連載
» 2006年10月05日 00時00分 公開

「ワルキューレの冒険」は単なる不条理ゲームにあらずゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

レトロゲームといっても、すべてが同じではなく、まったく異なる2種類のタイプがあるといえます。その両方を兼ね備えたゲームとして、今回は1986年に発売されたアクションRPG、「ワルキューレの冒険」(ナムコ)を取り上げてみました。

[ゲイムマン,ITmedia]

レトロゲームがシンプルとは限らない

 ひと口に“レトロゲーム”といっても、大きく分けて2種類に分けられる。

  • 今のゲームにはない、シンプルなおもしろさを持ったゲーム
  • 今のゲームにはない、不条理な難しさを持ったゲーム

 昔のゲームを語るとなると、前者のほうが強調されがち。現代のゲーム機でリメイクされる作品も、そういうタイプのものが多い。

 しかし、特にファミコンの時代には、今では考えられないような難しいゲームも多数登場した。コンティニューや途中セーブ機能がないまま、ゲームが長大化したことに加え、裏技ブームが起こったことで、重要なアイテムが隠しアイテムになるケースも多かった。

 もっとも、不条理な難しさだったが故にインパクトは強烈で、後々までプレイヤーたちの記憶に残り、語りぐさになっているゲームも多い。「たけしの挑戦状」、「魔界村」、「高橋名人の冒険島」……。

 私は、「ワルキューレの冒険 時の鍵伝説」(以下、ワルキューレの冒険)(ナムコ)も、これらと同様、不条理な難しさを持ったゲームだと思っていた。

 アクションRPGだが、町や村がなく、人々との会話から情報を得られないため、謎解きがすべてノーヒント。

 コンティニューやパスワードはあるのだが、パスワードで引き継がれるのは、ワルキューレの強さと、経験値、お金、そしてごく一部のアイテムだけ。電源を切ってしまうと、再開後は多くのアイテム(武器も!)がなくなっている上に、スタート地点まで戻されてしまうのだ。

 こういう厳しいゲームではあるが、今回この記事を書くにあたって、あらためてプレイしてみたところ、“シンプルなおもしろさ”の要素も大きいゲームではないかと感じた。

 敵キャラそれぞれが、個性的な動き方をするので、その動きを見極めて攻略する。アクションゲームの基本的なおもしろさがそこにある。

 また、経験値を稼いでレベルアップしたら、それまでより楽に敵と戦える。そして今まで行けなかった場所に行けるようになる。これはコンピュータRPGの基本的な魅力。

 レベルアップによってどんどん強くなるので、アクションゲームにありがちな、“アクションが難しすぎてクリアできない”ということがない。頑張ればいつかはクリアできる。

 ……ノーヒントの謎解きさえ何とかなればだが。

画像 ナムコの最寄り駅・矢口渡(やぐちのわたし)は、懐かしい雰囲気の木造駅舎だ。かつて、ナムコキャラクターが集合した広告看板があったような気がするが、今週訪れたら、バンダイナムコゲームズの広告に変わっていた
画像 近くを多摩川が流れている。対岸は川崎市だ

髪の毛が黒い!

 「ワルキューレの冒険」が発売されたのは、1986年の8月。

 その半年前、1986年2月に、ファミコンディスクシステムで、「ゼルダの伝説」(任天堂)が発売されている。

 また、1984年には「ドルアーガの塔」(ナムコ)がアーケードに登場している(ファミコン版は1985年8月)。

 「ワルキューレの冒険」は、ゲームシステム的には「ゼルダの伝説」に、謎解きの要素は「ドルアーガの塔」に似ている。

 しかし実際にゲームをやってみると、この2作品とはプレイ感覚がかなり違う。

 「ワルキューレの冒険」がゼルダ、ドルアーガと違うのは、敵を倒して経験値を貯め、レベルアップをするという点。

 ゼルダなら、特定の敵以外は必ずしも倒さなくていいが、ワルキューレでは積極的に敵を追いかけて、倒していく状況のほうが多い。

 町の人との会話がない点も含め、「ワルキューレの冒険」はむしろT&Eソフトの、1984年に発売されたパソコンゲーム「ハイドライド」(ファミコン版は「ハイドライド・スペシャル」東芝EMI)に近いといえよう。

 ゲームをスタートするとまず、血液型と星座を聞かれるので入力する。実はこれによって、ワルキューレの成長パターンなどが変わるのだ。早熟だったり大器晩成だったり。

画像 あの金髪でりりしい目をした女戦士はどこへ行ったのか?

 さらにワルキューレの服の色も選べるのだが……。このワルキューレが、パッケージのイラストと全然似ていない。

 まあとにかくゲームスタート。最初は、まっすぐ向かってくる原始人タッタや、空を飛び、地形を無視して進むフライドリルが相手となる。このゲームの敵キャラは、煙とともにワルキューレの上下左右に突如現れる。

 ある程度の敵を倒したら、マニュアルに書いてあるとおり、右のほうへ進んで宿に泊まる。体力・知力が回復し、経験値が十分貯まっていたらレベルアップする。

 宿に泊まることは本当に重要。なぜなら、ゲームオーバー後にコンティニューしたら、経験値・所持金・持ち物が、最後に宿に泊まったときの状態で再開されるから。


画像 宿にはパスワードも書いてある。新しい土地に行ったときは、まず宿を探すことから始まるだろう
画像 サンドラの店はいくつか存在し、店によって品ぞろえがちょっと違う。隠しサンドラの店もある

 その後の流れも、マニュアルに書いてあるので、それに沿って進めばいい。シーザスというボスキャラを倒して、船を入手し、岬から“謎の大陸アファ”に向けて出航する。

 アファで宿を見つけると、隣にもう1つ建物がある。ここは“サンドラの店”で、いろんなアイテムを買ったり売ったりできる。

 その先には地下迷宮があったり、砂漠の中にピラミッドがあったりする。

画像 もちろん敵は強くなっている。黒いタッタなど、火の玉を撃ってくる敵には苦しめられるだろう
画像 地下迷宮やピラミッド内部ではランプが必要。敵はさらに強いので、ここで経験値稼ぎなんて考えないほうがいいかも

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  9. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体
  10. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」