レビュー
» 2006年08月29日 14時12分 公開

コースもフォームも結構本格的――ゴルフ下手が「ゴルフだいすき!」クローズドβテストで遊んできました(1/2 ページ)

限定5000名で先行テストを行ったオンラインゴルフゲーム「ゴルフだいすき! 〜I LOVE GOLF!〜」。コースも1種類しか用意されていませんが、ゲームの面白さを知るには十分。ではこのゲームの魅力をお伝えしたいと思います。

[麻生ちはや,ITmedia]
画像

 8月1日に行われた発表会では、女優の上戸彩さんも登場して注目を集めた、ELEVEN-UPとキャメロットによるオンラインゴルフゲーム「ゴルフだいすき! 〜I LOVE GOLF!〜」(以下、ゴルフだいすき)。8月22日〜8月28日までクローズドβテストが行われており、それに参加してきました。アバターアイテムなどはもちろんまだ未実装ですし、コースも1種類しか用意されていませんが、ゲームの面白さを知るには十分。快適にプレイできたことをまずお伝えしておきましょう。

ハワイでゴルフ〜ってな感じ、リゾート気分に浸れる明るいコース

 さて、「ゴルフだいすき」について紹介していきましょう。まずキャラメイキングですが、これは男性か女性を選び、名前を付けるだけしかできませんでした。あくまで予想ですが、おそらく正式サービス後もキャラメイキングで髪型や顔の種類は変えられず、アバターアイテムとして提供されるタイプになるのでしょう。キャラクター作成が終わると、クラブハウスのレセプション(?)らしき場所に転送。ここで受付嬢に話しかければすぐにプレイ可能です。

 とにかく「ゴルフだいすき」のプレイは初で分からないから不安……というならば「れんしゅうラウンド」を選択。1人で焦ることなくのんびり、操作を確認しながらコースを回れます。「1パーティゲーム」は最大4人の対戦が楽しめるモード。もちろんルームマスターはホール数や人数制限もかけられるため、友達同士2人で腕を磨くなんてことも、このモードならできるというわけ。最後の「コンペ」はどちらかと言えば真剣勝負。最大30名が参加でき、プレイヤーが名誉をかけて18ホールを戦い抜くモードとなっています。

画像 ゲーム起動時に出会うこのお姉さんは、プレイヤーをゴルフ場へ毎回“転送”してくれる
画像 ベッキー姉さんに話しかければ、既存ルームに参加するか自分で新規にルームを立てるか選択可能。夏休みと言えども、平日の昼間ばかりログインしたのでちょっとルーム数が少ないですね

 スクールに通ったことすらあるのに、実際のゴルフはてんでダメな筆者。「ゴルフだいすき」をプレイする前に「あ〜リアル志向のゴルフゲームだったらどうしよう。風向きとか芝目とか読まないといけなかったら、20打ぐらい平気で叩くかも……」と不安がっていましたが、クローズドβテストで用意されているコースは比較的難易度も低く、操作もシンプル。今後は難易度高めでキッチリ計算して打たねば、OBだの池ポチャ連発なコースも用意されるのでしょうが、あくまでβテストの感想を述べるなら、お子様からご老人まで気軽に遊べる敷居の低さといったところです。ちなみに、状況に応じてクラブは自動選択されるため、ゴルフ自体が良く分からなくても問題なし。もちろん手動で変えることは可能です。

 さて操作方法ですが、画面右側の「ショット方向」で向きを調整。「クラブ」のUp/Down、「ターゲットパワー」などの微調整は、ゲームに慣れてから考えてもOK。最初はいじらなくても何とかなります。「カメラ」は視点を変えられるため、このまままっすぐ打っても本当に大丈夫? と心配になったときポチっと押してみましょう。真上から自分とグリーンの位置関係をひと目で把握できるので、コース全体の状況が分からないときにはかなり便利です。

 さていよいよラウンド開始です。風向きとピンの位置を考えながらショットする方降雨を決めたら、画面下部の「Shot」をワンクリック。するとバーのメーターが伸びるので、“ここで打つとベストですよ”という指針ポイントにうまく合うよう、再度クリック。あとはボールの行方と落下地点がラフじゃないことを祈りましょう。

 何とかグリーンまでたどり着いたらパッティング。こちらも目安となる距離が表示されているので、そこに合わせてクリックすればOK。ただしグリーンは傾斜している場合もあり、打つ方向を調整したら、カップの距離と強さを考えて打ちましょう。

画像 ティーショットは豪快に! 上空を流れる白い雲状のラインは風の流れを示している
画像 派手に星を撒き散らしながら飛んでいくボール。フォームはかなり再現されていてなめらかだ
画像 結構やりこんだんですが、この画面あんまり見られなかったなぁ……

画像 ようやくグリーンに乗せてパット。よく見れば8打目とかありえませんね
画像 カメラ目線を変えるとこんな感じに
画像 コレ、実はれんしゅうモードだったんですが泣かせてしまいました。結果は9打
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」