インタビュー
» 2005年10月18日 18時02分 公開

日本のレースゲームで育ったイギリス人がやってきた! バーンアウトシリーズ開発者が語る“激突”のススメ(1/3 ページ)

激突、爆破、焼き芋屋! 「国内でも人気の高い洋ゲー」の最前線を突っ走るクラッシュカーレース「バーンアウト」シリーズの開発者が最新作の開発秘話などを熱く語る。

[岩井省吾,ITmedia]

「クライテリオンのスタッフは日本通なんですよ」(EA広報談)

 それは約3カ月前に遡る。EA HOT SUMMER NIGHTを取材した際に耳にしたのが、バーンアウトリベンジのクリエイティブ・ディレクターが東京ゲームショウに来るという話だった。ブース出展の予定もないため、趣味で来るらしい。そしてその2カ月後……本当に来ちゃった。というわけで、今回はバーンアウトリベンジの遊びどころを開発者から直接語っていただいた。

クライテリオン・ゲームズ(イギリスにあるEA開発スタジオ)クリエイティブ・ディレクター アレックス・ワード氏。バーンアウトシリーズの生みの親。現在はバーンアウト新作に加え、新作FPS「BLACK」を開発中
取材した会議室では日本語版ポスターやポップが飾られていた。なんでも日本語版のグッズはスタッフで取り合いになるらしい……。ちなみに、ワード氏は日本ゲーム通で、セガラリーやデイトナといったレースゲームはもちろん、DDRシリーズから恋愛シミュレーション(!)まで遊ぶらしい……

ハイリスク・ハイリターン! やるかやられるか、一気にカタをつけろ! な、バーンアウトリベンジの爆突ポイント

 さて、バーンアウトを知らない人もいると思うので、簡単にゲーム内容を説明しよう。このゲームはアーケードスタイルのレースゲームで、危険な走行を行うことでブーストゲージがたまり、さらに高速走行が可能になる。危険走行の一例としては、反対車線走行(基本的には本作は右側通行)や一般車とのニアミス、ドリフトなど。操作を誤ってクラッシュするとインスタントリプレイが流れてしまう。ここが危険と快感の紙一重・リスク&リターンというところだ。

 本作は今まで3作品が発売され、日本では2と3がリリースされている。日本における本シリーズの知名度を高めたのはやはり、昨年エレクトロニック・アーツから発売された「バーンアウト3:テイクダウン」だろう。この作品では、ライバルカーに接触しても大丈夫な仕様に変わり、ライバルカーに激突して壁や一般車にぶつけることで撃破(テイクダウン)させることができる。しかもテイクダウンすると、ブーストゲージの上限が最大4倍に上がるというおまけ付きだった。

 そして、本作。「バーンアウトリベンジ」はバーンアウト3の過激さ、そして激突・破壊の爽快感をさらにパワーアップさせ、進化させたタイトルなのだ。

いきなり大破壊! 大渋滞をぶっ壊せ! トラフィックアタック

 バーンアウトリベンジで最初にプレイすることになるモードが、新モードとなるこの「トラフィックアタック」だ。本作とバーンアウト3との大きなシステムの違いの1つが「先行している車にぶつかってもミスにならない」ということ。このフィーチャーを利用して、ガンガン先行車を破壊するのがこのモード。

 一定時間内に何台破壊してどれだけの被害額を稼げるかを競うモードで、敵車を破壊するごとに制限時間は追加される。いかに多くの車を玉突き衝突に巻き込んで破壊するかがポイントとなる。

 対向車はぶつかるとその場でクラッシュ。またバスやトラックなどの重量級車両も直接ぶつかるとクラッシュとなる。それらは先行車などに突っ込むと、さらに被害は拡大するようになっている。なお、このモードではクラッシュ時の「インパクトタイム」は発動しない。インパクトタイムについては後で説明する。

最初のステージはマイアミをモチーフにしたステージ。某映画でのチェイスシーンからインスパイアされてデザインしたという。「ただ、あの映画は面白くなかったけど、このゲームはそんなことはないよ(笑)」というブリティッシュジョークも飛び出した

多彩なショートカットを見つけ、相手を出し抜け!

 今までのバーンアウトシリーズはコースは基本的に1本道(一応は若干の分岐もあった)だったが、今回のバーンアウトリベンジではわき道による多数のコース分岐が取り入れられた。なお、わき道には判別を容易にするために青いランプが目印になっている。SSXでショートカットがSSX看板の先にあるのと非常に似ている。ちなみに、このランプは「目印がないと誰も気づいてくれなかったから入れた」とのこと。

 「今回のコースデザインはジャンプして建物などを突っ切るといった要素を多く盛り込んだ3次元的な構成にもなっている」とワード氏は語る。ジャンプでビルに突っ込みショートカットをするなど、バーンアウトらしい破壊的なギミックが用意された。さらに、3次元的なデザインの追加により、上からライバルカーを押しつぶすことでテイクダウンができるようになったのも特徴のひとつだろう。

一発で敵を押しつぶせるエアアタック・テイクダウンは新たな武器となる?

 なお、バーンアウト3ではレースに勝ち抜いたり、一定数のテイクダウンを獲得することでゲームが進行するが、今回のバーンアウトリベンジではこれにレーティング(走行評価)が加わった。画面右下のゲージがそれで、危険な走行を繰り返すとゲージが上がっていく。最終目標はこのゲージをフルの状態にしてゴールすることとなる。ちなみに、「レーティングがリアルタイムで表示されるのはDDRから考え付いた」とのこと。

様々な危険走行をすれば、レーティングゲージの上昇だけでなく、ブーストゲージも獲得できる。ハイリスクハイリターンがバーンアウトシリーズの真骨頂だ

やられたらやり返せ! リベンジテイクダウンとクラッシュブレイカー

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/08/news205.jpg 仲里依紗、LAで自分を解放「全身タトゥー」姿公開 「英語なんかまじ喋れないけどノリで会話できてる」
  2. /nl/articles/1809/19/news114.jpg 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. /nl/articles/2208/09/news101.jpg 川口春奈、トガッてた19歳時の“ガニ股イキりショット”を公開し反響 「野生の春奈ちゃん」「牙を剥く若かりし頃のはーちゃん」
  4. /nl/articles/2208/08/news051.jpg 妻が猫ちゃんを呼ぶと→「にゃあ〜」、しかし夫が呼ぶと…… 完璧に無視する態度の違いに笑いと応援の声
  5. /nl/articles/2208/08/news024.jpg 飼い主「イタズラ誰がやったの?」→しょぼんとする兄柴犬 or ニッコニコの妹柴犬 分かりやすすぎる犯ワンに100%納得
  6. /nl/articles/2208/09/news040.jpg 涼しさ求めた朝散歩、お母さん柴犬→拒否柴発動! ガンとして動かない様子に「まだ寝ていたかったんだね」の声
  7. /nl/articles/2208/08/news202.jpg ひろゆき氏VSガーシー議員らの論争にドワンゴ川上氏が反応 ガーシー議員からの“暴露宣言”に「ただの恐喝」
  8. /nl/articles/1903/09/news018.jpg 「完全におっさんの飲み方」 川口春奈、ジョッキビールをかっくらう“飾らない姿”にファン驚き
  9. /nl/articles/2208/09/news125.jpg 「男闘呼組」岡本健一、53歳の“色気ダダ漏れ”ショットに黄色い声援 「鳥肌たちました」「罪なカッコ良さ」
  10. /nl/articles/2007/15/news150.jpg 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい