連載
» 2005年07月26日 10時00分 公開

桃太郎で行っとけ!「桃太郎活劇」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

連載4回めにして、初めてのPCエンジンです。桃太郎シリーズ初のアクションゲーム、「桃太郎活劇」(ハドソン)を取り上げてみましょう。“誰でもクリアーできる”このゲームが、明日のゲーム界を変える、ヒントになるかもしれません。

[ゲイムマン,ITmedia]

「GENJI」と同じコンセプトを、15年前に実現!

 去年の東京ゲームショウで、私がいちばん興味を持ったゲームは「GENJI」だった。

 “買った人全員がクリアーできるゲーム”

 岡本吉起氏は、このゲームについて、そう語っていた。

 実際に発売されたときには、その部分があまり強調されていなかったのがちょっと残念。普段ゲームをあまりプレイしない人々に、大いにアピールできるポイントだと思うのだが。

 TVCMも、鈴木史朗さんを起用したらおもしろかったのになあと思う。鈴木さんは「バイオハザード」のファンらしいし。

 まあ、清原選手のCMも、あれはあれでインパクトはあったみたいだから、良かったのかもしれないが。

 さて、かつて同様に“誰でもクリアーできる”ことを売りにしたアクションゲームがあった。

 そのゲームに出てくるキャラクターと一緒に撮ってきたのが下の写真。

画像

 そう、私の後ろに写っているのは、おなじみ貧乏神。

 というわけで、今週取り上げるゲームはこれだ!

画像

 PCエンジンで1990年に発売された、「桃太郎活劇」である。

 桃太郎シリーズといえば、有名なのは「桃太郎伝説」と「桃太郎電鉄」だ。

 昔話をベースに、コミカルなストーリーやキャラクター、親切なシステムで大ヒットした「桃太郎伝説」。

 日本全国を舞台に、都市の名産品店を買って資産を増やしていくボードゲーム「桃太郎電鉄」。

 「桃太郎活劇」は、桃太郎シリーズ初のアクションゲームだが、「伝説」、「電鉄」に比べて、かなりマイナーなタイトルである。

 「桃太郎伝説」や「桃太郎電鉄」がシリーズ化され、特に「電鉄」のほうは現在でも新作が発売されているのに対し、「桃太郎活劇」は続編もなければ、他機種への移植もされていない。

 でも、「桃太郎活劇」というゲームを振り返ることで、今のゲーム業界に必要なものが見えてくるのではないかと、私は思っている。

 「桃太郎伝説」と「桃太郎電鉄」についてはいずれ、高松や佐世保にある桃太郎キャラクターの像とともに取り上げることにして、今回は「桃太郎活劇」をご紹介しよう。

画像 ちなみにこの像があるのは、東京・谷中の妙泉寺というお寺。懐かしい雰囲気のある商店やお寺が並ぶ、言問通り(ことといどおり)の近くにあった。

貧乏神と猿で「貧乏が去る像」とのこと。おさい銭を入れてお参りしてきた

 今回、この連載で初めてPCエンジンのゲームが出てきたので、PCエンジンというゲーム機についてもちょっと説明しよう。

 PCエンジンは1987年、ハドソンが主体となって開発され、NECホームエレクトロニクスから発売されたゲーム機である。

 CPUのクロックは7.16MHz、512色同時発色、スプライトは16×16ドットと、ファミコンより高い性能を持って登場。

 翌年には家庭用ゲーム機初のCD-ROMドライブ「CDロムロム」を発売するが、「桃太郎活劇」はCD-ROMではなく、従来の「Huカード」(ヒューカード)で発売された。

 1990年といえば、既に「イースI・II」や「天外魔境ZIRIA(ジライア)」など、CD-ROMを使ったゲームも発売されていたが、アクションゲームではまだまだHuカードが主流。

 「桃太郎活劇」のコンセプトを考えれば、CD-ROMの大容量を使って、ステージ数を増やしたり、過度な演出を行なったりする必要はない。Huカードで正解だったと思う。

 では「桃太郎活劇」について、詳しく見ていこう。

 コンセプトは前述のとおり、“誰でもクリアーできる”こと。

 パッケージにも、「かならずエンディング! ぜったいエキサイティング!」と書いてあり、それがこのゲーム最大の売りであることをアピールしている。

 横スクロールのアクションゲームで、全8面から成る。

 主人公・桃太郎の武器は刀で、振ると先端から“気合弾”が飛び、敵を倒せるようになっている。

画像 刀にもいくつか種類があり、いい刀を使うと、気合弾が大きくなり、また遠くまで飛ぶようになる

 ゲームスタート前に、「かんたん」、「ふつう」、「むずかし」いずれかの難易度を選ぶ。

 かんたんモードには以下のような特徴があり、アクションゲーム初心者でも楽しくプレーできるように配慮されている。

  • 穴に落ちてもノーダメージで戻れる(「ふつう」はダメージあり、「むずかし」は一発アウト)
  • 宿に泊まれば、体力だけでなく技の使用回数も回復する。また宿代も安い
  • 体力、技の使用回数の、最高値が高い
  • 敵の弾のほとんどが、桃太郎の気合弾で相殺できる
  • 桃太郎が倒されても所持金が減らない(「ふつう」は1/2に、「むずかし」は1/4になる)

誰でもクリアーできるゲームにするための工夫

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/14/news065.jpg 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. /nl/articles/2106/13/news025.jpg アントニオ猪木、腸の病気で再入院も“闘魂”消えず 「本当に強い人」「復活劇の始まり」と不屈の姿に反響
  3. /nl/articles/2106/13/news004.jpg 子猫「ねぇねぇ」先輩猫「コラー!」 子猫のちょっかいを教育的指導する先輩猫の“お怒りポーズ”が面白い
  4. /nl/articles/2106/14/news084.jpg 肺がん手術の広田レオナ、リハビリ中を襲う苦痛に意気消沈 道端にへたり込んで悲鳴「やたらと心臓も痛い」
  5. /nl/articles/2106/14/news051.jpg 日本マクドナルド50周年で歴代人気バーガー3種が復活! 「ジューシーチキン 赤とうがらし」「テキサスバーガー2021」「トリチ」
  6. /nl/articles/1809/15/news037.jpg 「クソデブ」「痩せたモデルを出せ」 渡辺直美、グッチの公式インスタが大炎上にもブレない姿勢が反響呼ぶ
  7. /nl/articles/2106/14/news048.jpg 大好きなお父さんが帰宅すると、猫が駆け寄って…… 寄り添って甘える猫ちゃんのお出迎えがうらやましい
  8. /nl/articles/2106/14/news081.jpg 田中将大の愛妻家ぶりを妻・里田まいと息子がレポート “父の日”テストの回答が「尊い」「最高」「泣きそう」と反響
  9. /nl/articles/2005/06/news010.jpg 病床の少女に死神が迫る→連れて行くどころか看病するオカン死神の漫画にほっこり
  10. /nl/articles/2106/14/news036.jpg 外出自粛で健康診断が“見たことのない数字”に 自宅最高と思っていたらヤバいことになった実録漫画が人ごとじゃない

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10