レビュー
» 2005年05月10日 15時13分 公開

「nintendogs」とすれ違いな生活で暮らしたゴールデンウィークお犬様と行くGW その1:(1/2 ページ)

ある日、Games編集部全員が「nintendogs」を購入していることが判明。ならば全員それなりのスタンスで犬と戯れてみようということになり……。まずはトップバッターは私が担当する愛犬とのすれ違いな生活。

[加藤亘,ITmedia]

友達何人できるかな?

 やって来ました大型連休! 4月29日から始まった祝日は、2日と6日さえ休めれば10日間の連休コンボが完成する。まさにゴールデン。海へ山へ行楽地へと、携帯ゲームが重宝する時期とも言えるのに、どこにも特に行く予定がなかった……。きっちり2日と6日を出社し、いまいち感漂うゴールデンウィークを過ごしていた。

 しかし、それでは意味がないと、無理やり街に飛び出した。お供は愛犬シェットランド・シープドッグの「アイティ」ちゃん。そう、ニンテンドーDSで売れに売れている「nintendogs」である。目指すは「すれ違い通信」を使っての“友達何人できるかな?”。しつけや世話をそこそこに、10日間毎日すれ違いだけで友達作りに勤しむ日々がこうして始まった。

左がシェルティの「アイティ」ちゃん。よそ行きのためシルクハットでオシャレをしている。右が2匹目の「バング」クン。弟が欲しいと「アイティ」ちゃんがせがむので……

 そもそもこの企画、「nintendogs」発売日に編集部全員が揃いも揃って購入していたことから端を発する。「じゃあ、全員でそれぞれのスタンスでレビューでもしましょう」という、ノリだけで決めちゃいけないという見本のような展開でこんな事態に……。そこで、休みだろうがなんだろうが引きこもりがちな筆者は、無理やりにでもゴールデンウィーク気分を味わうためにこのような課題となったのだが……。

4月29日(金)ゴールデンウィーク1日目

 記念すべき祝日初日だけに寝て過ごそうと思ったのだが、船橋ららぽーとで取材が入っていた……。朝10時頃、筆者は京葉線に乗るべく東京駅に立っていた。手には「nintendogs」がセットされたニンテンドーDS。さっそくすれちがい通信を起動させると、いきなり1人目の友達が登場。

 9時53分、「ろ」さんのラブラドール・レトリバーの「いぬ」クンが遊びに来てくれた。なんとも淡白なネーミング。そしてさすが東京駅。これからどこかにお出かけでしょうか? 通信もそこそこすぐさま再びすれ違い通信に設定すると、いきなり2人目のお友達が来訪。これは幸先がいい。10時03分、「ひーたん」さんのシェトランド・シープドッグ「パン」ちゃんがご訪問。わずか200メートル歩いただけで2人と交信できるとは……。売れてますね「nintendogs」。

 京葉線に乗って取材先の船橋ららぽーとへ。途中の電車でも交信かと思ったが、結局現地に到着するまで反応せず、ずっと歩きっぱなしの「アイティ」ちゃん。しかし、ららぽーとに着いた途端、友達を見つけていた。11時54分、「キララ☆」さんのラブラドール・レトリバー「ココ」ちゃんと遭遇。

 この調子でいくと何人と会えるのかワクワクする。とはいえ、一切どの人なのか皆目見当もつかないのが、このすれ違いのミソなわけだが。ちなみに「キララ☆」さんは飼主ポイント8788ポイントも稼いで堂々トップハンドラーになっている。これだけの短期間でこれだけあがるんだぁと素直に驚いた。

続々と更新されていくフレンドリスト。電子の世界で友達が増える喜び

 取材も終わり、東京に移動。14時41分、「のぶやん」さんの柴犬「ムク」とすれ違い。たぶん東京駅ですれ違ったはずなのだが、気がついたときには中央線車内だったため瞬間を見ることができず。大方の人は、ちゃんとプレゼントを持参してきてくれる。マナーが存在することを知る。我が「アイティ」ちゃんは予算不足のため、ひたすら「風船」を持って(くわえて)うろうろしていた。

風船に喜ぶコーギー「バング」。それを「若いな」ってな感じで眺める「アイティ」ちゃんに貫禄を見た

 新宿19時36分。「げぇ」さんのミニチュア・ダックスフント「ラムネ」ちゃんと遭遇。続けざまの19時39分、「りょたこちゃん」さんのラブラドール・レトリバー「けんすけ」ちゃんと遊ぶ。今日一日、愛犬「アイティ」ちゃんは散歩や遊ぶこともせず、ただひたすらすれ違い通信のみをしている……不憫な思いをさせてごめんね。

4月30日(土)ゴールデンウィーク2日目

 山の手線で1周してれば誰かに会えるかもしれない、と神の啓示で山の手線ぐるり1人旅を開始。ところが、誰にも会わない。不特定多数が行き交う電車ならば誰かに会えるかも、という考えは浅はかだったのか、先頭車両から一番後ろまでを無駄に往復しても、ぴくりとも反応しない。

 2周目に突入して気がついたのだが、電車内では暇を持て余すあまり、DS所有者は通信を切断し、何気に愛犬とコミュニケーションを取っていることが多いようだ。現に遊んでいる人間を確認したが、皆愛犬に夢中で通信はしていないようだ。こっそりピクトチャットで呼びかけてみたが反応せず……。

 「nintendogs」には、システム設定で「ピクトチャットをさがす」ことができる。こちらの機能をオンにしていれば、付近で立ち上がっているピクトチャットを探してくれるのだが……。皆さん、機能はオフにしているらしい。ユーザーは散歩や世話など、声で呼びかけなくてもいいことを電車内で済ませ、すれ違い通信は降車の際に接続しておく習慣になっている……ぬかった!

 無駄な2時間の旅を終え、再び新宿駅へ。すると17時38分「あやこ」さんの柴犬「わんさ」クンと通信。続く、17時57分「コウ」さんの柴犬「わふ」ちゃんと通信。なるほど、改札など人が一極集中するところのほうが、すれ違い率は高いようだ。

 ここでちょっとだけルールを変更してみた。無理やりすれ違いを演出するのではなく、あくまでも日常生活を送っている中で、偶然何人と会えるのか。無理はせずに楽しむことにした。今日もこれでオシマイかと思った23時23分。池袋駅付近の電車内で「つきみやきりゅ」さんのシェットランド・シープドッグ「とうか」ちゃんがご来訪。実はこの方とはその後またすれ違うことになるとは夢にも思わなかった。

フレンドリストは登録した日時順で並べられる。そのため、後日再びすれ違っても元の位置から動くことはない。このように日時と犬種などの情報が更新される

5月1日(日)ゴールデンウィーク3日目

 ずっと寝ていたため街に出たのは夜になってからだったが、夜の歌舞伎町でも犬達はすれ違いを求めていたようだ。

 21時15分「emmy」さんの柴犬「うめたろう」クンと遭遇。21日16分、「yuri」さんのミニチュア・シュナウザー「コナンくん」と立て続けに遭遇した。我がケンネルに新しい犬種が増えた。そう、すれ違い通信の利点は、プレゼントもらったり遊んだりだけではない。ケンネルに犬種を増やすことができる。

 元々筆者が購入した「柴&フレンズ」はシェットランド・シープドッグをはじめ、柴など5犬種が最初から購入できるソフト。あとの「チワワ&フレンズ」と「ダックス&フレンズ」にいる計10犬種とは遊べない――かと言えばそうではない。ゲームを進め、飼主ポイントを増やす、もしくはすれ違いで交信し元々いない犬種が遊びに来れば、ケンネルに追加される。てっとり早くケンネルに追加させたい人は街に出てすれ違いし続ければいいのだ。

 そんなわけで、我がケンネルにミニチュア・シュナウザーが追加され、着々とコンプリートに近づいて……いない。まだたくさん出ていない犬種がいる。ちなみに「yuri」さんは筆者の知人で、偶然勝手に通信していたことが後に判明。広がってますね「nintendogs」。

5月2日(月)ゴールデンウィーク4日目

 出社。普通に仕事をこなす。誰にも会わない1日だっただめ、愛犬とこれでもかと戯れる。とりあえず死ぬほどしつけて目指すはドッグコンテスト1位。お風呂場でずっと放置してたら、ちょっとだけポイント上がった。触れ合っている時間としてカウントされたのだろうか?

 ちなみに夜型人間な筆者は、愛犬とは主に深夜戯れる。時には覗いてみると先にご就寝、なんてことも。ああ、すれ違い。遊んでくれよと無理やり起こすと、昼間寝がちな仔に育つらしいのでぐっと我慢することに。愛犬の寝る姿もまた愛し……。そろそろお金も貯まりつつあるので、我が家のリフォームを考える。もう少し飼主ポイントが加算されると追加されるので少し待ってみることに。

5月3日(火)ゴールデンウィーク5日目

 この日も取材。昼から上野へ。行楽地だけに期待していたが、なかなかすれ違いせず。14時10分、「Gan」さんのゴールデン・レトリバー「カエラ」ちゃんと交信したものの、ここまで。上野を後にし、自宅で取材記事を執筆。

 夕方、約束があったため会社の元同僚と呑みの待ち合わせに新宿アルタ前へ。するといるはいるは「nintendogs」所持者が。19時25分「アナベル・かとう」さんの柴犬「ぶーさん」と、19時26分「ポル」さんのゴールデン・レトリバー「ミッキー」クンと、19時35分「ユーコ」さんのミニチュア・ピンシャー「コジカ」クンとフィーバー。人が多くいるところはおのずと確率も高くなる。

プレゼントを咥えて歩く姿も可愛い。ま、中身は風船なんですけどね

 呑み終了後の帰宅時に、23時51分にスターハンドラー「モリヤン」さんの柴犬「チューイ」クンと交信。はじめて見ましたスターハンドラー。飼主ポイント14000って……購入してからこの短期間、どれだけ触れ合えばここまで到達するのか皆目見当つかず。

いつかその高みに行きたく存じます

 そして、この日の最後は、山の手線内23時56分、2度目となる「つきみやきりゅ」さんのシェットランド・シープドッグ「とうか」ちゃんが訪問。まさかこの広い東京で赤の他人と再会するとは……。ドラマならば運命の再会となるわけだが、残念ながらやはり誰なのか飼主は確認できず。相手も2度目だと気がついてくれたのかなんて気にしながら帰る。自宅で愛犬「アイティ」ちゃんにしつけまくる。今さらながら、芸を覚えてくれた時に出る電球マークや、撫でている時に出る骨マークをタッチペンで口元に移動させると、愛犬が食べてくれることを知る……。同僚に言うと今更だそうで。やはり。

とりあえず今日はここまで

いよいよゴールデンウィークも後半戦へ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」