連載
» 2005年06月28日 15時40分 公開

時代と戦え!「ジョイメカファイト」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ!」(2/2 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2       

8ビットの限界に挑戦! 素早い動きと必殺技の応酬

 戦うキャラクターは全員ロボット。

 イーモン博士とワルナッチ博士が共同でロボットを製作していたのだが、ある日ワルナッチ博士がロボットを従えて世界征服を宣言。イーモン博士の元に残ったのは、関西へ修業に出ていたお笑いロボットのスカポンのみ。

 スカポンは仲間だったロボットと戦って彼らを連れ戻し、合計8体で、ワルナッチ博士のもとにいる、28体のロボットに挑むのだ。

画像 ワルナッチ博士の名前が“ワルモン博士”でないのは、「ツインビー」シリーズのワルモン博士とかぶるのを避けたのかもしれない。ちなみに「ジョイメカファイト」の発売当時、まさに「ウインビーアイドル化計画」が進行中だった

 それぞれのロボットには、4種類の必殺技がある(このゲームでは投げ技も必殺技に含めている)。

 ファミコンのボタンは、スタートとセレクトを除くと、方向キーとA、Bしかない。「ストリートファイターII」が方向キー+6ボタン、「餓狼伝説」が方向キー+4ボタンなのに比べて、圧倒的に少ないのだ。

 でも「ジョイメカファイト」では、少ないボタンを組み合わせて、ちゃんと必殺技のコマンドを成立させている。飛び道具のスピードも、方向キーで3段階にコントロールできる。

 ちなみに「ジョイメカファイト」では、ほかの格闘ゲームと違って、飛び道具同士が相殺しあわない。両者が飛び道具を撃ったら、すれ違ってそれぞれ相手に飛んでいく。

画像 必殺技のレクチャーをしてくれるモード。もし取扱説明書がなくなっても安心だ

 必殺技には派手なものが多い。飛び道具、対空技、連打系の打撃技、突進技といったところはひととおり網羅。一定時間無敵になる技や、透明になる技を使うロボットまでいる。

 手足が伸びる技が多いのは、腕や脚が描かれていないこのゲームならでは。ヒューマノイド(人間型)タイプでないロボットも何体か存在し、トリッキーな技を駆使する。

画像 ヒューマノイドでないロボットの例。こんなロボットたちも、ハードモードをクリアーすれば対戦で使える

 「ジョイメカファイト」を実際にプレーすると、動きもスムーズだし、対戦格闘ゲームとして、普通におもしろい。

 これがファミコンであることを忘れてしまうくらいだ。

 当時既に“過去のマシン”であり、性能的に見劣りしていたファミコンが、ピークに達したスーパーファミコンや、その先に控えている若いゲーム機たちに、技術力を駆使して真っ向勝負。

 非力なマシンで、何とか他機種の格闘ゲームと勝負しようという、がむしゃらな気概を見せつけた。「ジョイメカファイト」はそんなゲームだったように思う。

 今、若いファイターたちに交じって戦っているベテランのプロレスラーや格闘家……天龍源一郎選手とか、角田信朗選手あたりをほうふつとさせる。

 一時代を作った古参のファイターは、いずれ表舞台から姿を消すことにはなるだろうが、いつしか伝説となって長く語り伝えられる。

 ファミコンもまた然りである。

お笑いロボット・スカポン

 36体も登場するロボットたちの中で、私がいちばん好きなのは、このゲームの主人公、「スカポン」である。

 もともとお笑いロボットだったという設定のため、見た目もトボケているし、必殺技もユーモラスだ。

 格闘家やプロレスラーに例えると、ボビー・オロゴン、泉田純、菊タロー(初代えべっさん)といった選手に近いか。もっとも、泉田選手や菊タロー選手はタレントではないし、ボビー選手は格闘技でおもしろい技は使わないが。

画像 スカポンの技は、頭を飛ばす「コンナンイラヘン」、転がって敵に体当たりする「ローリングスカ」など。

 そのスカポンが、やむを得ない事情によって格闘ロボットに改造され、戦いの場に身を投じるはめになる。負けたらワルナッチ博士に世界を征服されてしまうという、重いシチュエーションでの戦いだ。

 実は私自身も、今書いている単行本がきわめてマジメな内容で、私のキャラと全然違うので悩んでいる。そのためかなり難航し、今年の春に完成する予定だったのが、いまだに完成していない。

 だから、今回「ジョイメカファイト」をプレーしてみて、スカポンの境遇には共感してしまった。さぞかし複雑な気持ちで戦っていたことだろう。

 それでもスカポンは、気負いとか悲壮感とかそういったものを、その表情からは微塵も感じさせない。こういう彼の姿勢は私にとって、たいへん参考になる。見習いたい。

 エンディングで、再びお笑いの世界に戻ったスカポンを見て、つくづく「良かったね」と思うのであった。

(C)1993 Nintendo

取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/09/news176.jpg ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  2. /nl/articles/2208/10/news118.jpg 堂々としすぎ! 浜崎あゆみ、大阪市街を普通にランニング ファンと出くわし「暑さでとんでもない顔してたと思います」
  3. /nl/articles/2208/10/news174.jpg 坂上忍、余命数カ月の“13男”・平塚コウタに「奇跡」 転移した腫瘍消失で喜びあらわ 「先生もビックリしてて」
  4. /nl/articles/2208/09/news033.jpg 大型犬の大好きなぬいぐるみを洗濯→心配そうに見守っていたが…… 再会したときのとびきりの笑顔にグッと来る 【米】
  5. /nl/articles/2208/10/news172.jpg 朝日奈央が結婚、お相手との肩組み2ショット公開 「これから家族として、沢山の景色を一緒に見にいける事がとっても楽しみ」
  6. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  7. /nl/articles/2208/10/news017.jpg 柴犬姉妹の“あご乗せ”3連チャン! 顔をぎゅうっとくっつけるかわいさに「ずっと見ていたい」「癒やされる」の声
  8. /nl/articles/2208/03/news169.jpg 「『リケジョ』って呼ぶのはやめてください」 高校生4人が性差別の改善を訴える動画制作 ジェンダーに関心を持った理由を聞いた
  9. /nl/articles/2208/09/news026.jpg 子猫の様子がおかしい→動物病院へ行こうと思ったら…… 子猫ならではの結末に「成長している証」「スッキリしたね」
  10. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい