連載
» 2005年06月28日 15時40分 公開

時代と戦え!「ジョイメカファイト」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(1/2 ページ)

ゲイムマンです。レトロゲーム記事に多くのおたよりやリクエストをいただき、ありがとうございます。今回取り上げるゲームは、ペンネーム・グミグミさんのリクエストで、ファミコンの対戦格闘ゲーム「ジョイメカファイト」(任天堂)です。

[ゲイムマン,ITmedia]

武道館と格闘技とテレビゲーム

 日本武道館にやってきた。

画像 晴れてて景色は良いけど暑い

 武道館とテレビゲームとのかかわりは、意外と深い。

 かつて、伝説のマンガ「ゲームセンターあらし」の舞台となったことがある。

 ゲームの腕以外に何のとりえもない少年・石野あらしが、さまざまな“ゲーム戦士”と対決するこのマンガは、昭和50年代中盤、コロコロコミックの人気連載だった。

 「月面宙返り」「炎のコマ」などの派手な必殺技で有名なマンガだが、戦いの舞台がむやみに壮大だったのも印象深い。

 のちに世界の危機を何度も救うことになるあらしにとって、日本武道館は小さなステージだったかもしれない。だが、「あらしVS小学校の担任の先生」というカードで、1万4千人入る武道館が満杯になるという描写は、十分に大きなスケールだといえよう。

 また1995年には、某ゲーム誌主催の「ゲームの殿堂」というイベントが、ここ武道館で開催されている。

 初日は現在の東京ゲームショウのような、各メーカーの新作が展示される催しで、2日目は有名アーティストが多数出演するライブイベントという構成だった。

 実は、初日のイベントの中で行なわれた「ゲーム王決定戦」に、私も出場したいと思い、担当者さんに直訴したことがある。

 しかし、有名人限定のゲーム大会だったため、当然ながら断られた。

 その担当者さんはまだこの業界にいらっしゃるので、こうして武道館を眺めていると、当時ご迷惑をおかけしたことを、謝りたい気持ちがふつふつと。

画像 「てっぺんに金色のスライムがいる」というネタもありがち

 このように武道館とゲームには深いかかわりがあるのだが、もっと武道館とかかわりが深いのが格闘技である。

 考えてみれば、もともと東京オリンピックの柔道会場として造られた建物だから、当然の話だが。

 「ゲームセンターあらし」に武道館が出てきたときにも、「アントニオ猪木や具志堅用高が死闘を演じたここ武道館」と説明されているが、私の印象に残っているのはもう少し後の時代で、ジャイアント馬場さんがご健在だった頃の全日本プロレスである。

 当時の全日本プロレスでは、シリーズを締めくくるビッグマッチといえば武道館であった。チャンピオンカーニバルや年末の最強タッグの決勝戦。そしてもちろん三冠ヘビー級選手権。

 そんな格闘技の殿堂で、対戦格闘ゲームブームに思いをはせる。

 1991年、ゲームセンターに登場した「ストリートファイターII」が火付け役となって、大きなキャラクターが1対1で戦う、対戦格闘ゲームがブームとなったのだ。

 「ストリートファイターII」は1992年、スーパーファミコンに移植。国内だけでも288万本を売り上げる大ヒットとなり、家庭用ゲーム機ユーザーにも、対戦格闘ゲームが浸透した。

 「ストリートファイターII」以降、「餓狼伝説」「ワールドヒーローズ」「バーチャファイター」「鉄拳」など、数多くの対戦格闘ゲームが発売された。「ジョイメカファイト」も、そうした格闘ゲームの1つだ。

 発売は1993年。機種は何と初代ファミコンである。

画像 最後のファミコンソフトが出たのは1994年。「ジョイメカファイト」が発売されたのはそのわずか1年前だ

 1993年といえば、スーパーファミコンの全盛期。しかも翌1994年には、プレイステーションやセガサターンなども発売される。3DO、PC-FXやジャガーも含めて、業界の興味は、スーパーファミコンのさらに上を行く“次世代ゲーム機”に移りつつあった。

 そんな時代のファミコンゲームなのだ。

 ファミコンの性能で、大きなキャラクターをスムーズに動かすのは難しい。そこでこのゲームでは、大胆な工夫を行なっている。

 キャラクターの腕や脚を省略し、頭・胴体・手・足先だけを表示させたのだ。

画像 写真で見るとわかりづらいかもしれないが、いざ動かしてみると、これがちゃんと手足として認識できるように動く。

8ビットの限界に挑戦! 素早い動きと必殺技の応酬

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  6. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

  1. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  2. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  4. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  5. 「こんなに絵が上手いなんて」 中川翔子、1時間で『SPY×FAMILY』アーニャを17体生み出してしまう
  6. なでなでしていたら突然スズメが豹変して……? “鳥がいかに理不尽かが良くわかる動画”に共感の声
  7. 「ハイヒール」モモコ、27歳・長男と顔出し2ショット 27年前の“お宮参り3ショット”も公開「若かったなー」
  8. 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  9. 「別れても好きな人」の歌詞通り渋谷から歩いたらどうなる?→約16キロの過酷な道程が発覚、驚きと笑いを呼ぶ
  10. 「ラーメン二郎」へ“表敬訪問”したジョージア駐日大使に話を聞いた 「次回は『ニンニク ヤサイ マシマシ、ブタ抜き、アブラ多め』を頼みたい」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」