レビュー
» 2005年10月25日 18時15分 公開

既存のヌルいRPGなんてやってらんねーという方への処方箋「XANADU NEXT」レビュー(1/3 ページ)

今から20年前に、PCゲーム史に残る記録を作った1本のタイトルがあった。その続編となる作品が、世紀をまたぎまったく新しいシステムを備えて登場する。名は「XANADU NEXT」。元となったXANADUとは? そして、20年ぶりの続編はどのようなものになっているのか?

[篠崎薫,ITmedia]

パソコンゲーム史上最大の、40万本セールスという記録を作ったソフト「XANADU」

 今や、“パソコン”といえばPCかMacを指す時代になってしまったが、20年前はそんなことはなく、様々な“国内製”が市場に出回っていた。1985年当時の代表的な機種といえば、NECのPC-8800シリーズと富士通のFM-7シリーズ、そしてシャープのX1シリーズが挙げられるだろう。このほかにもMSXやPC-8001/PC-6000シリーズ、PC-9800シリーズ、MZシリーズなど、今では考えられないほど数多くのハードが出回っていた。しかも、各メーカーごとに互換性はなく、当時のゲームはそれぞれのハードごとにパッケージを分けて発売されていたのだ。今に例えるならば、同じタイトルがプレイステーション 2とXbox、ゲームキューブでリリースされているようなものといえるだろう。

 そんな時代に、日本ファルコムから1本のタイトルが発売されている。ドラゴンスレイヤーシリーズの2作目となるドラゴンスレイヤーII、「XANADU」だ(ちなみに、ドラゴンスレイヤーというタイトルは、当時ファルコムに在籍していた木屋善夫氏が手がけた作品に冠されている)。

 既存のRPGにはなかった美しいグラフィックとBGM、そして何よりも高い自由度と難易度が、当時のプレイヤーたちを虜にした。ゲームのストーリーとしては複雑なものはなく、地下ダンジョンに潜り王冠(クラウン)を4つ集め、どこかに潜むキングドラゴンを倒すのが目的となっている。たったそれだけなのだが、これまでのRPGでは見られなかった数多くの試みが、大勢のユーザーから支持を取り付けたのだ。中でも特徴的だったのが高い自由度で、それまでの1本道RPGとは違い、柔軟なゲーム進行が可能になっていた。

まだまだパソコンが今のように一般的ではなかった1985年に、40万本という驚異的なセールスを記録した作品。今で言うならば、さしずめポケモン並みのオバケタイトルだろう

 例えば、最初のキャラクターメイキングの時点で、主人公が持つ7つのパラメータへ数値をある程度自由に振り分けることができる。さらに、ダンジョンに入れば敵が出現するのだが、それを剣と魔法どちらで倒すかによって、主人公の成長スタイルが戦士または魔法使い寄りとなっていくのだ。

 また、今時のRPGでは、新しい街へ行くほどに強力な装備品が売られているのがセオリー。しかしXANADUではそんなことはなく、最初のダンジョンにあるショップから強力な武器防具を扱っている。敵を倒して金を稼ぎいきなり強い武器を買うのも、平均的に装備を揃えて先へ進むのも、すべてはプレイヤーのゲーム進行次第。しかも、すべての装備品には熟練度というものが設定されていて、良く使い込んだものほど威力を発揮する仕組みが採用されていた。弱いダガーでも、使い込めばランクが上の武器ハンドアックスを使うよりも与えるダメージがアップするというようなシステムは、各プレイヤーにプレイスタイルの個性を持たせることに成功し、様々な遊び方をもたらした。

 これ以外にも、倒してはいけない敵や取ってはいけない行動を設定し、それを犯してしまうと主人公キャラにカルマと呼ばれる罪のパラメータがつくシステムも採用。テンキー操作テクニック次第では、アイテムを使わなくてもダンジョンの難所をクリアできたり、主人公の何倍も大きなキャラがボスとして襲ってくるなど、すべての点に置いて当時のRPGを凌駕していた。

 結果的に、パソコンゲームとしては記録的な大ヒットとなる、40万本というセールスを達成。この数字を破るゲームが未だ現れていないことからも、いかに「XANADU」が偉大なるモンスターゲームだったのかがうかがい知れるだろう。もちろん、今プレイしてもおもしろさに変わりはなく、実際に今現在も遊び直しているぐらいだ。ProjectEGGのページを訪れて購入するのもいいし、当時のパソコンがまだ現役稼働するならば、実機で遊ぶのも楽しいかもしれない。そこまでしてでも、PCゲームユーザーなら遊んでおくべきタイトルだと、今更ながら思う次第だ。

「XANADU」の面影を残しつつも、大幅な正当進化を遂げた「XANADU_NEXT」

 そんな偉大なるタイトル「XANADU」のPC-8801mkIISR版が発売されたのが、1985年の10月27日。それから20年の時を経た2005年の10月27日に、次世代XANADUとも言える作品「XANADU NEXT」が登場する。「XANADU」自体は、これまでに何度かリメイクや復刻版という形で発売されてきたものの、まったくの新作という位置づけでは20年ぶりとなる。この20年で世の中は20世紀から21世紀へと移り、パソコンのスペックも信じられないほど向上した。それに伴い、「XANADU」にもそれ相応の変革が求められたのだろう。

 画面は当時の2Dサイドビューから3D見下ろし視点へと代わり、操作もキーボードやゲームパッドからマウスオペレーションへと変更された。しかし、時が移っても、やはり「XANADU」。往年のファンが見れば、やはり「ああ、XANADUなんだ」と思える部分が、あちこちに散りばめられているのだ。それをチェックする前に、舞台設定と簡単なストーリーを紹介しておこう。

視点はカーソルキーまたはスクロールホイールで45度ずつ回転させられる。見やすいアングルでプレイできるので、スムースにゲームを進められる
ガントレットの形をしたカーソルのある場所をクリックすると、その方向へ主人公は移動する
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい