連載
» 2005年07月26日 10時00分 公開

桃太郎で行っとけ!「桃太郎活劇」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

連載4回めにして、初めてのPCエンジンです。桃太郎シリーズ初のアクションゲーム、「桃太郎活劇」(ハドソン)を取り上げてみましょう。“誰でもクリアーできる”このゲームが、明日のゲーム界を変える、ヒントになるかもしれません。

[ゲイムマン,ITmedia]

「GENJI」と同じコンセプトを、15年前に実現!

 去年の東京ゲームショウで、私がいちばん興味を持ったゲームは「GENJI」だった。

 “買った人全員がクリアーできるゲーム”

 岡本吉起氏は、このゲームについて、そう語っていた。

 実際に発売されたときには、その部分があまり強調されていなかったのがちょっと残念。普段ゲームをあまりプレイしない人々に、大いにアピールできるポイントだと思うのだが。

 TVCMも、鈴木史朗さんを起用したらおもしろかったのになあと思う。鈴木さんは「バイオハザード」のファンらしいし。

 まあ、清原選手のCMも、あれはあれでインパクトはあったみたいだから、良かったのかもしれないが。

 さて、かつて同様に“誰でもクリアーできる”ことを売りにしたアクションゲームがあった。

 そのゲームに出てくるキャラクターと一緒に撮ってきたのが下の写真。

画像

 そう、私の後ろに写っているのは、おなじみ貧乏神。

 というわけで、今週取り上げるゲームはこれだ!

画像

 PCエンジンで1990年に発売された、「桃太郎活劇」である。

 桃太郎シリーズといえば、有名なのは「桃太郎伝説」と「桃太郎電鉄」だ。

 昔話をベースに、コミカルなストーリーやキャラクター、親切なシステムで大ヒットした「桃太郎伝説」。

 日本全国を舞台に、都市の名産品店を買って資産を増やしていくボードゲーム「桃太郎電鉄」。

 「桃太郎活劇」は、桃太郎シリーズ初のアクションゲームだが、「伝説」、「電鉄」に比べて、かなりマイナーなタイトルである。

 「桃太郎伝説」や「桃太郎電鉄」がシリーズ化され、特に「電鉄」のほうは現在でも新作が発売されているのに対し、「桃太郎活劇」は続編もなければ、他機種への移植もされていない。

 でも、「桃太郎活劇」というゲームを振り返ることで、今のゲーム業界に必要なものが見えてくるのではないかと、私は思っている。

 「桃太郎伝説」と「桃太郎電鉄」についてはいずれ、高松や佐世保にある桃太郎キャラクターの像とともに取り上げることにして、今回は「桃太郎活劇」をご紹介しよう。

画像 ちなみにこの像があるのは、東京・谷中の妙泉寺というお寺。懐かしい雰囲気のある商店やお寺が並ぶ、言問通り(ことといどおり)の近くにあった。

貧乏神と猿で「貧乏が去る像」とのこと。おさい銭を入れてお参りしてきた

 今回、この連載で初めてPCエンジンのゲームが出てきたので、PCエンジンというゲーム機についてもちょっと説明しよう。

 PCエンジンは1987年、ハドソンが主体となって開発され、NECホームエレクトロニクスから発売されたゲーム機である。

 CPUのクロックは7.16MHz、512色同時発色、スプライトは16×16ドットと、ファミコンより高い性能を持って登場。

 翌年には家庭用ゲーム機初のCD-ROMドライブ「CDロムロム」を発売するが、「桃太郎活劇」はCD-ROMではなく、従来の「Huカード」(ヒューカード)で発売された。

 1990年といえば、既に「イースI・II」や「天外魔境ZIRIA(ジライア)」など、CD-ROMを使ったゲームも発売されていたが、アクションゲームではまだまだHuカードが主流。

 「桃太郎活劇」のコンセプトを考えれば、CD-ROMの大容量を使って、ステージ数を増やしたり、過度な演出を行なったりする必要はない。Huカードで正解だったと思う。

 では「桃太郎活劇」について、詳しく見ていこう。

 コンセプトは前述のとおり、“誰でもクリアーできる”こと。

 パッケージにも、「かならずエンディング! ぜったいエキサイティング!」と書いてあり、それがこのゲーム最大の売りであることをアピールしている。

 横スクロールのアクションゲームで、全8面から成る。

 主人公・桃太郎の武器は刀で、振ると先端から“気合弾”が飛び、敵を倒せるようになっている。

画像 刀にもいくつか種類があり、いい刀を使うと、気合弾が大きくなり、また遠くまで飛ぶようになる

 ゲームスタート前に、「かんたん」、「ふつう」、「むずかし」いずれかの難易度を選ぶ。

 かんたんモードには以下のような特徴があり、アクションゲーム初心者でも楽しくプレーできるように配慮されている。

  • 穴に落ちてもノーダメージで戻れる(「ふつう」はダメージあり、「むずかし」は一発アウト)
  • 宿に泊まれば、体力だけでなく技の使用回数も回復する。また宿代も安い
  • 体力、技の使用回数の、最高値が高い
  • 敵の弾のほとんどが、桃太郎の気合弾で相殺できる
  • 桃太郎が倒されても所持金が減らない(「ふつう」は1/2に、「むずかし」は1/4になる)

誰でもクリアーできるゲームにするための工夫

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」