トム クランシーシリーズ最新作はエアコンバット「H.A.W.X」

今秋、日本で発売が決定したXbox 360/PS3対応「H.A.W.X」は、トム クランシーシリーズでは初となるエアコンバットゲームである。

» 2008年07月04日 01時25分 公開
[ITmedia]

 「H.A.W.X」は、数々の空中戦闘任務を経験したアメリカ海軍の元エースパイロットが、世界中で数々の空中戦闘任務を繰り広げる、トム クランシーシリーズ初となるエアコンバットゲーム。UBIソフトより2008年秋に発売が予定している。

ストーリー

 2012年。冷戦構造の崩壊後、国家政権が終焉に近づくなか、戦争のルールさえも急速に変化を遂げている時……。次第に多くの国々が権益を手中に収めようと、国軍の代わりに民間軍事会社、通称「PMC」を頼るようになっていた。次第にPMCは国家が要する軍事力の中核になっていき、世界の勢力分布を左右する程の役割を担っていく。そのような状況の中、「レイキャビーク協定」により、PMCは軍事作戦のあらゆる局面において軍務に赴く権利を得て、その存在を正当化していく。

 PMCは、その勢力と強大な権力を保持するため、有利な契約を多くの国々と締結しなければならず、戦場でライバル企業との直接対決に勝利することが必要となっていた。結果、民間企業であるPMC間の勢力争いも熾烈を極めるようになっていったのだ。

 PMCが戦争そのものをコントロールするまでに強大化したことを懸念する国も現れはじめた頃、プレイヤーはアメリカ海軍からPMCに転身し、エース級の戦闘機パイロットとして、世界中で数々の空中戦闘任務を遂行していくことになる。

 そして国家勢力、国軍、PMC、そして主人公の運命の歯車が回りだす……。


 本物のようにリアルに再現することは、次世代機では当たり前のこと。その当たり前をちゃんとやれているかだ。「H.A.W.X」では、機体やコックピット、手応えのある操作感で手に汗握るドックファイトを堪能でき、50種類以上の戦闘機に乗り込むことができる。メーカーからのライセンスを受け、実在する機体を徹底的に細部にこだわって再現していることからも、その力の入れようがうかがい知れるだろう。

 ミッションの舞台は、実在する都市や地域を緻密に再現している。衛星写真を使用してマッピングしているため、ありのままの都市や地形を実現した。


地上の再現度はリアルと見まごうばかりの完成度

デュアルコントロールシステムをオンにすると、画面にさまざまな情報が飛び込んでくる

 また、本作には「E.R.S.」と「デュアルコントロール システム」と呼ばれる機能を実装している。「E.R.S.」とは、刻一刻と変化する戦場の状況を高度に処理されたグラフィカルな情報として的確にパイロットに伝達することで、フライトミッションを安全にプレイしてレベルを上げたいと思ったら「デュアルコントロール システム」をオンにして、「E.R.S.」機能をフルに活用して快適にミッションを遂行することができるが、敵機から巧みに回避しつつ、高度なドックファイトを遂行したかったら「デュアルコントロール システム」をオフにすればいい。そうすると、戦闘機の機動性が向上し、第三者視点で限界に迫る操作が可能になる。

 この「E.R.S.」(Enhanced Realliity System)は、近い将来、実装されるかもしれないような最先端技術を取り入れた機能で、以下に紹介する。

  • ミサイル回避システム:接近するミサイルを回避できるように飛行コースを算出する
  • ダメージコントロール システム:空爆を行おうとしているときに、それによる副次被害(巻き添え被害)の危険性がある場合、ERS がプレイヤーにその危険性を警告する
  • 墜落回避システム:地形を読み取り、墜落しそうな場合はプレイヤーに警告する
  • 弾道コントロール:武器の予想弾道を表示し、計算された弾道をさえぎる障害物があった場合にはプレイヤーに警告する
  • ミサイル警戒システム:ミサイルが接近してきた場合には警告する
  • タクティカルマップ:戦略マップを表示する

 また、本作はオンラインでの4人協力プレイや最大16人での対戦モードも対応している。友達同士で緊迫したドックファイトが楽しめるというわけだ。

 協力プレイにおいてオフラインでは、画面分割がされ、2人で協力してミッションを遂行。オンラインでは、最大4人になるまでジャンプインが可能となっている。ちなみに、ジャンプインとはストーリーモードの途中からでも他のプレイヤーがゲームに参加して、一緒にモードを進めていけるシステム。また、対戦プレイにおいてオフラインでは、画面分割がされ、2人で一騎打ちが、オンラインではさまざまなルールでのチーム対戦(最大16人)を実現している。

「H.A.W.X」
対応機種Xbox 360/プレイステーション 3
ジャンルエアコンバット
発売予定日2008年秋
価格未定

関連キーワード

ユービーアイソフト | PS3 | Xbox 360


(C) 2008 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. H.A.W.X, Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評