時代と戦え!「ジョイメカファイト」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(1/2 ページ)

ゲイムマンです。レトロゲーム記事に多くのおたよりやリクエストをいただき、ありがとうございます。今回取り上げるゲームは、ペンネーム・グミグミさんのリクエストで、ファミコンの対戦格闘ゲーム「ジョイメカファイト」(任天堂)です。

» 2005年06月28日 15時40分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

武道館と格闘技とテレビゲーム

 日本武道館にやってきた。

画像 晴れてて景色は良いけど暑い

 武道館とテレビゲームとのかかわりは、意外と深い。

 かつて、伝説のマンガ「ゲームセンターあらし」の舞台となったことがある。

 ゲームの腕以外に何のとりえもない少年・石野あらしが、さまざまな“ゲーム戦士”と対決するこのマンガは、昭和50年代中盤、コロコロコミックの人気連載だった。

 「月面宙返り」「炎のコマ」などの派手な必殺技で有名なマンガだが、戦いの舞台がむやみに壮大だったのも印象深い。

 のちに世界の危機を何度も救うことになるあらしにとって、日本武道館は小さなステージだったかもしれない。だが、「あらしVS小学校の担任の先生」というカードで、1万4千人入る武道館が満杯になるという描写は、十分に大きなスケールだといえよう。

 また1995年には、某ゲーム誌主催の「ゲームの殿堂」というイベントが、ここ武道館で開催されている。

 初日は現在の東京ゲームショウのような、各メーカーの新作が展示される催しで、2日目は有名アーティストが多数出演するライブイベントという構成だった。

 実は、初日のイベントの中で行なわれた「ゲーム王決定戦」に、私も出場したいと思い、担当者さんに直訴したことがある。

 しかし、有名人限定のゲーム大会だったため、当然ながら断られた。

 その担当者さんはまだこの業界にいらっしゃるので、こうして武道館を眺めていると、当時ご迷惑をおかけしたことを、謝りたい気持ちがふつふつと。

画像 「てっぺんに金色のスライムがいる」というネタもありがち

 このように武道館とゲームには深いかかわりがあるのだが、もっと武道館とかかわりが深いのが格闘技である。

 考えてみれば、もともと東京オリンピックの柔道会場として造られた建物だから、当然の話だが。

 「ゲームセンターあらし」に武道館が出てきたときにも、「アントニオ猪木や具志堅用高が死闘を演じたここ武道館」と説明されているが、私の印象に残っているのはもう少し後の時代で、ジャイアント馬場さんがご健在だった頃の全日本プロレスである。

 当時の全日本プロレスでは、シリーズを締めくくるビッグマッチといえば武道館であった。チャンピオンカーニバルや年末の最強タッグの決勝戦。そしてもちろん三冠ヘビー級選手権。

 そんな格闘技の殿堂で、対戦格闘ゲームブームに思いをはせる。

 1991年、ゲームセンターに登場した「ストリートファイターII」が火付け役となって、大きなキャラクターが1対1で戦う、対戦格闘ゲームがブームとなったのだ。

 「ストリートファイターII」は1992年、スーパーファミコンに移植。国内だけでも288万本を売り上げる大ヒットとなり、家庭用ゲーム機ユーザーにも、対戦格闘ゲームが浸透した。

 「ストリートファイターII」以降、「餓狼伝説」「ワールドヒーローズ」「バーチャファイター」「鉄拳」など、数多くの対戦格闘ゲームが発売された。「ジョイメカファイト」も、そうした格闘ゲームの1つだ。

 発売は1993年。機種は何と初代ファミコンである。

画像 最後のファミコンソフトが出たのは1994年。「ジョイメカファイト」が発売されたのはそのわずか1年前だ

 1993年といえば、スーパーファミコンの全盛期。しかも翌1994年には、プレイステーションやセガサターンなども発売される。3DO、PC-FXやジャガーも含めて、業界の興味は、スーパーファミコンのさらに上を行く“次世代ゲーム機”に移りつつあった。

 そんな時代のファミコンゲームなのだ。

 ファミコンの性能で、大きなキャラクターをスムーズに動かすのは難しい。そこでこのゲームでは、大胆な工夫を行なっている。

 キャラクターの腕や脚を省略し、頭・胴体・手・足先だけを表示させたのだ。

画像 写真で見るとわかりづらいかもしれないが、いざ動かしてみると、これがちゃんと手足として認識できるように動く。

8ビットの限界に挑戦! 素早い動きと必殺技の応酬

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」