ニュース
» 2011年02月18日 18時42分 公開

日本語版はどう変っているのか――「HOMEFRONT」ローカライズプレゼンテーションリポート

2月18日、スパイク本社にて4月14日発売予定の「HOMEFRONT」について、日本語版ローカライズについてのメディア向けプレゼンテーションが開催された。「軍事大国化した北朝鮮」という、日本人にとってもデリケートなテーマを扱うだけに、ローカライズでどの程度の変更が行われるのか、プレイデモなどで明らかにされた内容をもとにリポートする。

[戸村賢一,ITmedia]
今回、ローカライズプレゼンテーションを行ったスパイク・海外グループアソシエイトプロデューサーの赤石沢賢氏

 北朝鮮と韓国が2013年に統一し、2013年に北朝鮮を主体にした「大朝鮮連邦」が誕生。その後、大朝鮮連邦は軍事路線を突き進み、2018年には日本を大朝鮮連邦が占領、さらには2025年にはアメリカ合衆国全土が占領されてしまう――そんな過激な舞台設定が話題となっている「HOMEFRONT」。日本でも4月14日にスパイクから発売されることが決定し、現在開発元のTHQとスパイクで日本向けローカライズ作業が行われている。

 今回、プレゼンテーションを行ったのはスパイクでローカライズのコーディネートを行っている海外グループ・アソシエイトプロデューサーの赤石沢賢氏。「HOMEFRONT」の概要を伝えたあと、本題となるローカライズに関する変更部分についての説明が行われた。

 公式サイトでも発表されているように、「HOMEFRONT」に関してはCEROの倫理審査により「実在する人物・国・国旗・民族・宗教・思想・政治団体を敵視しまたは蔑視する表現でなおかつ一方的に非難・中傷する表現」にあたるシーンとして、以下部分に変更が加えられているという。(参考リンク→CERO倫理規定)

  • オープニングムービーの「金正日氏死去」を伝える部分をカット
  • ゲーム内テキスト中、実在の国を中傷しているとされたシーンにおいて、当該の国名表記を「北の某国」、実在の人物を中傷しているとされたシーンにおいて「北の指導者」と変更

 これだけを読むと、2番目の方の変更については、その度合いによってはゲーム内容が変わる可能性もありそうだ。しかし、赤石沢氏によるとゲーム演出上の変更は一切ないとのこと。そのうえで、日本語版オープニングムービーの上映と第1ステージのデモプレイが行われた。

 今回、記事では実際の映像紹介はできないのだが、今日上映されたオープニングムービーと「E3 2010」で公開されたトレーラーと比較してみると、映像でカットされている部分は「金正日氏死去」を伝える新聞を映し出したカット(2秒程度)のみで、金正日氏死去を伝えるシーン自体は残されている。日本語化されたセリフでは、確かに金正日氏を「北の指導者」と読み替えているが、それ以上の内容変更が行われている感じではなかった。ちなみに、国連で演説する金正恩氏の姿については、最近明らかになった正しい姿に変更されている。



占領されたアメリカには赤い旗がたなびく

 続いて行われたファーストステージのプレイは、主人公が捕虜になる寸前で市街戦を戦い脱出するというもの。舞台となるのは、NYCでもLAでもなく、アメリカのごくありふれた地方都市といった街で、日本語・ハングル語の2カ国語のラジオ放送から物語はスタートする。なお、今回のローカライズでは英語部分はすべて日本語に吹き替えられ、ハングル語部分についてはオリジナルの仕様をそのまま採用しているという(海外版でハングル語が英訳されている部分は和訳し、英訳されていないハングル語は日本版でも訳さないといった、海外版の翻訳仕様に則したもの。ちなみに字幕はすべて日本語)。ラジオで目を覚ました主人公、ロバート・ジェイコブスは、いきなり現れた朝鮮人民軍(KPA)によって捕虜とされてしまうのだが、輸送中の街では北朝鮮と思われる共産主義チックな国旗がたなびき(いかにも郡役場っぽい建物に赤い旗がたがたなびく姿は、アメリカ人にとって相当ショックに違いない)、金正日氏と思われるポスターもべたべたと張られている。少なくともファーストステージのプレイを見る限り、本編でのオリジナル演出が大幅に変更されるといったことはなさそうだ。

 最後に、オンラインマルチプレイについても16人による8対8のデモプレイが披露された。今回行われたのは2本先取ルールでマップ内の3拠点の占拠を競う「Battle Commander」で、キルストリークを重ねるなど、一定以上の活躍をしていると認められたプレイヤーは「優先脅威プレイヤー」として装備の力が上がる一方で狙われやすくなる、といった工夫がなされている。また、ゲーム内で獲得したポイント「BP」がゲーム中いつでも使用可能で、必要となった装備をその場で追加できるため、武器の選択や戦術の幅が広がりそうだ。

 冷静に見れば、「HOMEFRONT」でアメリカを占領しているのは南北統一後10年以上を経て軍事大国に発展した「大朝鮮連邦」で、「昔」の北朝鮮に言及するシーンというが多いとは考えにくい。そこで、ローカライズがもたらすゲームへの直接的な影響をさほど気する必要はなさそうである。とはいえ、政治的な舞台設定が過激なものとなっている「HOMEFRONT」だけに、今後の続報に注目していきたい。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」