユーザーでも楽しく遊ぶことができる。この試練はストーリーとのつながりは薄く、腕とアイデアでクリアしていくタイプのダンジョンになっている。種類も複数用意されているので飽きることなく遊ぶことができるはずだ。

画像 Windows版の戦闘シーンだが、キャラクターが全体的に大きく表示されている。色数や表示領域、解像度の問題で、Windows版のほうが細かく表示されている
画像 こちらはPS2版。ボスの大きさとアクションのエフェクトなどを考えると、PS2の迫力がよく分かるだろう。アクションゲームとしての雰囲気作りではこちらのほうが格段に上だ
(C)2005 Konami Digital Entertainment
(C)2003 Nihon Falcom Corporation. All rights reserved.

過去のイースも忘れない

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10