ニュース
» 2006年06月20日 20時31分 公開

2006年度は4タイトルを発売。11年目を迎えた「テイルズ オブ」シリーズから目が離せない――発表会 (2/2)

[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

●テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー
発売予定日:未定
価格:未定

photo プロデューサーの大舘隆司氏

 シリーズに登場したキャラクターが夢の共演を果たす、外伝的な位置づけの「テイルズ オブ ザ ワールド」最新作。今回、プレーヤーは用意されたキャラクターではなく、自分の分身となる自分だけのオリジナルキャラクターを作成する。性別、容姿はもちろん、「戦闘系」、「魔法系」など、いくつかの基本クラスも設けられており、選んだクラスにより、受諾できるクエストも変化するという。

 冒険の舞台は「テレジア」。プレーヤーは力を失いつつある世界樹が生み出した最後の希望として、この地に降り立ち、ヒロイン「カノンノ」とともに冒険へ旅立つことになる。また、戦闘システムには「テイルズ オブ ジ アビス」の「FR-LMB(フレックスレンジ・リニアモーションバトル)」を採用。バトルフィールド内の操作キャラクターを自由に動かせることにより、自由度の高い戦闘を楽しむことができるようになっている。

photophotophoto

 このほか、本作のテーマソングに植村花菜さんを起用し、曲のタイトルが「光と影」に決定したことも明らかにされた。植村さんはiモード向けコンテンツ「テイルズ オブ モバイル」にてイメージソングも手がけた女性シンガーソングライター。発表会には植村さんも来場し、「光と影」の生演奏ライブも行われた。

photophoto カノンノ(写真左)役の工藤晴香さん(写真右)がゲストとして登場。何役で登場するかは不明だが、工藤さんは阪口大助さんとの収録中のエピソードなどを披露してくれた。ちなみに、緑川さんももちろん出演しているとのこと
photo 植村さんによるライブの様子

photophotophoto タイトル以外での展開のひとつとして、「コミュニティー&エンタメサイト」の立ち上げと連動の構想も語られた。パスワードによるアイテムのやりとりや、ほかのプレーヤーが育てたキャラクターを仲間にする、などを考えているという

photo

 最後に再び登壇した吉積氏は「(ユーザーには)いろんな角度からシリーズを楽しんでもらいたい。11年目になっての新たな楽しみ、面白さ、感動的な、人生の変わるようなコンテンツを提供していきたい」と語り、発表会を締めくくった。

 11年目を迎え、ますます勢いを増すテイルズ オブシリーズ。今回はタイトル発表がメインということもあり、ゲーム内容については詳しく語られなかったが、情報が入り次第、随時紹介を行っていく予定なので、シリーズファンは楽しみに待っていてもらいたい。

(C)藤島康介 (C)1994-2006 NBGI
(C)いのまたむつみ (C)1997-2006 NBGI
(C)いのまたむつみ (C)2005 NBGI
(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2006 NBGI


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.