レビュー
» 2005年05月11日 16時25分 公開

「nintendogs」で“忠犬”の凄さを知るお犬様と行くGW その2:(1/2 ページ)

猫を飼っていながら、犬に憧れる編集者が、疑似体験とは言えついに犬を飼うことに成功。だが、どうやら向いてはいなかったようで……2番手を務めるのは人の道を踏み外しかけた私。罵倒覚悟のプレイ内容を公開!

[遠藤学,ITmedia]

肝心なことをド忘れ

 犬に憧れていたものの、猫を飼い始めたのが10年ほど前。今ではすっかり猫も可愛いと思うようになったが、憧れというのは消せないものだ。とは言え、犬猫両方を飼う余裕など我が家にあるはずがなく、半ば諦めかけていた時に登場したのが「nintendogs」だった。

 先のレビューでも明記されているが、Games編集部の全員、もちろん私も発売日に購入した。同僚たちが「柴&フレンズ」に惹かれる中、選んだのは「ダックス&フレンズ」。ヨークシャー・テリアを購入し、名前を「メディ」と命名。

photo

 とりあえず購入したことに安心を覚え、当日は夜も更けていたこともあり、ここでひとまずプレイを終了。これからの愛犬との生活を夢見ながら眠りについた。が、この後がいけなかった。

 というのも、「nintendogs」が発売されたのは2005年4月21日。つまりゴールデンウィーク前。しっかりと休みを取るべく、目先の仕事を一心不乱に行い、気づいた時にはすでにゴールデンウィークに突入した5月1日。

 ようやく愛犬と触れ合えると思い、電源を付けた瞬間……あれっ?我が愛犬から小さな虫がピョンピョンと跳んでいる(後にこれがノミと発覚)。しかも心なしかぐったりしているような気が。

 何が起きたのかと瞬時に愛犬の様子を確かめてみると、喉「カラカラ」、おなか「ペコペコ」、しかも最後に食べたものが「ギョーザ」と表示されている。一体何が? 誰だギョーザなんか与えたのは、と怒りを覚えていたところで重要なことを思い出す。

 そう、本作は普通のゲームと違い、電源を切っている時でも時間の経過が行われるのだ。つまり購入した時点でメディは存在していることになっており、約10日間を自力で過ごしてきたということだ。しかも様子を見る限り、家を出て食事を取った気配もある。

 本当にごめんよ、メディ!一度も触れ合っていない、こんな駄目な飼い主が来るのを健気に待っていたなんて……。

photo 呼べば必ず近くに来るメディ。この健気さに応えなくては。

愛情を取り戻せ

 というわけで、約10日間に渡る放置を乗り越えた我が愛犬の労をねぎらい、親身になってお世話を開始。とりあえず本当に購入しただけで何もしていなかったので、まずは水とドライフードを与える。

 次にやっぱりノミが跳んでいるのが気になるので、シャンプータイムとなるのだが、ここで驚くべきことが発覚。スポンジでごしごしとメディの体を洗っていると、なぜか泡が茶色なのだ。つまり、それだけ汚れていたということで、本当に飼い主失格だなと考えながらシャンプーをこなしていった。

photo やっぱり白い泡が一番。綺麗にしていることは実感できるが、よごれる前に愛犬をシャンプーしてあげてください

 ようやく身も心も綺麗になったメディを見て、罪悪感が少しだけ軽減。これまで相手にできなかった分、思う存分撫でている最中に、ふと「しつけ」が出来ることを思い出す。あれだけ放置していたのだから、一筋縄では言うことは聞いてくれないだろうな、と思いつつ「おて」の練習をしてみるとノーミスで覚えてくれた。

 しかも「おすわり」「ふせ」「ゴローン」と、次から次へとノーミスでこなしていく我が愛犬。確か同僚は物覚えが悪いと言っていたような気がするのだが、メディに至ってはそんな様子は微塵も感じられない。

photo

 だが、賢い子だと思う以上に、あることを考えてしまう自分がいる。それは「もう放置されないように必死なのかも」ということなのだが、そう考えてしまうくらいメディは物覚えが良かった。本当にごめん、もう二度とあんなことはしないよ、メディ!

 そんなこんなで、これまでの分を取り返そうと触れ合うこと数時間。ここでまたもや大事なことを忘れていたことに気づく。そう、犬と言えば「散歩」があるじゃないですか。というわけで、早速散歩に出かけることにした。

 イベントマークである「?」を気にしながら(これだけは覚えてた)、メディの歩ける範囲内でルートを設定すると散歩がスタート。メディはどんどんとルート通りに進んでいくので、「?」マークに入るまで特にやることはないと思い、少しボーッと画面を眺める。

 するとメディは何かを相手に立ち止まったようで、それを熱心に食べている。うん、食べている? それは拾い食いだよ、と慌てて止めに入るも時すでに遅し。メディはしっかりと食してしまったようだ。しかも食あたりを起こしたらしく、心なしか動きが遅くなっている。

 どうなるのかと不安に思っていたのだが、どうやら時間の経過と共に元に戻るようで、徐々に元の動きへと戻っていた。そんな波乱もありつつ帰宅し、早速何を食べたのかチェックすると「肉まん」と表示されている。

 それほど変なものではないが、ちょっと古かったのかなと思いつつ、元気になった愛犬と共に、購入後初となる幸せな1日を過ごした。

再度のありえない凡ミス

 明けて5月2日。私はこの日から5月5日まで、祖母の家に行くことになっていた。事前に荷物は準備してあったので、意気揚々と車に乗り込み、走り出すこと2時間後。

 そろそろメディの様子を見ようと思い、手荷物のバッグを開ける……が、ニンテンドーDSが見当たらない。そんな馬鹿なことがあるかと、またもやぶつけようのない怒りを覚えていたところで、やはり自分の失態に思い当たる。

 遡るのは昨日の深夜。1日中面倒を見た満足感からベッドに潜り込んだのだが、どうにも寝付けない。そこでメディと散歩をした。そしてニンテンドーDSをベッドの横に置いて眠り、それに気づかず出発したのだ。

 またやってしまったという後悔の念に苛まされつつ、思い出すのは5月1日に10日ぶりに会ったメディ。ぐったりとした様子で、ノミがピョンピョン跳んでいたあの姿だ。今回は4日間とは言え、果たしてどうなっているのか? 無事でいてくれ、メディ!

訪れし運命のとき

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/21/news019.jpg 子猫「イヤー!!!」→「あれ……?」 初めてのお風呂で元保護子猫が見せた意外な反応に、飼い主もビックリ
  2. /nl/articles/2201/21/news123.jpg 「俳優たちの見たことない姿」「カッコ良すぎる」 松重豊、仲村トオルらの“ランウェイ姿”が話題沸騰
  3. /nl/articles/2201/22/news041.jpg 仲里依紗、イメチェン後のサラサラストレートヘア姿に“ウケる” 清純派な落ち着いた空気に「若返ってて似合ってます!」
  4. /nl/articles/2201/22/news043.jpg かまいたち濱家、体重7キロ減を“ひと月弱”で達成 MAX95キロからの激変ぶりに相方・山内「想像以上に仕上げてきた」
  5. /nl/articles/2201/21/news169.jpg お姉さんたちの美ボディにメロメロ! 「東京オートサロン2022」美女コンパニオンまとめ第3弾
  6. /nl/articles/2201/22/news052.jpg ダルビッシュ聖子、10年前のバキバキ腹筋に自信満々「どこでも見せる事が出来ました」 当時の厳しい鍛錬は「もうできないわ」
  7. /nl/articles/2201/18/news138.jpg 妻を妄想上の存在と思い込む男、そんな夫を支える妻…… 妄想と現実が入り乱れる漫画が何度も読み直したくなる強烈展開
  8. /nl/articles/2201/22/news049.jpg 松本伊代、“ヒロミさんも捨てられない”花嫁衣装をリメイク ステージ用に生まれ変わったドレスへ「28年前のものとは思えない」
  9. /nl/articles/2201/20/news131.jpg いくらしょうゆ漬けみたいな「ほぼいくら」発売 ぷちぷちの食感、味わいを再現
  10. /nl/articles/2201/22/news057.jpg EXILE黒木啓司と結婚の宮崎麗果、3歳息子とパパのバースデーケーキ作り 奮闘するわが子に「泣いて喜んでくれてよかったね」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」