「GAMEは、元気です。」――東京ゲームショウ2009開催発表会

CESAは2月27日、ゲームショウ2009を9月24日〜9月27日の4日間、幕張メッセで開催すると発表。新設のコーナーをはじめ、主催者側での整理券配布など、新たな施策をもって臨む。

» 2009年02月27日 17時23分 公開
[加藤亘,ITmedia]

ゲームで世界を元気に

挨拶に立つ和田洋一会長

 社団法人コンピュータエンタテインメント協会(以下、CESA)は2月27日、ホテルニューオータニにおいて、世界最大規模のゲームの祭典「東京ゲームショウ2009」を日経BP社との共催のもと、2009年9月24日(木)〜9月27日(日)の4日間、幕張メッセにおいて開催すると発表した。

 昨年同様、会期の前半2日間はビジネスディとして、後半2日間は一般公開日となる。今年のゲームショウのテーマは「GAMEは、元気です。」と時節を受けてか積極的に明るいイメージとなっている。これについては、「自由な発想やアイディアがパワーを与えてくれるのがゲームであり、そこには希望があふれている。経済の混乱が影を落とし、世界から元気が失われつつあるからこそ、ゲームは世の中をもっと明るく楽しくする存在でありたい」という思いが込められているとのこと。

 昨年の東京ゲームショウ2008は出展小間数が過去最多となる1768小間での開催となり、来場者数も過去最高の19万4288人を記録した。出展タイトル数も過去最多の879にのぼり、市場のさらなる拡大を狙う、ゲームソフト業界全体の積極的な取り組みを反映した展示会となった。東京ゲームショウ2009では昨年同等の規模とする目標が設定されている。

 CESA会長の和田洋一氏は、国内のゲーム市場が過渡期を迎え、まさに踊り場へと差し掛かっていた昨今、次なる飛躍の準備をしてきたと、時節柄国内外で吹き荒れる不況の嵐の中、ゲーム産業については規模を拡大できるとする希望的観測を述べる。そんな中、日本から世界に向けて圧倒的な存在感を見せつけるチャンスとし、よりトレイドショーの意味合いを重視しながらも、ユーザーにも訴求できる、踏み込んだ内容になると挨拶した。

 その言葉どおり、アドバンスド モバイル&PCコーナーをはじめ、BtoB向けのTGSフォーラムの拡大版となるスポンサーセッションLightなどを新設。インディペンデント部門への拡大をはじめ、言語対応も強化される。すべてはもう一度、日本のゲームが圧倒的な存在感をもって世界に迎えられるための施策だ。

 続いて挨拶に立った日経BP社代表取締役社長の平田保雄氏も、それぞれがインディペンデントであるという自覚があれば、世界に冠たるショウとして受け入れられると語った。CESA主催による、ゲーム業界全体の技術力向上を目的としたゲーム開発者向けの技術カンファレンス「CEDEC 2009」もこの理念の元、11年目にして規模を拡大し、刷新されるとのこと。なお、CEDEC 2009は、9月1日(火)〜9月3日、パシフィコ横浜で開催される。

 東京ゲームショウ2009での総合的な目標として、説明に立った日経BP社の事業局事業部長・プロデューサー中村均氏は、来場者と出展社の満足度向上を徹底し、あらゆる最新・最先端情報が集結する場にしながらも、ビジネス面充実と報道、来場、出展の一層の国際化、そしてライトユーザー、新規ユーザーへの対応強化を挙げた。

 そのため、前述したケータイゲームに加え、ネット機能が充実したスマートフォンやコンテンツ、小型PC、PCオンラインゲームなどを紹介する「アドバンスド モバイル&PCコーナー」の新設をはじめ、昨年好評だったプロトタイプのゲームアイディアを発表する「センス・オブ・ワンダーナイト2009」やゲーム好きアーティストを集めた「GMT2008」の継続、海外へのニュースリリース配信サービスの強化やTGSフォーラム2009を開催、スポンサーシップセッションメニューを拡充した「スポンサーシップセッション“Light”」の新設も決定している。日本ゲーム大賞との連動として今年も昨年同様授賞式が東京ゲームショウ期間中に開催されることになっている。

 特に注目したいのが、主催者事務局による整理券サービス導入による運営の円滑化に言及している点。これは、主催者による整理券発行サービスを導入することにより、試遊待機時間の短縮を狙うとともに、会場内の安全向上を図るというもので、これに伴い新たな待機列ルールも導入されるとのこと。今まではメーカーサイドがあくまでも判断していた整理券発行や待機列を主催者側が管理する仕組みとなる。なお、安全確保の観点から、手荷物検査は今年も継続して行われる。

 主催者側の目標としては、強化するターゲット層に対して、メディアや訴求内容を使い分けるとのことで、よりコアゲーマーへのアピールと、子供・ファミリー・女性層へのアプローチを強化したい考えだ。なお、5月にはメインビジュアルを発表し、7月には展示会の概要や出展社の発表、TGSフォーラムの情報などを告知。8月には出展タイトルやブース・ステージ内容をリリースしたいとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」