ニュース
» 2005年07月08日 15時56分 公開

大阪で「GUNDAM −来たるべき未来のために−」開催

[ITmedia]

 大阪のサントリーミュージアム[天保山]で、「機動戦士ガンダム」をテーマにした展覧会、「GUNDAM −来たるべき未来のために−」が開催される。期間は7月15日〜8月31日。

画像

 この展覧会は、ガンダム世代のキュレーター、アーティスト、クリエーターの感性を通じ、機動戦士ガンダムに描かれていた戦争、進化、生命というテーマだけでなく、ガンダムが巻き起こした文化現象をキーワードに、そこに内包されたメッセージを読み解く試みとなっている。

 内容としては、アーティストによる作品展示のほか、ラストシーンでの無人のコア・ファイターをベースとした、実物大の「1/1real scale コア・ファイター」が展示される。メイキング課程がWebサイトに掲載されているので、興味のある方は参照してほしい。

画像 コア・ファイター模型(コアファイター1/1制作のために事前に製作されたミニチュア版)
画像 ミニチュア版拡大
画像 ミニチュア版背面
展覧会名GUNDAM −来たるべき未来のために−
会期2005年7月15日(金)〜8月31日(水)
会場サントリーミュージアム[天保山]
開館時間午前10時30分〜午後7時30分(最終入場は午後7時まで)※会期中無休
入場料大人(高校生以上)1000円(900円)、小・中学生600円(540円)
シニア[60歳以上]700円 ※カッコ内は特別観賞券
前売券(6月1日より発売)大人(高校生以上)850円、小・中学生500円
主催毎日放送、ガンダム展製作委員会
後援大阪府、大阪市、大阪市教育委員会、大阪21世紀協会、国際デザイン交流協会、総合デザイナー協会
協賛図書印刷
協力松下電器産業、富士ゼロックス、乃村工藝社
特別協力サントリーミュージアム[天保山]、サントリーパブリシティサービス、バンダイ、サンライズ、創通エージェンシー
Exhibition Curator東谷隆司
Exhibition Designnendo
Sound Design浅野達彦
(C)創通エージェンシー・サンライズ
(C)2005 Ikunishi Yasunori×Kakegawa Yasunori×kuknacke×shu×m.magic Kobayashi×Nagato Tetsuya


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた