連載
» 2007年01月12日 00時00分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:長い長い「ストリートファイターII」の話 (2/3)

[ゲイムマン,ITmedia]

ドラマを作るゲーム

 「ストリートファイターII」は、実はシミュレーションゲームの「信長の野望」と、共通点が多いんじゃないかと思う。

  • 主人公を、何人かの中から選択できる。
  • このとき選ばなかったほかのキャラを、次々と倒していくことで、ゲームが進行する。

 「ストリートファイターII」にも「信長の野望」にも、主人公的な人物は一応いる。リュウと信長だ。でもどちらのゲームでも、主人公以外の人物をプレイヤーキャラにすることができる。そしてその人物を主人公にして、ストーリーが展開するのだ。

 ストーリーといっても、どちらもゲーム中にイベントシーンが挿入されるわけではない。しかし「ストリートファイターII」では、各ファイターの戦う理由が明確に設定されているし、「信長の野望」に出てくるのは実在の人物だ。だからゲームの展開を見て、プレイヤーが彼らの物語を、頭の中で補完することができる。

画像 リュウVSサガット。サガットは昇龍拳を研究して、新たな必殺技「タイガーアッパーカット」を編み出した

 例えば、「ストリートファイターII」に出てくるムエタイ戦士・サガットの胸には、大きな傷がついている。これは「ストリートファイター」(I)でリュウに昇龍拳を食らったときについたもの。

 この設定を知っていれば、リュウでプレイしてサガットと対戦するときに、ゲーム中には出てこない、リュウとサガットの会話を想像できるだろう。

 また、ストーリー上のつながりや因縁はなくても、リュウがダルシムの伸びる腕や脚を見て、どんな反応を示すかとか、春麗がブランカのルックスを見てどう思うかとか、いろいろ想像するのも楽しい。


画像 ダルシムはその攻撃方法から、“怪物くん”と呼ばれることもあった。今なら“ルフィ”か
画像 ブランカは幼い頃、乗っていた飛行機がアマゾンの奥地に墜落し、そこで生きていくうちに、野生の力を身につけた

画像 息子の生活費を稼ぐために戦うダルシムと、生き別れになった母親を探しているブランカ。どちらもゲームをクリアすれば、目的を達成できる

 実際、ダルシムやブランカなどは、ゲーム以外のストーリーメディアでは、あまり主人公にはなり得ないキャラクターだろう。私が「ストリートファイターII」をプレイしてまず感動したのが、ダルシムのような特異な能力を持ったファイターを、プレイヤーが操作できることだった。

 さらに、各ファイターにしっかりエンディングが用意されている。だからどのファイターを選んでも、ストーリーはちゃんと進行して、ちゃんと完結するのだ。

 そう、どんなに変な容姿をしていようが、アクが強かろうが、すべての人間が、主人公になれる。……こう書くと、さだまさしさんの歌みたいだ。

 ちなみに、さだまさしさんは、ダルシムと同い年。

春麗に似ている女子プロレスラー

 8人中唯一の女性ファイター、春麗。セクシーな脚線美と、格闘ゲーム初心者が使っても使いやすい操作性とが相まって、たいへんな人気キャラクターになった。

画像 エドモンド本田のさば折りを食らう春麗。決してセクハラされてるわけではない
画像 アーケード版のエンディング(「カプコン クラシックス コレクション」より)。「普通の女の子になろう」という、キャンディーズを意識した発言が、彼女の年齢を感じさせる
画像 スーパーファミコン版のエンディングでは、春麗の服装がより現代風になっている

 春麗人気の影響か、後に出た対戦格闘ゲームの多くに、1人か2人女性ファイターが登場する。

 私も、「ストリートファイターII」なら春麗、「ワールドヒーローズ」ならジャンヌ、「餓狼伝説2」なら舞、「龍虎の拳」ならキング、「バーチャファイター」ならサラかパイ、「ファイターズヒストリー」は、リョウコが使いにくいんでフェイリン、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」なら、アテナとキングとユリでチームを組む。

 初心者でも使いやすかったこともあって、とにかく女性キャラばっかり使っていた。

(それなのに、「デッドオアアライブ エクストリーム ビーチバレーボール」には、まったく興味がわかないのが不思議)

 春麗の話に戻るが、昔「週刊プロレス」に、「春麗と、女子プロレスの豊田真奈美選手は似ている」という文章を、載せていただいたことがある。

 春麗と豊田選手には、素早い、キックが強い、投げが強い、飛び技が多い、回転系の技がある、誕生日が近い(誕生年は違う)、などの類似点があったのだ。

 ただ、春麗の気功拳(気の塊を飛ばす技。「ストリートファイターIIダッシュターボ」以降で使用)に相当する技が、豊田選手にはないので、ミゼットプロレスのリトル・フランキー選手から“真空投げ”(離れた相手を投げる、というか、相手が勝手に転ぶ技)を習ってみてはどうだろうか? ……と、こんな内容だった。

 今考えたら、こんなしょうもないネタが、よく「週刊プロレス」に載ったもんだと思う。

 春麗といえばもう1つ。スーパーファミコン版「ストリートファイターII」が発売されたときには、そのテレビCMで、当時デビューして間もない水野美紀さんが、春麗の役を演じていた。

 おかげで私なんかは、テレビで水野美紀さんを見ると、いまだに春麗を思い出してしまう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.