ニュース
» 2005年10月24日 20時38分 公開

「ビートダウン」すべての始まりとなった事件とは――「VS MODE」の詳細も判明(1/3 ページ)

カプコンが、プレイステーション 2とXboxにて、2005年11月2日に発売を予定しているアウトロー・リベンジ・アクション「ビートダウン」。発売まで約2週間と迫った今回は、すべての始まりとなった事件や、街のゴロツキが意外な活躍を見せる「VS MODE」を紹介。

[ITmedia]

 カプコンが、プレイステーション 2とXboxにて、2005年11月2日に発売を予定しているアウトロー・リベンジ・アクション「ビートダウン」。本作は、ザネッティファミリーという組織に裏切られ、追われる身となった「レイヴン」、「アーロン」、「ジーナ」、「ジェイソンG」、「ローラ」の5人がメインキャラクターを務めるタイトルだ。

photo 本作メインビジュアル。鏡をたたき割っているのは無敵のバウンサーと言われる主要キャラクターのひとり「レイヴン」だ

 彼らの目的は「復讐」。その対象となるのが、組織のボスであり、彼らを裏切った暗黒街の王「ザネッティ」である。復讐へといたる道は、プレーヤーが数々の「ミッション」を遂行することで紡がれていくのだが、今回は本編の話ではない。

 対戦格闘を思う存分楽しむことができる「VS MODE」の存在が発覚したのである。しかも、本モードには「VS MODE NORMAL」と「VS MODE CUSTOM」の2つが用意されている。

 「VS MODE NORMAL」は、物語に登場する主要キャラクターの中から、好きなキャラクターを1〜3人選んで、最大3対3のチームバトルを繰り広げることができる、というもの。使用できるキャラクターは、本編を進めれば進めるほど増えてゆき、最大16人になる。同様にステージも、最初は「ダウンタウンストリート」、「ホテルバー」、「ハーバーゲート」、「公園」、「ガソリンスタンド」の5つだが、本編を進めれば増えていく。

photo まずは相手チームをCPUにするか、2Pにするかを選択。次に使用キャラクターを1〜3人選び、ステージを選択することとなる。始めはエリートファイブ(レイヴンら5人)しか使用できない。本編でキャラクターを成長させれば、それだけバトルも有利になる。武器を装備して挑むことも、落ちているものも武器として使用することもできる。2・3プラトンももちろん可能だ!

 一方の「VS MODE CUSTOM」は、主要キャラクターではなく、本編で仲間にしたラス・ソンブラスのゴロツキたちの中から1〜3人を選び、相手チームと最大3on3のチームバトルを行うことができる。

 とは言え、しょせんはゴロツキたち。バトルに使っても弱い、ひたすら弱いことも事実だ。そんな時は、本編で連れまわしてみることが重要だ。なぜなら、バトルでは仲間にも経験値が入るから。バトルスタイルに合わせてLIFEが増えていくので、あきらめずに一生懸命育てれば、見違えるように強くなることもあるわけだ。

photo 「ビリー(Billy)」というゴロツキを仲間に。お気に入りの仲間だが、とにかく弱い。そんな時は本編で連れまわして、とにかくたくさんのバトルを経験させる。一通り育てた後は、再度「VS MODE」に挑戦! 見違えるほど使える奴になってる上に、何と一丁前に勝ち台詞も吐くようになった

 ちなみに「VS MODE CUSTOM」でも、対戦相手にCPUか2P(対人戦)かを選ぶことができる。しかも、こちらは本作のセーブデータが入ったメモリーカードを持ち寄ることで、友だちが集めた仲間で編成されたチームと対戦することが可能だ。

 自分が組んだチームと、友だちのチーム、育てたゴロツキも違うヤツになる可能性が高いだけに、どっちが強いチームを作り上げたか、拳で白黒ハッキリつけるのも面白いだろう。なお、「VS MODE CUSTOM」の場合、ステージは全14ステージが用意されている。

photo 「VS MODE CUSTOM」同様、相手チームをCPUにするか、2Pにするかを選択し、バトルに参戦させるキャラクターを1〜3人選ぶ。ただし、使用できるのは本編で仲間にしたゴロツキたちだ。とは言え、本編で仲間にしていればエリートファイブの面子も選択できる。メモリーカードを持ち寄れば友だちとオリジナルチーム同士の対戦も可能。つまり、本編でキャラクターを成長させていれば、バトルも断然有利になるわけだ

 以上が、本作に搭載されている「VS MODE」の詳細となる。では次に、ストーリーの重要な鍵を握ると思われる3人の人物を紹介しよう。特に最初に紹介する2人は、レイヴンたちの前に、強敵として立ちはだかることが予想されるだけに、しっかりとチェックしてもらいたい。

次ページは、ザネッティに忠誠を誓う強敵「グレゴリオ」から紹介

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/12/news052.jpg 全員垢抜けたな! 渡辺直美、「ジャンポケ」斉藤&太田との過去比較ショットに「全員華なくて草」
  2. /nl/articles/2208/11/news068.jpg がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  3. /nl/articles/2208/12/news030.jpg 突然繰り出された柴犬の“オケツアタック”がヒット! 2回目も試みる→やっぱりなオチがほほえましい
  4. /nl/articles/2208/11/news063.jpg 高橋真麻、第2子妊娠を生発表 6月に“激痩せ”姿が話題になるも「どうやら体質のようです」「理由が言えなかった」
  5. /nl/articles/2208/12/news114.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉“みっちゃん”&暴走しまくり父親とパワフル家族旅行 「いつも仲良し」「愛情いっぱいの家族」
  6. /nl/articles/2208/12/news021.jpg 「ぱっぱぁ〜」と呼ぶ猫ちゃん、パパが来ると…… とってもおしゃべりな猫ちゃんとの会話が楽しそうでかわいい!
  7. /nl/articles/2202/04/news144.jpg こんなの回避できるか! 豪州の高速道路で起きた事故映像が怖すぎる 前方のクルマから落ちたパーツがフロントガラスに激突
  8. /nl/articles/2208/11/news060.jpg 研ナオコ、長女の誕生日に面影感じる“母娘”ショット 「そっくりな娘さん!」「大人になりましたね」
  9. /nl/articles/2208/12/news041.jpg 「何で絵本はすぐ読み終わるのに、1000円以上するの?」と思っていたが…… 同人活動でその理由を悟った体験談に共感続々
  10. /nl/articles/2207/13/news136.jpg 育児の大変さを1枚で表した写真に4万7000件以上の“いいね” 一目見て分かる過酷さに「とても共感しました」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい