ニュース
» 2006年04月04日 19時15分 公開

燃えろ30代――「哀 戦士Z×R」

来日したローリング・ストーンズのコンサートにおけるオープニングアクトとして、リッチー・コッツエン氏が登場した。先日、「機動戦士ガンダム」シリーズのカバーアルバム「哀 戦士Z×R」を発表した彼のコンサート模様をお伝えしよう。

[Alexander服部,ITmedia]

 4月2日。

 小雨が混じった横殴りの風にあおられながら巨大なイベント会場、「さいたまスーパーアリーナ」にやってきた。本日は世界中で知らない人はいないほどの超有名ロックバンド、ローリング・ストーンズのコンサートだ。ロックと呼ばれる音楽の黎明期より存在するビッグバンドと我々ゲームファンをつなぐ線は皆無に思われるがそうでもない。

 昨年末によく見かけたXbox 360のCMで使われている軽快にして、どこか聞き覚えのある曲は何を隠そう彼らの楽曲「Jumping Jack Frash」だ。それ以外にも、Windows 95のCMをはじめ、さまざまな場所で曲が使われているので、ロック愛好家や音楽に一過言ある人間ではなくても何かしらのつながりがあることになる。

画像

 しかし、今回の取材の本命は彼らではない。彼らのオープニングアクトをつとめるリッチー・コッツェン氏が目当てなのだ。彼は元Mr.Bigのギタリストとしてロック小僧の間で有名なのだが、先日大きな話題を日本中に振りまいている。それは彼の新しいアルバムが日本先行で発売されたからだ。そのタイトルは「哀 戦士Z×R

画像 コッツエン氏のライナーノート

 このタイトルを聞いてすぐに曲や映像が浮かんだ人は間違いなく30歳以上の年齢ではないだろうか。今は亡き井上大輔氏が歌ったことで有名な曲で、機動戦士ガンダムの劇場映画2作目「機動戦士ガンダムII 哀・戦士編」のタイトルでもある。

 30過ぎてガンダムもないだろうと、若い世代に追い打ちをかけられている我々の世代かもしれないが、30過ぎても愛してしまうほどのパワーが、コッツェン氏ほどのアーティストを突き動かしたと言っても過言ではない。発売されたアルバムのライナーノーツでも語っているが、世界的なギタリストの彼は、その立場を完全に忘れてしまっているかの如くガンダムという作品を愛している。このアルバムには彼の愛情と、音楽家としての本気が詰まっている。

閑話休題

あいにくの天候だったものの、ローリングストーンズのパワーというものは強烈だ。国籍や人種すら混在している入り口周辺。そして、何よりも50代が多いと思われがちな年齢層の想定を完全に裏切っていた。なんとその裾野は10代後半にまでいたる。結構な数の若者がチケットを握りしめていた。ロックの伝説を目撃したいという意味合いもあるのかもしれないが、ここまでファン層が広いことはさすがの一言しかない。


画像

 そんな中、ステージにコッツェン氏が登場。なんと横に並び立っているのは超絶ベーシストのビリー・シーン氏ではないか。彼ほど有名なベーシストはほとんどいない。そして、その強烈すぎるまでの速弾きは現在のロックシーンにおいて強い影響を持っている。

 その二人がステージに姿を現し、観客が固唾をのんで見守っていると演奏が始まる。その一曲目はなんと「哀戦士」!!

 この豪華すぎるオープニングアクトの記念すべき最初の一曲は世界中のガンダムファンの心を猛烈に揺さぶるであろう、哀戦士から始まったのだ。

画像

 年齢層の広すぎる観客の中にも我々の同士はもちろんいただろうが、どちらかというと少ない。ローリングストーンズの最盛期を知る人々は40代以上であり、ロック小僧達は20代前半。これらの観客の反応はどうなのか気になるところ。

 しかしながら、そんな心配は杞憂に終わる。コッツェンの哀戦士はすでにガンダムの楽曲ではない域に達している。原曲を知るものは誰もが“哀戦士”と認識するかもしれないが、この曲は完全に「本物のロックサウンド」で演奏され、魂が込められているのだ。ロック愛好家が多い会場での反応が悪いわけがない。ほとんどの観客は知らない曲だが、その勢いに飲まれ、身を乗り出し耳を傾けていた。

 その後、彼らの曲が3曲ほど進み、コッツェン氏がガンダムのアルバムを出し、そのガンダムが生まれた日本で演奏することを感謝すると、盛大な拍手が生まれた。その拍手を受けてオープニングアクト最後の曲が流れる。そのタイトルは「Z・刻をこえて」だ。

画像

 印象的な楽曲がそろっている機動戦士Zガンダムの中でも随一の人気を誇るナンバーを、コッツェン氏がカバーしているのだ。ご存じの方ならわかるかもしれないが、原曲からしてアップテンポ。コッツェンと彼のギターが歌い出したときの観客の反応は熱狂に変わっていったことは、足を運んでいない方々にも想像つくのではないだろうか。個人的にはアルバム「哀 戦士」の中から「機動戦士ガンダム0083」シリーズの楽曲から唯一のカバーとなっている「The Winner」を演奏してもらいたかった。ギターソロが格好良い最高のアレンジなのだが、それは次回以降の楽しみにしておきたい。

 何よりも喜ばしいのはガンダムの楽曲がどうと言うことではなく、完全にロックンロールという形の違うものに、我々の愛する世界観が融合・変化していることだ。その証明は本日の観客の反応が物語っている。ガンダムに興味が無かろうとロックに興味があればこのアルバムは間違いなく楽しめる。大げさな言い方かもしれないが、ガンダムという単語と世界はすでに我々が独占できるようなものではなく、さまざまなところに分派し変化している。どうせ30歳を過ぎても赤い彗星を追いかけてしまうのであれば、すべて体感したいと思わないか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/19/news007.jpg 井戸に2日間閉じ込められた子猫を救助 そばで待っていた母猫との再会に感動する【インド】
  2. /nl/articles/2205/19/news044.jpg 味の素のレシピ“豚ひき肉かたまり焼き”あまりのシンプルさで突如人気に 「助かる」「時短、簡単が超ありがたい」
  3. /nl/articles/2205/18/news184.jpg 「コアラのマーチを振り続けると巨大チョコボールになる」衝撃の豆知識が話題に → 実際やってみたら想像以上にハードだった
  4. /nl/articles/2205/19/news128.jpg リトル長友佑都!? 平愛梨、不機嫌な長男が“パパ似”だと話題 「試合中の眼差しにそっくり」「話し方もそっくりでビックリ!!」
  5. /nl/articles/2205/17/news099.jpg 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. /nl/articles/2205/08/news007.jpg 上履きを学校に忘れ続ける息子→「そこで母は考えた」 簡単にできる対策アイデアに「天才だわ」と1万9000いいね
  7. /nl/articles/2205/19/news135.jpg 「米津玄師に負けた!」ウルトラマンファンが“強火歌詞”にもん絶 解釈強度に「悔し泣き」「映画見てから聞いて感動」の声続出
  8. /nl/articles/2205/18/news018.jpg お姉ちゃんの新居に行けないと分かった柴犬、落ち込んで…… お尻で語るいじけ方が切ないけどかわいい
  9. /nl/articles/2205/19/news076.jpg 知人やママ友に「これ作ってくれる?」と言われたハンドメイド作家→商品の値段を伝えると…… 切ない“作家あるある”に共感と応援の声
  10. /nl/articles/2205/19/news118.jpg 岩崎宏美、17歳の愛犬・ライスが天国へ 家族の“歌”とともに最期を迎え「涙が止まりませんでした」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声