連載
» 2005年07月26日 10時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:桃太郎で行っとけ!「桃太郎活劇」 (2/2)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

誰でもクリアーできるゲームにするための工夫

 各ステージの最初には村がある。桃太郎はここで刀や防具、道具を買ったり、宿で体力を回復したりできる。

画像 村人に話を聞くと、アドバイスや、そのステージの目的を聞くことができる。中にはダジャレしか言わない人もいるが

 村を出るといよいよ、鬼たちとの戦いになるわけだが、簡単だからといっても、決して単調なわけではなく、ステージの構成も、出てくる鬼たちも、バラエティーに富んでいる。

 「桃太郎伝説」からの伝統で、ちょっと遊び心の入った敵キャラクターが多い。

 ラインダンスする鬼や、入れ歯を飛ばす鬼。転がってくる金太郎飴。

 新体操をする鬼。シンクロナイズドスイミングをする鬼。傘でマスを回す太神楽の鬼。

画像 敵キャラクターばかりではなく、ステージ自体にもいろいろな工夫が凝らされている。氷のステージや、鬼の体内に入るステージには、ワナや仕掛けが多い

 ステージの途中、区切りとなる場所に、地蔵が立っている。

 地蔵に話しかけると、「一曲聴いてもらえんか?」と言われるが、この“曲”というのがパスワード。一度ゲームをやめても、再プレーのときにその位置からスタートできる。

画像 「天の声」などのバックアップユニットか「CDロムロム」があれば、バッテリーバックアップでデータをセーブすることも可能

 ステージ中盤には仙人の家がある。

 ここに立ち寄ると、“仙術”が使えるようになるのだが、ただ立ち寄るだけでは仙人も術を教えてくれない。

 仙人の出す昔話クイズに答えたり、仙人と「あっちむいてホイ」をやったりして、新しい術を覚えていくのだ。

 仙術のうち、最初のステージで覚える「ももひえん」は特に重要だ。

 ももひえんは、今まで立ち寄った村に戻る術。これを使えば、ステージの途中でピンチになっても、村に引き返して、宿に泊まることができる。

 宿に泊まった後、もう一度ももひえんを使えば、最後に立ち寄った地蔵の所へ戻れるのだ。

 繰り返し、敵を倒してお金を貯めれば、強い刀や防具を買える。

 RPGのように、敵を倒してピンチになったら宿に帰るというプレーが可能になっているわけだ。

 ちなみに「GENJI」も、途中で前のステージに戻って、主人公を強化できる。

 「GENJI」にある経験値とレベルアップが「桃太郎活劇」にはないなど、両者のシステムには違いがあるので、「GENJI」が直接「桃太郎活劇」を参考にしたなんてことはもちろんない。

 だが、アクションの苦手な人でも、主人公の強化によって、先へ進めるようになっているという点で、「桃太郎活劇」と「GENJI」は似ていると言える(無理やりだが)。

画像 各ステージの最後には、巨大なボスキャラがいる。足柄山のボスは金太郎飴を投げてくる
画像 「きびだんご」を使って、犬、猿、キジを呼ぶこともできる。足場の悪いステージは、キジにつかまって空を飛べば一気に進める

 テレビゲームにおいて、「難易度」はきわめて大きな要素である。

 私もゲームを買う上で、そのゲームの難易度がとても気になる。だが、買う前に難易度の分かるゲームは、ほとんどない。

 買ってから「難しくてクリアーできなかった」では嫌なので、難しそうに見えるゲームはついつい敬遠してしまうのだ。

 だから「桃太郎活劇」のように、難易度を売りにしてくれるゲームはありがたい。

 冒頭でも書いたが、難易度が低いというのはそれだけで、ゲームに興味があるけどやらない人(新規期待顧客)や、昔ゲームをやっていたけど今は離れた人(休眠顧客)にとって、大きな売り文句の一つとなるのではないだろうか。

 「2005 CESAゲーム白書」によると、新規期待顧客・休眠顧客は、合わせて約2000万人存在すると見られる。その全員がゲームの難易度でためらっているわけではないが、難度が低くて、操作が簡単なゲームは、こうした人々をゲームに呼び戻す可能性があると思う(もちろん、難度が低くて操作が簡単なことを、広告などで積極的にアピールしなければ意味がないけれど)。

画像 かんたんモードのエンディング。「桃太郎活劇が誰でもクリアできるゲームと あなたは証明してくれました」。ちなみに、「かんたん」「ふつう」「むずかし」それぞれのモードに、別々のエンディングが用意されている

 「桃太郎活劇」のような取っつきやすいゲームが、今のゲーム界に、もっともっと増えてくれば、ゲームを愛好する人々も増えてくるだろうし、テレビゲームに偏見を持つ人も減るだろう。

 そう考えると、谷中の貧乏神の像も、ゲーム業界の進むべき道を照らし出す、福の神に見えてくるのであった。

 ……と、ここまで書いたところで気づいたが、実は「桃太郎活劇」に、貧乏神は出てこない。

 何のために谷中まで行ったのだ私は。

(C)2004 HUDSON SOFT

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた