ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「コンテスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「コンテスト」に関する情報が集まったページです。

まさかのシーンを激写! オモシロ動物写真コンテストの最終選考作品を一挙公開
一般からの投票も受け付けています。(2020/9/19)

「コアラのマーチ」の新絵柄「分身コアラ」に注目集まる 無表情で分身するコアラの強キャラ感
デザインコンテストで入選したnekomimiさんのアイデアです。(2020/9/11)

ゲーム企画コンテスト「PERACON」炎上で謝罪 応募作品に「沈没するクソ会社に出すアプリ企画」など暴言
「モラハラ・パワハラではないか」といった批判を浴びていました。(※追記あり)(2020/9/8)

セキュリティ・アディッショナルタイム(44):
初のオンライン開催「第15回情報危機管理コンテスト」決勝戦――リモート環境で新たに気付いたセキュリティ人材育成の知見とは
2020年5月29、30日に「第15回情報危機管理コンテスト」の決勝戦が開催された。運営側は、競技、審査、その模様のライブ配信を全てオンラインで行うという初の試みに挑んだ。(2020/9/1)

AIが審査する写真コンテスト、「MARINE&WALK YOKOHAMA」で開催 加工や合成大歓迎 撮影に行く必要なし
横浜の赤レンガ倉庫に隣接する商業施設「MARINE&WALK YOKOHAMA」が、“SNS映え”する写真をテーマにした「ニューノーマルなフォトコンテスト」を開催。公式の写真素材を用意して現地へ撮影に行く必要をなくした。(2020/7/15)

Webアプリを高速化して優勝賞金100万円:
ISUCON(いい感じにスピードアップコンテスト) 第10回の参加登録開始
LINEが運営する「ISUCON」の第10回の参加登録が始まった。参加登録は先着500チームまで。参加費は無料で、優勝賞金は100万円。2020年の予選は9月12日にオンラインで開催する。(2020/7/10)

これは便利そう! サンスター文具、テープに挟むしおりなど「文房具アイデアコンテスト」受賞作を再現した試作品を発表
19作品のアイデアが実用的な形に仕上がりました。(2020/6/27)

刺身居酒屋の一丁、接客コンテスト「マスクマンNo.1決定戦」実施 マスク着用でも”おもてなし”を表現する力を競う
刺身居酒屋「一丁」がマスクをしながらでも笑顔や活気を表現できるかを審査するコンテスト「マスクマンNo.1決定戦」を実施した。(2020/6/24)

プリプリのカキがこんがりジュワッ……食べられないのがくやしいっ! 「CGごはん」コンテストに絶品が勢ぞろい
次元を渡る力が欲しい。(2020/6/11)

ThinkPadの原点は「松花堂弁当」って知ってた? レノボが設計の由来にちなみ「キャラ弁コンテスト」を開催
ノートPCのキャラ弁って斬新だな。(2020/6/2)

レノボ、「キャラ弁」写真投稿で3名に「ThinkPad X1 Carbon」をプレゼントするTwitter連動コンテスト
レノボ・ジャパンは、ThinkPadブランドの魅力の再発信を目的とした「ThinkPadキャラ弁コンテスト」を開始した。(2020/6/1)

Apple、6月22日から年次開発者会議「WWDC20」を無料で開催 学生向けのプログラミングコンテストも
米Appleは5月5日(現地時間)、年次開発者会議「WWDC20」を6月22日にオンライン形式で開催すると発表した。(2020/5/7)

Apple、バーチャル「WWDC20」を6月22日から無料で開催 「Swift Student Challenge」も
Appleが初のオンライン年次開発者会議「WWDC20」を6月22日から1週間開催すると発表した。公式サイトとApple Developerアプリから誰でも無料で参加できる。学生開発者のためのプログラミングコンテスト「Swift Student Challenge」も開催する。(2020/5/6)

しくみデザイン、プログラミングアプリ「Springin’」を用いたゲームプログラミングコンテストを開催 TSUKUMOが協賛
しくみデザインは、同社開発のプログラミングアプリ「Springin’」を用いた「Springin’ プログラミングコンテスト Supported by ツクモ」を開催する。(2020/4/27)

キャリアニュース:
「見えぬバグ、IFで隠した、午前2時」、エンジニアあるあるの川柳コンテスト
レバテックが、ITエンジニアから募集した「エンジニア川柳」コンテストの大賞1句、優秀賞4句を発表した。川柳のテーマはエンジニアあるある。大賞には“見えぬバグ IFで隠した 午前2時”が選ばれた。(2020/4/9)

デザインの力:
あなたが考える未来のマスクとは? FabCafeがアイデアコンテストを開催
FabCafe Globalは“未来を変えるマスクデザイン”をテーマに、世界中のクリエーターからアイデアを募集するコンテスト「Mask Design Challenge 2020」の開催を発表した。(2020/3/18)

Apple、「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」の受賞作品を発表
iPhoneナイトモードオンリー写真コンテストの結果が発表された。(2020/3/4)

昔懐かしい駄菓子屋に実物大ちくわ ナノブロックのコンテスト受賞作品が傑作ぞろい
どれもすごい。(2020/2/19)

PR:花の写真をAIが採点! 大盛況のフォトコンテストを支えた、Microsoft Azureの機械学習の実力
(2020/1/14)

「お〜いお茶」の俳句、実は200万句から選ばれているって知ってた? 伊藤園に聞く“日本最大の俳句コンテスト”の秘密
パッケージに掲載されるのは、およそ1000句に1句。(2020/2/3)

Apple、iPhone写真コンテスト「Shot on iPhoneナイトモードで撮影チャレンジ」開催中
(2020/1/10)

こんなに表情豊かなの? オモシロ動物写真コンテストの受賞作品を一挙公開
大喜利を始めたくなるクオリティー。(2019/12/3)

「ミス/ミスターコンテストは一切容認されない」 法政大学が「ミスター法政」について声明を発表
主観に基づいて人を順位付けする行為はダイバーシティの考え方に反するとしています。(2019/12/2)

電子書籍の時代にあえて「アナログ」に:
19歳以上は使用不可? ジャンプした人数だけ「ジャンプ作品」を読めるサービス開始  担当者「『少年』は18歳以下」
ジャンプから期間限定の新アプリが登場した。漫画やキャラクターに関する新たなアプリ、Webサービスの開発企画コンテスト「ジャンプアプリ開発コンテスト」の第2期入賞企画。一緒にジャンプした人の数だけジャンプ作品を読める。ただ、サービス対象は18歳以下だという。(2019/11/29)

企業側へのアピールにも:
IT人材の「自分のスキルが適切に評価されない!」を防げ プログラミングの“基礎体力”を測る検定が開始
プログラミングに関する検定が12月から始まる。主催はプログラミングコンテストなどを行うAtCoder。従来にもプログラミングに関する検定はあったが、実際に1からプログラムを構築する能力を問うものは少なかったという。IT人材は、「企業の採用でスキルが適切に評価されていない」と不満を持つ人も少なくない。スキルを可視化する検定を始めることで、こうした現状を変えていく狙いがある。(2019/11/25)

LINEが新潮文庫と組んだ小説コンテスト「青春小説大賞」をスタート テーマは“青春にまつわる全ての物語”
大賞発表は2020年4月ごろを予定。(2019/11/22)

ポケモン「サンド」×鳥取県が3度目のキャンペーン! 「湯けむりサンド旅情篇in鳥取」が11月16日から開始
足湯スタンプラリーにフォトコンテストに新コラボグッズも。(2019/11/8)

プチコン4 SmileBASICで自作ゲームを作って“海の幸”がもらえる「第五回 プチコン大喜利」
スマイルブームは、Nintendo Switch用プログラミングソフト「プチコン4 SmileBASIC」を用いたオリジナルゲーム制作コンテスト「第五回 プチコン大喜利」を実施する。(2019/11/7)

ハッキングコンテスト「Pwn2Own」、産業制御システムも対象に
Pwn2OwnはWebブラウザからモバイル端末へと対象を広げ、新たにIoTデバイスや産業制御システムも対象とする。(2019/10/29)

黄金銃を持つ教官、号泣高速実習、チャラ男と鳥人間コンテスト……忘れられない合宿免許の思い出
普段なら出会わないような人に会う、それが合宿免許。(2019/10/3)

PR:肉×寿司には無限の可能性がある! 元気寿司の全従業員参加コンテスト「キッチンファイト」で革命的新メニューを食べてきた
ファイナリストたちのメニューは9月17日より順次商品化されます。(2019/9/24)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われる産業制御システム、ハッキングコンテストで攻撃者の知見を学ぶ
PwC Japanグループは2019年9月5日、「ICS(産業用制御システム)セキュリティ領域における攻撃者視点とその対策」をテーマにメディア向けセミナーを開催。ICS領域で増えつつある脅威シナリオやその対応策について解説がなされた。(2019/9/6)

セキュリティ・アディッショナルタイム(34):
令和初の情報危機管理コンテストに見る、真の対応力――理想通りにいかない環境で、理想のインシデント対応に近づくには?
インシデント対応に備え、さまざまな手順やツールを整え始めた企業は多いことだろう。だが、全てを担当者の思い通りに制御できる環境はない。さまざまな制約や初見の機器といった、「アンコントロール」な環境の中でこそ、真の対応力が問われることになる。(2019/9/2)

ミツカンと凸版印刷が「2019日本パッケージングコンテスト」で受賞 納豆のたれ袋・からし袋「押すだけプシュッ!と」で
手が汚れにくい添付品袋の利便性の高さが評価されました。(2019/8/31)

inrevium杯 第19回レスキューロボットコンテスト:
レスキューロボット集結! 要救助者を速やかに助け出せ!
2019年8月10日、11日に神戸サンボーホールにて「レスキューロボットコンテスト(以下、レスコン)」が開催された。今回で第19回目を迎える本コンテストには全国から24チームの応募があり、岡山と東京で開催された予選を経て14チームが本選に出場した。(2019/8/28)

花よりじゃがりこ!? 「じゃがりこ学園」のアイドル「J5」を決める擬人化イラストコンテストが開催
サラダ、チーズ、じゃがバター、たらこバター、明太もちチーズの「J(じゃがりこ)5」。(2019/8/24)

スタジオグラフィックス、RAW現像写真を募集する「SGギャラリーフォトコンテスト」を開催
スタジオグラフィックスは、同社運営の写真投稿共有サイト「スタジオグラフィックス ギャラリー」でRAW現像を前提としたフォトコンテストを開始した。(2019/8/22)

「安全は日頃の心がけぜよ!」 高知県警と「刀剣乱舞」がコラボ、坂本龍馬が佩刀「陸奥守吉行」が交通安全を呼びかけ
無事故・無違反を競う交通安全コンテストが開催されます。(2019/8/4)

気になるニュース&ネット記事:
Deep Learningコミュニティー「DLLAB」の次回大規模イベント情報と、今後の方針・施策 〜2周年イベントより〜
DLLABの2周年イベントで発表された「DLLABの活動の現状と今後」について説明。「次回の大規模イベント開催」の速報や、今後の施策として計画されている「機械学習+IoTのコンテスト企画」と「企業のための実験室としてのDLLAB活用」について概説する。(2019/6/13)

EIZO、“旅”がテーマの「Twitterイラストコンテスト」
EIZOは、「旅」をテーマにしたイラストを募集するイラストコンテストを開始した。(2019/6/11)

人工知能ニュース:
航空機エンジン残寿命予測に挑め、国内製造業向けデータ分析コンテストが結果発表
電通国際情報サービスがシステム工学的に故障予知にアプローチする考え方「PHM」に関するイベント「PHM Conference 2019 in JAPAN」を開催。2018年に続き日本で2回目となる同イベントの開催に合わせて、2019年3月に告知と募集を開始した「PHMC2019データ分析チャレンジコンテスト」の結果発表を行った。(2019/6/11)

傷が増えるほど個性的になるカッティングマットがナイスアイデア サンスター文具「文房具アイデアコンテスト」結果発表
全部ほしい。(2019/5/28)

大学生向けビジコン、サイバーエージェントが開催 「藤田晋が認めたら投資のチャンス」
サイバーエージェントは、全国の大学生・大学院生を対象にしたビジネスコンテスト「学生版 STARTUP CHALLENGE」の参加者の募集を始めた。決勝プレゼンでは、藤田晋社長が審査員を務め、優秀プランには同社グループによる投資や事業化の機会を提供する。(2019/5/14)

雑誌「Animec(アニメック)」が30年ぶり復活 「アニメ新世紀宣言」当時の思い出をコンテスト形式で募集
ーー「機動戦士ガンダム」は、受け手と送り手を超えて生み出されたニュータイプアニメである。(2019/5/10)

スマホの写真を販売できるアプリ「Snapmart」のAndroid版が登場
スマホのカメラロール内の写真を選んで出品できる「Snapmart」のAndroid版が登場。販売価格の30〜60%が報酬となり、フォトコンテストでも賞金を受け取ることができる。(2019/5/8)

広告主部門グランプリはひよこちゃん大暴れのあの自治体PR動画:
「結婚できないひと」が一般公募部門グランプリ、オンライン動画コンテスト「BOVA」贈賞式開催
オンライン動画クリエイティブの最前線は今どうなっているのか。(2019/4/13)

「路上教習でラブホにINした」 ハッシュタグ「どれだけのミスをしたかを競うミス日本コンテスト」に美しき女たちの致命傷エピ集う
強く生きてほしい。(2019/3/13)

iPhone写真コンテスト、受賞作発表
AppleはiPhoneで撮影した写真コンテスト「Shot on iPhone Challenge」の受賞作品を発表した。(2019/2/27)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
優勝8回、総額1千万円超の賞金をゲットした起業家に「プレゼンの極意」を聞いてみた――Empath CSO 山崎はずむさん(後編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。なぜ、音声感情解析技術「Empath」は海外のピッチコンテストで注目されているのか、この仕事を始めるきっかけは何だったのかを同社共同創業者でCSOの山崎はずむさんに聞きました。(2019/2/27)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
海外ピッチコンテストを席巻! 「声で感情を丸裸にする」技術の使い道って?――Empath CSO 山崎はずむさん(前編)
メルカリのCIOを務める長谷川秀樹氏が、志高きゲームチェンジャーと酒を酌み交わしながら語り合う本対談。今回のゲストは、音声感情解析技術で海外ピッチコンテストを席巻している「Empath」の共同創設者、山崎はずむさんです。(2019/2/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。