ニュース
» 2006年04月28日 11時31分 公開

テレビシリーズの狭間を埋めるオリジナルストーリー「BLOOD+ 〜双翼のバトル輪舞曲〜」

テレビシリーズの「ベトナム篇」と「ロシア篇」をつなぐ、「BLOOD+」のオリジナルストーリーが楽しめる。

[ITmedia]

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは、テレビシリーズの「ベトナム篇」と「ロシア篇」の間を埋めるオリジナルストーリーを軸にした、プレイステーション 2用3Dアクションアドベンチャー「BLOOD+ 〜双翼のバトル輪舞曲〜」を7月27日に発売を予定している。

 本作は、ストーリー展開をプレーヤー自身がリアルタイムに選択していく「アクティブデモシステム」を採用し、アクションシーンでは、「覚醒システム」によって、簡単な操作で気持ちの良いコンボを決めることができるようになっている。主人公の小夜はもちろんのこと、アニメに登場した主要キャラクターも登場するシナリオ分岐型のアクションアドベンチャーゲームとなっている。

ストーリー

自分の過去と戦いの終わりを求める旅の途中、

翼手の新たな情報を得た小夜の一行は日本に帰国する。

目的地は、研究学園都市「飛翔市」。

この都市で行なわれている研究が、

翼手に関係している可能性があることを知った小夜は、

調査のため「私立 楊翔学園」へと編入する。

そこで出会う新しい友達、そして、新たな敵……

小夜たちに襲い掛かるシュヴァリエ、シフ。

謎の学園都市で繰り広げられる戦いの中、

最後に小夜が見たものは……!?


 ゲームはプレーヤーの選択によってキャラクターが切り替わりながらストーリーが展開する。チュートリアルとなる沖縄編を終えると、オリジナル編へと突入。小夜を中心に行動選択によってさまざまなキャラクターへと話は移行し、ゲームを進めていくことになる。エンディングもいくつか用意されているとか。進め方はざっと以下のとおりだ。3Dリアルタイムイベントによる導入部の後、シナリオの展開を決める選択を行うことで物語が分岐。その後、分岐した先で簡単な操作で繰り出せるアクションパートを経て、敵に最後の一撃を決めると1話がクリアとなる。


攻撃した翼手から放たれる結晶を集め、ゲージを溜めることで覚醒することも

 アクションパートではジャンケンのような三すくみを採用。前述したとおり、簡単操作でスピード感たっぷりの「三角跳び」や「空中攻撃」などの派手なアクションを繰り出すことができるほか、アニメのクライマックスシーンを再現する「覚醒システム」によって、高速空間の中で舞う小夜の太刀筋を見ることができる。なお、アクションシーンではアニメ版のメインキャラを使用することができる。


登場キャラクター

小夜
沖縄の高校で陸上部に所属していた、ごく普通の女子高校生だった。暖かい家族に囲まれ平凡でありながらも幸せな生活を送っていたが、じつは一年以上前の記憶が何もない。ハジとの再会により、「翼手」と呼ばれる異形の者たちとの戦いに巻き込まれていく。その戦いの中で、自身に架せられた重すぎる宿命を徐々に知ることとなる。本作では、自身の過去と戦いの終わりを求める旅の途中で、「翼手」に関する新たな情報を入手し帰国する。そして、デビッドからの指令により、揚翔学園高等部1年に編入。E88vの調査を行うこととなる
ハジ
長身痩躯の美しきチェロ奏者。小夜のシュヴァリエ。沖縄で生活していた小夜の前に現れる。小夜のことをかなり以前から知っているようだが、その多くは謎に包まれている。小夜の運命の鍵を握る男。本作では、音楽の教育実習生として揚翔学園に潜入。小夜を影から見守る
宮城カイ
宮城家の長男。17歳。以前は野球部に所属しエースとして活躍していたが故障により断念。気の短い性格で、野球部退部後は喧嘩とバイクに明け暮れる日々を過ごしていた。しかし、根は優しく、誰よりも家族のことを考えている。本作では、小夜のサポート要員として揚翔学園高等部2年に編入する

宮城リク
宮城家の次男。14歳。実兄カイとは対照的に温厚な性格の持ち主で、体を動かすのは嫌いではないが苦手。運動神経抜群のカイに密かな憧れを抱いている。本を読むことが好きで、料理と洗濯が得意。可聴領域が広く、「翼手」の声が聞こえると云う特殊能力を持つ。本作では、カイと同じく小夜をサポートするため、揚翔学園中等部2年に編入
デビッド
「翼手」を追い続ける組織、「赤い盾」のメンバー。沖縄の地で小夜を監視していた調査員。本作では、以前の沖縄での戦闘状況を組織に報告する為、「赤い盾」本部に出向いている
ジュリア
沖縄在住時に小夜が通っていた病院の女医。本作では、小夜たちが飛翔市に滞在するマンションに、情報サポート役、兼「赤い盾」のメンバー

BLOOD+ 〜双翼のバトル輪舞曲〜
対応機種プレイステーション 2
メーカーソニー・コンピュータエンタテインメント
ジャンル3Dアクションアドベンチャー
発売予定日2006年7月27日
価格7140円(税込)
(C)2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
(C)Sony Computer Entertainment Inc.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた