ニュース
2006年06月09日 00時00分 更新

まさにタイトルどおり? 「ファントム・ブレイブ 2周目はじめました。」(仮) (2/2)

前のページへ 1|2       

ゲームの流れ

 基本的なゲームの流れは、「イベントデモで依頼をもらう」→「おばけ島で戦闘準備」→「依頼先に向かう(デモ)」→「戦闘マップで敵と戦う」→「依頼完了(デモ)」のサイクル。マローネたちが住み、冒険の拠点となる「おばけ島」では、戦闘準備や汎用キャラの作成、アイテムの強化、ランダムダンジョンへの挑戦などさまざまなことができる。おばけ島でのプレーヤー操作キャラは基本的にアッシュとなる。

wk_060609fb11.jpg マローネに話しかけると、汎用キャラを作成可能に。ゲーム開始当初は、作成できる数は限られているが、戦闘マップで同じ敵キャラクターを数回倒すと、そのキャラが作成できるようになる。ただし、キャラメイクにはお金が必要
wk_060609fb12.jpg 汎用キャラの“商人”をおばけ島に呼び出すことによって、剣や斧などの武器の購入と、所持アイテムの売却が可能に。また、商人のレベルが上がれば上がるほど、売り出されるアイテムも強力になっていく
wk_060609fb13.jpg 汎用キャラの“ヒーラー”をおばけ島に呼び出すことによって、キャラやアイテムのHPやSPの回復、戦闘不能の回復、魂滅(戦闘不能状態で攻撃を受けると魂滅になる)の回復ができる。ただし、回復にはお金などがかかる

wk_060609fb14.jpg 汎用キャラ“改造屋”は、戦闘でたまる「マナ」を使って、アイテムのレベルを上げたり、アイテムに新たな技を覚えさせることができる。基本的に強力な技ほど、多くのマナが必要。また、アイテムは改造屋でのみレベルアップ可能に
wk_060609fb15.jpg 汎用キャラ“魔導合成師”は、「マナ」を消費し、2つのキャラもしくはアイテムの能力を合成することができる。合成すると、ステータスのUPはもちろん、一方のキャラ(もしくはアイテム)の技を他方に移植することもできる
wk_060609fb16.jpg 「チェンジブック」、「タマゴ」のどちらかを所持していれば、ヒーラーに話しかけて、魂滅した魂を転生させることができる。転生したキャラはレベル1になるが、キャラの所持スキル(技)はそのまま受け継がれる

wk_060609fb17.jpg キャラやアイテムには“役立たず”、“ドジっ子”、“ハッスル”、“ダンディ”などの「称号」がついている。称号の種類によって、パワーアップしたりダウンしたりする。汎用キャラ“称号師”を呼び出せば、称号の付け替えができる
wk_060609fb18.jpg 汎用キャラ“ダンジョン師”がいれば、ストーリーとは関係のないランダムダンジョンを作成してくれる。ランダムダンジョンは、作るたびに敵の強さや地形が変化します。キャラを強くしたり、アイテムを集める場として重宝する

戦闘の流れ

 戦闘はクオータービューのタクティカルシミュレーションになる。基本的な流れは、「戦闘開始」→「マローネのコンファインで仲間キャラを召喚」→「コンファインしたキャラたちと協力して戦闘」→「(敵を全滅させて)戦闘終了」のサイクル。キャラの移動は、移動範囲が円で表示され、その中で移動先を決定する“フリー移動”となり、行動順番は敵味方含めて、ステータスの素早さが高い順となる。このほかにも本作では特徴的な戦闘システムを採用している。一例を下に挙げてみた。

wk_060609fb19.jpgwk_060609fb20.jpg マローネの能力「コンファイン」を利用すれば、おばけ島で作成した霊(キャラ)を戦闘に呼び出すことができる。霊を呼ぶには戦闘マップ上に落ちている木や岩、武器などアイテムに憑依(コンファイン)させ、実体化する必要がある。ただし、コンファインした霊は、一定回数の行動をすると、もとのアイテムに戻ってしまう。これを「リムーブ」と言う。また、リムーブしたときに、まれにコンファインしていたアイテムを、おばけ島に持ち帰ってくれる場合もある
wk_060609fb21.jpg 敵や味方、アイテムに有利(または不利)な追加効果をもたらすプロテクションというシステムがある。その効果は「発信元」と「受信側」に分かれ、発信元を倒さない限り、受信側の追加効果が持続するというもの。また、受信側がアイテムの場合、コンファインすると、追加効果を受けたキャラができる。一例だが、ワープや無敵、コンファイン禁止やレベルアップなどの追加効果が得られる
ファントム・ブレイブ 2周目はじめました。(仮)
対応機種プレイステーション 2
メーカー日本一ソフトウェア
ジャンルやりたい放題シミュレーションRPG
発売日今夏発売予定
価格2800円(税込)
(C)2004,2006 NIPPON ICHI SOFTWARE INC.


前のページへ 1|2       

[ITmedia]

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.