ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新幹線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新幹線」に関する情報が集まったページです。

車両総数の1/3が水没 長野「新幹線車両センター」台風19号による被害詳細を報告、新幹線だけでなく施設全体に甚大な被害
JR東日本が被害状況をまとめたレポート公開。(2019/10/18)

新工法:
地球と一体化する“インプラント工法”、都内の道路拡幅などインフラでも採用増
技研製作所が開発した「インプラント工法」の国内採用件数は、2019年8月末時点で883件になったという。(2019/10/18)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
水没した北陸新幹線 「代替不可」の理由と「車両共通化」の真実
台風19号の影響で北陸新幹線の車両が水没した。専用仕様のため、他の車両が代わりに走ることはできない。なぜJR東日本は新幹線車両を共通化していないのか。一方で、北陸・上越新幹線の車両共通化に向けた取り組みは始まっている。(2019/10/18)

PR:高性能でコンパクト! 飛行機・新幹線の狭いテーブルの上でも使える新型「レッツノートQV」シリーズでテレワークが加速する
パナソニックのビジネスモバイルPC「Let's note」(レッツノート)の最新2in1 PCが「QV」シリーズだ。パワフルな性能を備えながら、飛行機や新幹線などの小型テーブルに置いてもゆとりをもって作業できるコンパクトさが際立つ。新モデルの特徴を見ていこう。(2019/10/18)

「なぜこうなったのか分からない」 台風19号で水没の北陸新幹線、全線復旧見込みは1〜2週間後
台風19号による千曲(ちくま)川の堤防決壊でJR東日本の「長野新幹線車両センター」(長野市赤沼)の車両基地が浸水、北陸新幹線の車両120両が水没した。水没車両が運用する全車両の3分の1にあたり、修理には大幅な機器交換などが必須。北陸新幹線の全線再開は少なくとも1〜2週間かかる見通しだが、仮に復旧しても運転本数は5〜6割にとどまる見通しだ。(2019/10/16)

首都圏在来線と新幹線の運転再開はいつ? JR東日本、朝から倒木撤去など安全確認で「少なくとも昼までは運休」
山手線は午前10時からの再開を目指しています。(2019/10/13)

【台風19号】鉄道各社「運行状況」「計画運休」まとめ
不要不急の外出はできるだけ控えましょう。復旧後の混雑混乱にも注意しましょう。(2019/10/11)

昼ごろにほぼすべての在来線が運休 JR東、台風19号に対応した計画運休スケジュール公開 12日に実施
13日も計画運休の可能性があるそうです。(2019/10/11)

JR東、台風による計画運休実施決定 私鉄各社でも検討進む
(2019/10/11)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

JRグループ、新幹線と在来線の計画運休を予定 きっぷ払い戻し無料も
詳細は10月11日に発表。(2019/10/10)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【後編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする後編。(2019/10/8)

消費税率10%、ポイント還元策の加盟店は“西高東低”
消費税率が10%に引き上げられ、7日で1週間となる。キャッシュレス決済に伴うポイント還元策に加盟している店舗数は、人口1万人あたりで比較すると西日本が多く、東日本が少ない“西高東低”の傾向があることが分かった。(2019/10/7)

なぜ長男は里帰りしないのかと悩む相談者へ「嫌いな奴と会わなきゃいかん苦しみが一番嫌だね」のアドバイス 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
里帰りするようにうっとしいまでにアプローチする姑。(2019/10/7)

大きな窓で絶景をじっくり堪能 スイス、ゴールデンパス・ラインの新型列車「エクスプレス」がめちゃくちゃかっこいい デザインはピニンファリーナ
フェラーリのデザインで知られるピニンファリーナが手がけました。(2019/10/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
世界初の乗りもの「DMV」 四国の小さな町は“新しい波”に乗れるか
徳島県が2020年度、世界初のDMV(デュアル・モード・ビークル)による定期営業運行を始める。その舞台は阿佐海岸鉄道だ。沿線にはサーフィンで有名な海岸などもあり、観光の魅力もある。DMVが新たな観光資源になることを期待したい。(2019/10/4)

Web会議 「心の壁」の壊し方:
PR:G20の記念品「博多織ネクタイ」開発の舞台裏 伝統的工芸品の商品開発に「V-CUBE」活用
(2019/10/4)

現地取材で覚えた「違和感」:
静岡県知事の「リニア妨害」 県内からも不満噴出の衝撃【前編】
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続けている。なぜ静岡県知事はリニア建設を「妨害」するのか? 現地取材で浮かび上がった実態を前後編でお届けする。(2019/10/2)

『旅と鉄道』増刊は「アニメと鉄道2019」 長井龍雪監督「空の青さを知る人よ」などを特集
「天気の子」「響け! ユーフォニアム」などの作品やラッピング列車も紹介します。(2019/10/2)

「ハチ公が救い」「ダンジョンマップ更新」 東急、東京メトロ「渋谷駅」出入口番号が11月から変更に Twitterには悲鳴
番号で覚えていた人は覚え直し……? 大まかな行き先から出入口を連想しやすくなるというメリットも。(2019/10/1)

「えきねっと」で予約の切符、券売機で発券できない障害 システム改修でソフトに不具合
「えきねっと」で予約した指定席券などが発券できないトラブルが、10月1日午前5時半から発生。午後0時20分に復旧した。1日未明から行ったシステム改修で、ソフトに不具合が起きていたという。【更新】(2019/10/1)

「県民のため」と本当に言えるのか?:
リニアを阻む静岡県が知られたくない「田代ダム」の不都合な真実
静岡県が大井川の減水問題などを理由に、リニア中央新幹線の建設工事に「待った」をかけ続ける一方で、「黙して語らない」大量の水がある。静岡県の地元マスコミも触れられない「田代ダム」の不都合な真実を追った――。(2019/10/1)

28GHz帯を利用:
ドコモとJR東海、200km/h以上で走行する新幹線との5G無線通信実験に成功
NTTドコモとJR東海が、東海道新幹線での5G無線通信実験に成功。東海道新幹線沿線に仮設した実験用5G基地局(28GHz帯)と、200km/h以上で走行するN700S系の車内に搭載した5G移動端末との間で無線通信を行えたという。(2019/9/30)

総務省、「ローカル5G」を制度化 免許申請受付へ
総務省は、5G移動通信システムの電波を地域限定で企業や自治体に割り当てる「ローカル5G」を12月に制度化し、免許申請の受付を開始すると発表した。携帯電話事業者以外の企業や自治体が独自に5Gの電波を扱えるようにすることで、携帯電話事業者によるネットワーク作りを補完し、全国各地で5Gを早期に利用できる環境を整える。(2019/9/30)

JR東日本と「Googleアシスタント」が連携 新幹線の空席、列車の運行状況を「OK Google」で聞ける
JR東日本と「Googleアシスタント」が連携。ユーザーは、スマートスピーカー「Google Home」シリーズや、対応スマートフォンなどに「OK Google」と話し掛けると、新幹線の空席情報と管轄内の列車の運行情報を音声で受け取れる。サービス開始時期は、空席情報が10月1日、運行情報が11月1日。(2019/9/27)

「こういうところに感動してしまう」 沖縄「ゆいレール」駅ホームにあるの自動スロープがすごいと話題に リモコン操作でスッと展開
ホームにスロープが埋め込まれている……!?(2019/9/27)

“飲み物を横に置ける”コンパクトサイズで働き方改革を支援――「Let's note QV8」の秘密に迫る
パナソニックがLet's noteに「QVシリーズ」を追加した。パフォーマンス重視のコンパクト2in1で、働き方改革を促進するという。(2019/9/25)

モバイルPCでどこまでゲームができる?:
新型「ZenBoook 14」はゲーミングPCの夢を見るか?
ASUS JAPANの14型モバイルPC「ZenBook 14」がモデルチェンジし、CPUやGPUが強化された。新たなGPUの搭載により、モバイル環境でのゲーミング体験はどこまで変わるのだろうか。(2019/9/24)

月刊乗り鉄話題(2019年9月版):
【青春18きっぷオススメコース】高原の観光列車「HIGH RAIL 1375」でウマすぎる肉駅弁を喰らう旅
テーマはおいしい「肉と鉄道」。使い切りましょう、青春18きっぷ!【写真たっぷり51枚】(2019/9/20)

PR:働き方改革に求められる「のぞき見防止」 辻伸弘氏が語るプライバシーフィルター
(2019/9/13)

38年間ありがとう! 新幹線遊具に込めた薬局の思い
鳥取県倉吉市の薬局前にある新幹線の電動遊具が店の閉店に伴い9月16日、撤去される。店が開店した38年前から設置されているもので、店が「『しんかんせん』よりお礼」と題した紙を張り出すと、口コミやSNSで話題に。幼い頃を思い出して懐かしむ人らから「ありがとう」などの声が寄せられている。(2019/9/12)

CIM:
CIMに前方探査・予測解析のデータを統合、調査から維持管理まで3次元モデルで情報共有
西松建設は、山岳トンネル工事を対象に、掘削区間の変位や前方地山の地質状況をCIMモデルに一元化することで、前方地質の探査や変位予測、工事関係者間の合意形成にもつながる施工管理システムを開発した。(2019/9/12)

「神対応」「JR最高すぎませんか?」 とある新幹線の運転士が子どもに「帽子」をかぶせてあげる最高に粋な姿が撮影される
子どもを笑顔にする仕事。(2019/9/11)

新工法:
コンクリのひび割れ対策で合成樹脂製管を採用した新工法、作業時間を7割減
(2019/9/10)

関東、強い台風15号上陸へ 風速60メートル「新幹線並み」の暴風に警戒を
「屋外での行動は危険なレベル」との予想も。(2019/9/8)

在来線の利用などで:
鉄道にも「マイル」導入 利用額の最大2%還元 JR東日本エリアで10月から
JR東日本が提供するJRE POINTが、鉄道利用でも貯まるようになる。10月1日から。在来線の利用や定期券の購入が対象。今後は新幹線の利用時にも還元されるようになる見込み。サービス開始に合わせてキャンペーンも実施する。(2019/9/4)

小さいころに別れた将棋友達が実は女の子だった 再会したのに全く気づかない男子のラブコメ漫画にやきもき
2人とも小さいころの約束を守っているところにキュン。(2019/9/4)

還元率2% ついに開始! Suica鉄道利用でポイント還元、JR東日本
2019年10月1日から。(2019/9/3)

モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から
JR東日本は、Suicaを使って乗車するとポイント還元をするサービスを10月1日に提供開始すると発表した。還元率はモバイルSuicaが1回の利用額の2%、カードタイプのSuicaは0.5%にとどまる。(2019/9/3)

京都丹後鉄道の「丹後くろまつ号」、JR線に初乗り入れ JR西所有のDE10ディーゼル機関車が牽引
丹後くろまつ号にJR西のディーゼル機関車を連結してJR小浜線を走る……! 2019年10月25日、26日に特別運行。(2019/9/3)

もしも町田市が大発展したら? リニアが通り巨大ランドマークが並び立つ「架空町田地図」に妄想がふくらむ
町田スカイタワーに町田スタジアム、町田スーパーアリーナも。(2019/9/2)

荷物置き場が予約制に:
新幹線に新ルール 20年5月から自由席に大きな荷物の持ち込み不可に オリ・パラに合わせて
2020年5月から東海道、山陽、九州新幹線で荷物の持ち込みルールが新設される。指定席とセットで荷物置き場の予約が必要に。3辺の合計が161〜250センチの荷物に適用。オリンピック・パラリンピックに合わせた施策とのことだが、セキュリティーの向上も期待される。(2019/9/2)

見た目は好きでも自作しない!?:
中国人の間で日本の「のり弁」が話題沸騰 SNS分析でその「意外な真相」を追う
中国人向けSNSで日本の「のり弁当」の投稿数が急増している。背景には日本人の知らない「不思議な事情」が。SNSと中国市場の分析から迫る。(2019/9/2)

予約しないと有料 JR東海、新幹線で「特大荷物」持ち込みを事前予約制へ 東海道・山陽・九州で導入
3辺の合計が160センチを超える荷物が対象となります。【訂正】(2019/8/30)

脱臭除菌で激突……パナソニックVSシャープ 軍配は?
パナソニックとシャープが、鉄道会社や自動車メーカー向けに除菌や脱臭効果をうたった微粒子イオンの発生装置販売でしのぎを削っている。(2019/8/29)

山岳トンネル工事:
飛島建設がIoT開発基盤を構築、初弾で入坑管理と建機接触防止システムを実用化
飛島建設とマック、エム・シー・エスは、山岳トンネル工事向けのIoTプラットフォーム「IoT-Smart-CIP」を開発した。これにより、IoTのシステム開発がスピードアップし、これまで複数のシステムで管理されていたバラバラな情報が統合的に分析可能となるため、より合理的な現場管理やビッグデータ化に伴うAI技術を活用した生産性向上が見込める。(2019/8/29)

遠距離通勤の味方:
「確実に座れる」私鉄特急が人気、一方で課題も
遠距離通勤のサービスが花ざかりである。通勤向けライナー列車に力を入れる社もあれば、通勤向けの特急も人気を集めている。一方、課題もあって……。(2019/8/29)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」in 沖縄:
起業、パラレルキャリア、はたまた奴隷? 「個の時代」、人生ゲームの勝者は誰だ
終身雇用や年功序列といった日本的経営に陰りが見え始める中、「会社に頼らない生き方」をするためにはどんなキャリア設計をすればいいのか――。働き方改革の先駆者たちに聞いた。(2019/9/3)

パナソニックVS. シャープ 軍配は? 脱臭除菌で激突
パナソニックとシャープが、鉄道会社や自動車メーカー向けに除菌や脱臭効果をうたった微粒子イオンの発生装置販売でしのぎを削っている。近年は健康志向の高まりを背景に移動空間の快適性を求める需要が増えているといい、電機大手のライバル同士による販売合戦がますます加熱しそうだ。(2019/8/28)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。