ニュース
» 2005年03月09日 13時36分 公開

「卒業 Next Graduation 〜私立清華女子中学校 入学式〜」が開催 (1/2)

「卒業 Gradunation」に登場したキャラクターの娘たちを育成していくという、かつてない設定で展開する本作。発売に先駆けて300人を無料招待したイベントが3月6日に行われた。その中身とは……。

[ITmedia]

 既報の通り、3月6日に「卒業 Next Graduation 〜私立清華女子中学校 入学式〜」製作発表会イベントが開催された。

 「卒業」シリーズは、1992年6月にシリーズ第1弾が発売された人気育成シミュレーションであり、現在までに20タイトルがリリースされている。また本作は、「卒業 Graduation」の12年後を舞台としており、育成するキャラクターは、清華女子高等学校「伝説の問題児5人組」の娘たちとなっている点でも話題を得ている。

まずはゲームと出演者の紹介から

 一般からの無料招待300人とのイベントの前に、プレス向けの製作発表会が行われた。原作者であるワンダーファームの六月十三氏、プロデューサーであるIRIコマース&テクノロジーの工木大造氏、そして作曲を務める櫻井真一氏の3人が登場し、本作のセールスポイントが説明された。

 本作は、12年前に生徒であったキャラクターの娘たちが登場することになるが、これに関しては、昨今の美少女ゲームとは差別化を図りたい、そして由緒あるキャラクターにしたいという思いから実現に至り、由緒=血統ということで、親子という設定になったとのこと。

 また、ただ単に母親のコピーという存在ではなく、ひとりひとりを個性的なキャラクターにすべく制作が行われたという。

 なお、プレイヤーは教師という立場であることから、授業が中心のシステムとなっているが、本作は親子ともども攻略対象キャラクターとなることから、土曜・日曜に関しては家庭訪問や私生活のチェックなども行っていくことになる。

photo スケジュール画面

photo 移動画面

photo 会話画面

 これまでの「卒業」シリーズも育成というよりは、生徒たちに振り回されている、といった感覚が強いタイトルではあったが、さらなる波乱が巻き起こることは間違いなさそうだ。

 これに関して六月氏は、「美少女ゲームというよりは、『渡る世間は鬼ばかり』。あのような感じの各家庭の問題が起きて、それに先生であるプレイヤー巻き込まれていく。これに「3年B組 金八先生」を足して2で割ったようなゲームになっているかもしれません。もちろんそんなことをセールスポイントにはできませんけど。」と語っていた。

 また六月氏は、8年ぶりの新作である本作を制作するに至ったきっかけについて、「続編を作らないかという話をいただいて、『2』『3』とやってきたシリーズですが、そこで『4』というのはつまらないなぁ〜、ということと、私もいい年になり、娘がいたらいいなぁ〜、ということから娘という設定にしました。

 それと今いる開発者のほとんどが『卒業』のプレイヤーでして、新しい『卒業』を彼らで作ってくれればいい、という思いもあります。」と振り返ってくれた。

 なお、今後の『卒業』シリーズの展開について工木氏は、「まだ発売していませんので、何とも言えませんが、今後の展開ももちろん考えています。」と回答。

 確かに「卒業 Next Graduation」の発売が6月を予定とまだ先のことだけに無理もないが、これまでもさまざまなメディアで展開を行ってきている「卒業」シリーズだけに、こちらに関しては期待して待っていても良さそうだ。

 そして、作曲を担当した櫻井氏は主題歌で聞いてもらいたいポイントについて、「声優さんがそれぞれソロパートを歌っており、とても楽しい作りになってます。その辺りを中心に聞いていただけたらと思います。」とコメント。

photo (右から)工木大造氏、六月十三氏、櫻井真一氏

 なお、「卒業」シリーズは13年と非常に息の長いタイトルだが、これについて六月氏は「ここまで続くとは思っていなかった。最初はPC、その後にPCエンジンと続いていきましたが、気がついたら『卒業』だけで2〜3年といった感じでした。その時に『いつ卒業できるの?』と鶴さん(新井聖美役)から言われた覚えがあります。」と当時の思い出話も交え語ってくれた。

 ひととおりゲームについての説明が終わった後、最後に出演者の紹介が行われた。先にも述べたように、本作は「卒業 Graduation」のキャラクターの娘たちが登場することにとなっており、親子共々の登場となった。では、メインとなる親子のコンセプトと紹介、および声優の紹介を行おうと思う。

新井親子

photo 正義感が強く、ケンカっぱやい似たもの親子(右:娘 新井勝美、左:母親 新井聖美)

加藤親子

photo 家業の蕎麦屋を切り盛りする母親と、運動が苦手で引っ込み思案な娘(右:娘 加藤結夏、左:母親:加藤美夏)

志村親子

photo 学生の頃と変わらない主婦失格の母親と、家事全般をこなすしっかりものの娘(右:娘 志村もこ、左:母親 志村まみ)

高城親子

photo 世界を飛び回る女社長の母親と、7か国語を話す帰国子女の娘(右:娘 高城レイ、左:母親 高城麗子)

中本親子

photo 過去を引きずる内向的な母親と、大人顔負けの天才である娘(右:娘 中本梓、左:母親 中本静)

娘役のキャスト

photo (右から)新井勝美役:吉原ナツキさん、加藤結夏役:鹿野優以さん、志村もこ役:こやまきみこさん、高城レイ役:植田佳奈さん、中本梓役:鎌田梢さん

母親役のキャスト

photo (右から)新井聖美役:鶴ひろみさん、加藤美夏役:嶋方淳子さん、志村まみ役:芳野日向子さん、高城麗子役:冬馬由美さん、中本静役:久川綾さん

そして一般招待者を招いての第2部をレポート

(C)ワンダーファーム/IRI Commerce and Technology
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた