ゴルフもいいけどテニスもね――簡単操作で誰でも楽しめる「みんなのテニス」(1/2 ページ)

「みんなのゴルフ」の制作スタッフが集結した、まったく新しいテニスゲーム「みんなのテニス」がプレイステーション 2に登場する。発売予定日は2006年9月14日、価格は4800円(税込)。

» 2006年08月11日 14時20分 公開
[ITmedia]
photo

 シリーズ出荷が1000万本超(全世界累計出荷本数、2006年6月時点)を誇る「みんなのゴルフ」(以下、「みんゴル」)というタイトルがある。そして、その制作スタッフが集結した、まったく新しいテニスゲーム「みんなのテニス」(以下、「みんテニ」)がプレイステーション 2に登場するという。発売予定日は2006年9月14日、4800円(税込)。

 「みんテニ」の大きな特徴。それは「みんゴル」同様に、簡単操作で誰でも爽快(そうかい)ショットが打てる点にある。プレーヤーキャラクターの移動は左スティック、または方向キーの2つから選択可能で、ショットに使うボタンは○ボタン(トップスピンショット、フラットショット)、×ボタン(スライスショット、ドロップショット)、△ボタン(ロブショット)の3つだけというお手軽さだ。


photophotophoto 3つのボタンで簡単ショット

 打ちたい方向がある場合、ショットする時に左スティック、または方向キーをその方向に倒すという作業が加わるものの、これは決して難しいものではない。プレイしているうちに、すぐに慣れてくるはずだ。また、テニスゲームをやったことのある人であれば、“ショットを打つ時のタイミングは難しいんじゃないか?”と思う人もいるだろう。確かにショットを打つ上でタイミングは重要である。

 本作の場合、ショット時に目安となるフキダシが出るため、タイミングは覚えやすい。例えば「ウサギ」なら早打ち、「カメ」なら振り遅れ、「♪」ならちょうど良いタイミング、といった感じだ。なお、フキダシにはジャストインパクトを意味する「♪♪」が存在する。これが出ればライン際を攻めたり、速いボレーを打つことができるという。キャラクターごとに「♪♪」のタイミングは異なるため、自分のタイミングに合うキャラクターを選ぶ、またはキャラクターのタイミングに自らを合わせることが、勝利への近道となりそうだ。

photophotophotophoto
photophotophoto ショットに慣れてきたら、ボールを前後左右に打ち分けるなど、戦略を立てながら試合を進めよう。スキを作らないよう、ボールを打ったら直ぐにコート中央(センター)へ戻る癖を身につけるのも大切だ

 ところで、テニスに限らずスポーツでの見どころと言えば、試合をさらに盛り上げるスーパープレイの数々だろう。本作でもプレイをしていると、さまざまなスーパープレイが飛び出すことがあるという。例えば、追いつけなさそうなボールでもあきらめずに追い駆けて、タイミングと距離が合えば、飛びついて打ち返す。また、相手にロブを上げられて、コート上に黄色い円「スマッシュポイント」が表示された時、このポイントに立ってタイミングを合わせればスマッシュショットが出る、といった感じだ。狙って出すことは難しいプレイではあるが、決まればさぞかし気持ち良いことは間違いないはずだ。

photophotophoto

 ちなみに本作のゲームモードには、「チャレンジモード」と「みんなでテニス」の2つを用意。チャレンジモードは、ビギナー、アマチュア、セミプロ、プロ……とランクを上げ、テニスを学びながら「みんテニ」界の頂点を目指すというもので、自らの実力を示す「みんテニ段位」をチェックしながら、楽しくレベルアップしていくことができる。

 一方のみんなでテニスでは、マルチタップを使用することで最大4人まで一緒に対戦することが可能で、シングルスでの対戦はもちろん、プレーヤー2人がパートナーとなり、COMペアとダブルスで戦うなど、自由自在な組み合わせを楽しむことができる。また、使用するキャラクターや相手キャラクター、コート、審判に加え、ハンデや色物ルールも、プレーヤー側で設定することが可能だ。

photophotophoto チャレンジモード
photophoto みんなでテニス
(C)Sony Computer Entertainment Inc.
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評