ガレキが山のように賑わう――「ワンフェス2005[夏]」開催

8月21日、東京有明にあるビッグサイトにおいて「ワンダーフェスティバル2005[夏]」が開催。たった1日だけの世界一のガレキの祭典はどうだったのでしょうか?

» 2005年08月22日 02時52分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 「枯れ木も山の賑わい」=枯れた木でも山に趣を添えるくらいの役には立つもの――となるのだが、ガレキのフェスティバルではまったく意味合いが異なる。タイトルにもした「ガレキが山の賑わい」とは、ガレージキットの祭典「ワンフェス」において、ガレージキットが山のように積み並び賑わう様を言う。

 「ワンダーフェスティバル2005[夏]」(以下、ワンフェス)は日本最大のガレージキットコンベンションで、ガレージキットばかりでなく食玩モノを含めたフィギュアや中古トイ売買の祭典として発展、毎年冬と夏の2回(一度お休みしたことあり)開催されている。海洋堂などのメーカーや玩具メーカーのほか、多くの個人制作者がガレージキットやフィギュアを出品、販売している。

 今年の2月23日に開催された「ワンダーフェスティバル2005[冬]」では、過去最高のディーラー数と入場者数を記録しており、今年も約1400のディーラーの参加。入場者も、前日からの徹夜組が多く出現し、勢いは前回同様の盛り上がりを開幕前から見せていた。

一般のディーラーブースが約1400。会場となったビッグサイトのホールを3つブチ抜きで壮観

 前回から企業系ブースを別ブロックにすることで、混雑を緩和させる方針は今回も引き続き取られており、オフィシャルグッズなど前回売り上げが芳しくなかったのが嘘のように、飛ぶように売れていた。

 どうしても大量生産ができないガレージキットの世界では、人気のある原型師ものは開幕すぐに売り切れてしまう。そのため、午前中には完売の札が次々と立てられていくことになる。ここ10年はアニメや漫画の造形モノのほか、映画やゲーム関連、オリジナル作品とその種類は多岐にわたっている。

 こだわろうとすると時間のかかるガレキだからだろうか、現在人気のある作品はもちろんだが、過去のアニメや漫画の名作も息長く製作され販売されている。参加するディーラーや購入者の年齢幅も比較的幅が広く、中にはディーラーとして参加して数十年というツワモノまでいるくらいだ。

企業系ブロックでは会場奥に陣取ったMax FactoryやGOODSMILE、ALTERの3社合同の展示&イベントスペースが目立っている。多くの人々がその造型をカメラや写メールを撮影していた
コナミブースは「スペクター」を中心に展開。コナミフィギュアコレクションの「メカ娘 Vol.2」などが人気のよう
コナミはほかにも「ランブルローズ」や「魔法先生ネギま!」なども展示
企業系ブロックで発見したアルケミストの「びんちょうタン」たち。コンセプトは夏祭り

 一方、常に人の流れが絶えない一般ディーラーブロックでは、午後になってゆっくり作品を吟味する人々が目立ちはじめる。こちらのブロックでも企業系がいくつかブース展開をしており、一般の参加者にまじってガレキやその製作機器などを売っている。

「ローレライ」や「亡国のイージス」などのガレキが売っていたブースで、原作者の福井晴敏氏がサイン会を開くというサプライズも

 美少女系フィギュアはもちろんのこと、昔ながらのロボットや怪獣&怪人、ミリタリーなど、さまざまな趣向を極めた参加ディーラーと、それら貴重な限定品を求める人々でごったがえす会場の外では、いつもの風景ではあるがコスプレーヤーの方々が真夏日にも関わらず、様々な衣裳や着ぐるみで花を添えている。

 今回の傾向としては、いわゆる着ぐるみ系が人気のようで、徒党を組んで出現。参加者に聞くと「たまたまじゃないですか?」とのことだが、本日も東京は夏真っ盛りでさぞ着ぐるみはきつかろう。コスプレーヤーは基本的に外に設けられているフリーゾーンで待機している。屋根などないため、頭から足の先まで着ぐるみで覆われている彼らは、暑さが大敵となるのだが、着ぐるみだけに無表情で愛想を振りまいてくれる。

 もちろん、露出の高いアニメやゲームキャラに扮した女性や、がっつり世界に入り込んだ男性、おまけにガチャピンやムックなんて着ぐるみまで闊歩する(あと、レイザーラモンのハードゲイの方までいた……)

炎天下にも関わらず笑顔な「サクラ大戦」巴里華劇団・花組のエリカ・フォンティーヌ

 全般的には、やはり午前中の盛り上がりを除けば、昼を過ぎるとどこも時間をかけて見学することができた。どのガレキもそれぞれのこだわりを感じられ、さらにその造型師と会話でき、どんな人間なのか知ることもできる。ワンフェスは、同じくお台場でやっていたお台場冒険王よりも熱く、そしてたった1日の夏の祭典なだけにはかなく幕を閉じた。

 ちなみに次回、「ワンダーフェスティバル2006[冬]」は、今回と同会場で2006年2月26日(日)に行われる予定だ。


 なお、今年で20周年を迎えるワンフェスは、2006年3月18日〜19日に横浜プリンスホテルにおいて、完全定員制宿泊型の「ワンダーフェスティバル 20th バースデーパーティー」(WF20=ワンフェス・トゥエンティー)と称するガレージキット&ガレージキットカルチャーコンベンションを開催する。

 通常のワンフェスとは完全な別イベントとしており、ガレージキット即売会ばかりではなく、「WF20基調講演」と題した講演会や、ゲストを迎えてのトークショウやミーティングを行う。現在発表されているゲスト陣は、漫画家の藤島康介氏や新谷かおる氏、和田慎二氏のほか、ワンフェスのオフィシャルイラストを描く水玉螢之丞氏をはじめとしたイラストレーターや原型師など、多数の著名人が出演する予定となっている。詳細はWF20公式サイトを参照のこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news139.jpg 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  2. /nl/articles/2405/22/news054.jpg 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  3. /nl/articles/2405/23/news055.jpg 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
  4. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  5. /nl/articles/2405/22/news186.jpg ステージ上のアイドルグループに投げかけられた言葉、運営が対応に本腰 「非常に不快であり、許されるものではありません」
  6. /nl/articles/2405/23/news156.jpg 「ミートパイ」なのに“畜肉”使わず…… ミスタードーナツ謝罪「誤解を招く表記」 実際は「大豆ミート」使用
  7. /nl/articles/2405/23/news025.jpg 「妻のスシロー&くら寿司の食べ方が天才すぎた」 420万再生突破“超意外なカスタマイズ”に「子供にいいですね」「私もやってみよ」の声
  8. /nl/articles/2405/23/news110.jpg 星野源さんめぐり拡散のSNS投稿、所属事務所は「そのような事実はない」「法的措置を検討」 星野さん、新垣さんも否定
  9. /nl/articles/2405/23/news174.jpg 北村匠海、誹謗中傷に心労か 「確かに僕らは殴りやすい でも人間であることに変わりはありません」
  10. /nl/articles/2405/23/news027.jpg 「さすがに激ヤバ過ぎ」 アイスの「ピノ」購入→とんでもない“神引き”に驚愕「強運すぎる」「すごい確率」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評