任天堂代表取締役社長・岩田聡氏 基調講演では何が語られたのか東京ゲームショウ2005――「TGSフォーラム2005」基調講演(2/2 ページ)

» 2005年09月16日 23時59分 公開
[小林仁,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「直感的に理解できる操作感覚」を実現したゲームリモコン 柔軟な拡張性を持たせることであらゆるゲーム体験を再現

 ゲームリモコンは、上部に配された“ダイレクトポインティングデバイス”と呼ばれるセンサーにより直接的に画面の方向を指し示すことができるほか、画面との距離、ひねりなども検出できるデバイスとなっている。岩田氏は「ゲーム初心者の皆さんには直感的でわかりやすい、そしてゲーム熟練者の皆さんには新鮮で驚きが感じられる操作方法を実現したいと思っている。またビデオでは新しいプレイスタイルに向いたジャンルばかりお見せしたが、拡張コネクタを使うことでさまざまな拡張ができる」と話を続け、ゲームリモコンと同様に本体に同梱される「フリースタイルコントローラ」もあわせて公開された。 なお、Revolutionの特長のひとつ“バーチャルコンソールのゲーム(過去の任天堂ゲーム)”を遊ぶ時は、この拡張コネクタに従来のゲーム機を遊ぶための「クラシックコントローラ対応アダプタ」が用意されるとのことだ。

コントローラの形状は人差し指がかかるところにくぼみが設けられており持ちやすい印象。主操作となるコントローラ部分には十字ボタンの大きめのAボタン、Bボタンが配置され、中央には左からSTART、HOME、SELECTボタン、下にはb、cと刻印された2つのボタンと1〜4プレイヤーに対応したインジケーターが確認できる
拡張コネクタに接続する「フリースタイルコントローラ」には、アナログスティックとZ1、Z2ボタンが配置されている。つなげるとヌンチャクのような構えとなり、両手の位置関係が自由なコントローラとして使うことができる
フリースタイルコントローラを使ったゲームスタイルの一例。ゲームリモコン側を懐中電灯に見立てることで暗闇を照らしながら探索したり(「ルイージマンション」?)、FPSでは武器に見立てることもできる。説明するなかで岩田氏は「このフリースタイルコントローラで我々は新しいFPSのスタンダードを確立させたいと思っているし、「マリオ64」が3Dゲームの基本操作を定義したように、このコントローラで「ゼルダ」のようなゲームの操作がどう変わるか、またどんなアクションゲームが提案されるのか、私自身楽しみにしている」と期待を寄せた

 また会場では、任天堂社外からのクリエイターからとして、スクウェア・エニックスの河津秋敏氏、コナミの小島秀夫氏、あーマープロジェクトの堀井雄二氏からのビデオメッセージも上映された。

スクウェア・エニックス 河津秋敏氏「まず、片手で持てるというのは大胆なアイデアだと思った。予想していた以上に手首の動きやねじったときなどの身体感覚、ちょっとした動きが画面に反応する。作り手である我々のほうが、何を作っていくのか試されている感覚。そういう印象のほうが強いのかなと思っています」
コナミ 小島秀夫氏「やられたという感じ。まったく想像していなかった。非常になじみのあるもので新しかったという点で驚いた。コントローラを両手で固定してTVに向かって遊ぶということがファミコンから20年間変わらなかったけど、これが一気に変わる。リモコンというのは日常化しているものだし、驚きはあったけど手に持ってみて馴染むんですよね。これや!という感じを受けました」
アーマープロジェクト 堀井祐二氏「最初はびっくりした。確かにありそうだけど、なかったなという感じだよね。子どもがTVのリモコンをなんとなく触ってみて覚えていく、という感覚で触れると思う。任天堂さんはDSから始まって、最近さわるというゲームが多いけど、その発展形がレボリューションのコントローラなのかなと思った」

ゲーム開発者にも新たなチャンスが生まれる「Revolution」

 最後に、岩田氏は恒例ながらゲーム開発者に対し熱いエールを贈った。「新しい提案によって作られるゲームには、別の意味もあると思っている。次世代機は開発が大規模化し、要求される開発予算がどんどん大きくなっており、自分たちの規模では開発できないと疎外感を感じている開発者の方々は世界中にいるだろう。しかし、我々の新しいインタフェースであれば規模が小さい開発チームの方々にもアイデア勝負で画期的な商品を開発するチャンスはある。われわれ娯楽商品の作り手は、常に良い仕事、人を驚かせるたすための新しい試み、イノベーションが必要だ。我々の提案が人を驚かせることができなければ、人々はゲームに飽きる。ファミコンから20年経ち、ゲーム業界は技術革新によってユーザーに新しく魅力的な驚きを与え続けることができた。そしていま、任天堂はゲーム人口拡大の取り組みを通し、今後は今までとは異なる新しいインタフェース、大きなイノベーションが必要だと確信している。もちろんアイデアだけに頼るのではなく、初心者から熟練者まで満足してもらえるようなダイナミックレンジの広いゲームの提案も必要だ。世界に広がったゲーム産業を発展させるべく、今後も皆さんと力を合わせていきたいと思う」――ゲーム業界全体の発展を考える任天堂の真摯なビジョン、またゲームを愛する開発者としての立場を忘れない岩田氏の姿勢に対して会場からは多くの拍手が贈られ、基調講演は終了となった。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」