今期のハァハァできる萌えアニメをコッソリ教えます今日は何の日? 萌え曜日!

この春、およそ40本ものアニメ新番組が放映を開始しました。その中でも一際輝くイチオシ萌えアニメ3本を、萌えゲーレビュアー・雛見沢秀一がご紹介。どの作品もニヤニヤしながら見られること間違いなしですよ!

» 2008年04月28日 17時36分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]
画像 今期も魅力的な美少女がたくさん!(写真は「かのこん」)

 萌えゲーレビュアーとして美少女ゲームを中心にレビューを書いてきた筆者・雛見沢秀一。何を隠そう三度の飯よりも“萌え”が大好物。萌えゲーのレビューの仕事をするたびに狂喜乱舞&悶えながらプレイしています。だがしかし! 世の中にはゲーム以外にも萌えがいっぱい。「もっと萌え情報を!」と願う筆者のようなオトコノコたちのため、編集長に「萌えコーナーを作りましょう!」と直談判を決行! ついに、「今日は何の日? 萌え曜日!」の連載を勝ち取った次第です。そんなわけで、「萌え曜日」では、ちまたに溢れる“萌え”を私情はさみまくりでガンガン紹介していきますよ! 毎週月曜更新予定なので、月曜日は「萌え曜日」の更新日なんだと覚えてくだされば幸いです。

雛見沢さんのオススメ萌えアニメ3選!!

 連載第1回目となる今回のテーマは「萌えアニメ」。春の新番組でも、それぞれエロスシチュエーションだったりと萌えジャンルの中でもバラエティーに富んだ、「かのこん」、「狂乱家族日記」、「Candy☆Boy」の3タイトルをピックアップ。雛見沢秀一が“ここが萌えだ!”と感じた萌えポイントを交えて、(多少変態的ではありますが)紹介していきます。

かのこん

画像 (c) 2008 西野かつみ・メディアファクトリー/かのこん製作委員会

 田舎から転校してきた純朴少年・小山田耕太が、学校一の美少女・源ちづる(実は狐の妖怪)やミステリアスな魅力を持つ美少女・犹守望(実は狼の妖怪)に気に入られ、毎回エロエロなプレイで迫られる学園ラブコメディ。

 この作品のスバラシイポイントは、美少女たちが主人公にあの手この手でアプローチ(性的な意味で)するシーン。取り柄のなさそうな主人公が、なぜか美少女たちに迫られるなんてよくある展開じゃないか! とお叫びのアナタ。いやいや、迫られるレベルが違うんですよ! 第1話の男女の営み未遂から始まり、ガマの油を傷口に塗るとみせかけたローションプレイに、ちずるのお尻をペンペンするなど。地上波ではお届けできない過激プレイのオンパレードが楽しめる。

 また、4月30日より出演者のサイン入り台本やポスターなどがゲットできる、「かのこん」大出血キャンペーンが開催。詳しくは下記URLを要チェック!

 4月5日より毎週土曜(午前10時半〜午前11時/午後9時半〜午後10時)、毎週水曜(午後2時半〜午後3時/深夜0時半〜午前1時)、AT-Xにて放送中。

狂乱家族日記

画像 (c) 2008 Akira/PUBLISITED BY ENTERBRAIN,INC./超常現象対策局分室

 ネコミミとシッポをつけた自称20歳の少女・乱崎凶華を筆頭に、世界を崩壊させるといわれる“閻禍(えんか)”のDNAを受け継いだ可能性のある人間・動物・生物兵器たちが、家族として共同生活をおくるコメディーアニメ。

 なんといっても、超がつくほどの自己中心的で傲岸不遜なネコミミ少女・凶華さまが放つ、壮絶な罵倒っぷりは必見。ドMな筆者のように、“つるぺた(幼児体型な女の子)な少女になじられたい!”といった特殊なご趣味をお持ちの方にはオススメの作品です。

 4月12日より、各UHF局にて放送中。※放映時間は公式サイトを参照。DVD 第1巻:7月25日発売。販売元:バンダイビジュアル。

Candy☆Boy

 都内某所にある高校に通う双子の女子高生・櫻井奏と雪乃の、身の回りに起きる日々の出来事を描いた学園コメディー。歌手・MEILINの3rdシングル「Candy☆ Boy」に、オリジナルのショートアニメを同梱するという新しい試みのもと「アニメ2.0」が制作し、ネットを中心に話題沸騰となる。その新シリーズとして、ニコニコアニメチャンネルにて配信が予定されている。

 シングルCDに同梱されていたアニメでは、すれ違いで生まれた誤解を解いて仲 直りするという、櫻井姉妹の絆が描かれていました。その中で、「かのこん」のような【直接的な押せ押せイチャラブ描写】はありません。しかし、手を繋いだときの指の絡ませ具合双子だから見せられる表情など、姉妹の仲睦まじさをひしひ しと感じさせてくれるます。もうね、そんなの見せられちゃニヤニヤが止まらないよ! 5月2日から配信される新シリーズでも、このテイストを貫かれるのか期待。

 5月2日より、ニコニコアニメチャンネルにて配信開始。

画像画像 (c)DREAMUSIC Inc.

 4月の改編期を迎え、放映開始したアニメ新番組のラインアップをざっと見渡してみると、ライトノベルや女性向けコンテンツのアニメ化が目立つ。また、ニコニコ動画でアニメを配信する「ニコニコアニメチャンネル」など、ネットでアニメを視聴できる新たな仕組みが生まれ始めたため、まだ見ぬ萌え萌え作品を見る機会が増えた。これを機に、一度ご覧になってはいかがでしょうか? とりあえず僕は、ちずるさんのおっぱいと、凶華さまの破天荒なご乱行、櫻井姉妹の百合ップルぶりに胸をキュンキュンさせながらチェックしていこうと思います。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」