ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新幹線」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新幹線」に関する情報が集まったページです。

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
新幹線と飛行機の壁 「4時間」「1万円」より深刻な「1カ月前の壁」
所要時間が4時間以内なら飛行機より新幹線が選ばれるとされる「4時間の壁」。それよりも「1万円の壁」を越えるべき、というコラムが話題になったが、新幹線の“壁”は他にもある。航空業界と比べて大きな差がある、予約開始「1カ月前」の壁だ。(2019/3/15)

BIM/CIM:
トプコンとオートデスクがBIM/CIMでISV契約、トレーニングも含めた一気通貫ソリューションを提供
トプコンと、オートデスクは、建設・土木分野における「働き方改革」の実現に向け、戦略的パートナーシップ契約(ISV:インディペンデント・ソフトウェア・ベンダー バンドル契約)を締結した。これまでの業務提携から一歩踏み込み、なかなか進まない現場レベルでのBIM/CIM活用を目指し、トプコンの全国4拠点でのトレーニングやサポートも含めた一気通貫のソリューションを提供する。(2019/3/13)

Twitter、まさかの公式「新元号考えてみた」ジェネレーター発表 人気の漢字1位は「安」
Twitterさん何やってるんですか。(2019/3/12)

なぜそれを…… 「子どもは親の会話を何気に聞いている」漫画にあるあるが止まらない
ば、バレてーら……。(2019/3/12)

月刊乗り鉄話題(2019年3月版):
西武新型特急Laviewが実現する、5つの「今までに見たこともないスゲーこと」
フッ。スーパーブライトNo.2000か……いいツヤしてやがるぜ。(2019/3/12)

内田恭子の「日常で触れたプロフェッショナル」:
優れた道具は使い手のレベルアップにもつながる
素敵な食器やお鍋、キッチンツールを見つけると、ついつい買ってしまう内田恭子さん。今も狙っているお鍋が2つあるそうだ。けれども、素敵な器などを使うことで良い効果が生まれるのだという。(2019/3/8)

新幹線や在来線の走行位置、リアルタイムにWeb表示 運行情報Twitterも JR東海
JR東海は3月16日から、新幹線や在来線の走行位置や遅延状況を、Webサイトでビジュアル化してリアルタイム表示する。路線別にTwitterアカウントを設置し、ダイヤが乱れた際に知らせる。(2019/3/7)

基地局設備の共用化促す 5G本格運用へ投資負担軽減 総務省
総務省は5日、観光や災害救助で通信技術を活用するため、人が住んでいない地域での携帯電話の基地局整備について議論する有識者会議を開き、報告書の骨子案を取りまとめた。(2019/3/7)

行政にもRPA導入の波 「あらゆる業務が対象になり得る」──神奈川県の実証事業で見えてきたもの
RPAの導入検討は民間だけでなく、国や地方自治体にも広がっている。神奈川県庁は一部業務でRPAの実証事業を実施。見えてきたメリットと課題とは。(2019/3/7)

「たくさんの優しさに感動しました」 ベッキーの“結婚お祝い会”に中山秀征、吉田沙保里、ブラマヨ小杉らが集結
ベッキーさん幸せそうだ。(2019/3/6)

「会ったことはないけれど、魔夜峰央先生は私の“恩師”」――千葉の女がMOVIXさいたまで「翔んで埼玉」を見た話
大事なことはだいたいみんな、魔夜作品から教わった。(2019/3/1)

相鉄・JRが直通に:
首都圏の鉄道で何が進んだのか “接続しなかった”相鉄もとうとう
平成時代の首都圏の鉄道を振り返ると、直通・乗り入れが進み、ターミナル駅でも乗り換える必要がなくなったことが挙げられる。今年12月、“どことも接続しなかった”相鉄もJR東日本の埼京線と相互乗り入れすることに。このほかにも……。(2019/2/28)

PR:ペン付きで3万円台後半の高コスパ 「HUAWEI MediaPad M5 lite」がビジネスシーンで活躍する理由
Huaweiは高品質なタブレットも意欲的に投入している。今回紹介する「HUAWEI MediaPad M5 lite」は、約10.1型の大画面ディスプレイと高い質感のメタルボディーを採用し、専用ペンが付属しながらも3万円台後半という手頃な価格を実現した。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2019/2/26)

「国宝王国」の新たなコンテンツは“かき氷”:
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛ける理由
JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/2/22)

これはかわいい! あの黄色いボディーをリュックにした「923形ドクターイエローリュック」登場
丸っこい形状がかわいい。(2019/2/20)

シンカンセンスゴイカタイアイスも対象 JR東日本、駅弁など車内販売の見直しを発表 北海道や九州でも
ビールとおつまみは残る。【訂正】(2019/2/18)

もう還暦なのか……! 「プラレールの60年を振り返る企画展」が京都鉄道博物館で開催 3月9日から
線路に「実物大の青いレール」を敷いて走る……!?(2019/2/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
観光列車に本気出すJR北海道の“到達点”はどこか
北海道に新たな観光列車時代が到来する。JR北海道は、JR東日本や東急電鉄と協力して道内に観光列車を走らせると発表した。常識を覆す試みで運行を実現することになりそうだ。海外の鉄道会社も含めたオープンアクセスの第一歩になるかもしれない。(2019/2/15)

ビジネスシーンでの活用は?
5G必須の用途はどれだけあるのか? 実証実験から見えてきた可能性
技術面での期待値が高い5Gだが、具体的に何ができるようになるのかは、一般的にあまり知られていない。5Gならではの応用事例や、ビジネスシーンで活用する可能性などについて紹介する。(2019/2/19)

【インタビュー】祝・完結!『甘々と稲妻』雨隠ギド 「まるで親戚の子どもが増えたようでした」
最終巻発売を記念して、作者である雨隠ギド先生に連載を振り返っての思いをうかがいました。(2019/2/12)

東京に「両国 プラレール駅」が開業 60周年プラレール×JR東日本が夢のコラボ
JR両国駅で行われるプラレール特別展、家族みんなでれっつごぉぉ。4月7日まで。(2019/2/8)

忘れ物が届いた駅をスマホに通知――JR東日本、51駅で「MAMORIO」活用の忘れ物通知サービスを開始
JR東日本は、首都圏・新幹線の主要51駅で、紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を活用した「お忘れ物自動通知サービス」を開始。忘れ物取扱所にMAMORIO Spotを設置し、MAMORIOを付けた紛失物が届けられると、持ち主のスマホに通知する。(2019/2/8)

JR東日本「忘れ物自動通知サービス」全51駅で本格運用を開始 スマホアプリ「MAMORIO」と連携
駅での落とし物を簡単に見つけられそう。(2019/2/7)

安室透に励ましてもらい、自動車免許をとった話
わたしが安室さんにしてあげられることはなんだろう?(2019/2/3)

カラーが「シン・エヴァ」打ち入り報告 2020年公開に向け、庵野監督が大きな掛け声で一本締め
豪華すぎる顔ぶれ。(2019/2/1)

ゆふいんの森はうまい棒に似てるから ……は!? JR九州が「うまい棒総選挙」開催、何この異色コラボ
まー、似てると言われれば似ているような気がします。(2019/2/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急がJR北海道に“異例”進出! 全国127の観光列車を「分布図」にすると……
JR北海道が東急電鉄の豪華観光列車を運行すると報じられた。“異例”の取り組みがどうなるか注目だ。「観光列車大国」の日本には127もの観光列車があるが、まだ空白地帯もある。そこに商機があるかもしれない。観光列車の「分布図」を作ってみると……(2019/2/1)

地上無線局をRoFでネットワーク:
240kmで走行中の列車と1.5Gbpsでデータ伝送
日立国際電気と鉄道総合技術研究所(鉄道総研)、情報通信研究機構(NICT)は、ミリ波(90GHz帯)無線通信システムを用い、時速約240kmで走行する列車と地上間で、1.5Gビット/秒のデータ伝送に成功した。(2019/2/1)

駅弁にカビが! そんなときSNSにさらさず「メーカーに連絡しよう」と呼びかける漫画に共感の声集まる
それ、本当にSNSに投稿する必要がありますか?(2019/1/31)

建設技術者の人材市場で地域による違いとは?中国地方/北関東で人手不足、逆に東北は25%も増加
ヒューマンタッチが運営するヒューマンタッチ総研は、国内の建設業の人材市場動向をまとめた2019年1月分のマンスリーレポートをリリースした。今回は、かつてないレベルの人手不足に陥っている建設技術者について、総務省統計局の「国勢調査」のデータから、地域による違いを調査した。(2019/1/30)

和田憲一郎の電動化新時代!(31):
都市部への人口集中、観光客の増加……今こそ新しいモビリティの創造を!
中国が建設を進める新しい都市「雄安新区」を2018年末に訪問した際、このプロジェクトは「国家千年の大計」と聞いた。千年といえば、日本にも千年続くことを計画して作られた都がある。平安京そして現在の京都である。平安京は、794年に遷都以来、その後京都として現在で1225年になる。今回は、千年の大計と呼ばれる中国の雄安新区、そして日本の平安京(京都)における街づくりの在り方から、2019年の初頭の話題として、将来のモビリティ像について考えてみたい。(2019/1/28)

2019年新春乗り鉄話題8選:
奇跡? 狙った? ファン歓喜「箱根駅伝ロマンスカー」の真相
「おぉぉ! 小田急さんやるな!」といい話で始まった2019年の乗り鉄話題。今年はどこへ行こうかな。今回は「2019年注目の乗り鉄トピック8選」を紹介。【訂正】(2019/1/23)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
公共交通が示す「ドアtoドア」の未来 鉄道はMaaSの軸になれるのか
先進交通の分野で「MaaS」という言葉が話題になっている。自動車業界で語られることが多いが、鉄道とも深い関係がある。「利用者主体の移動サービス」の実現のために、鉄道こそ重要な基軸になるからだ。「ドアtoドア」のサービスを提供するために、鉄道はどうあるべきか。(2019/1/18)

なぜ北海道だけが「道」なのか?
でっかいどうのどう。(2019/1/23)

月刊乗り鉄話題(2019年1月版):
秩父鉄道の「夜行急行」で夜明かし、その懐かしさにむせび泣く
夜中の長時間停車、駅ですする立ち食いそば!!(2019/1/17)

「モバイルSuica」の年会費が無料に フィーチャーフォン向けサービスは2020年に終了
JR東日本は、2020年2月26日以降に「モバイルSuica」の年会費を無料にすると発表した。また、フィーチャーフォン全機種とAndroidスマホの一部機種は2020年2月25日または2020年12月22日にサービス提供を終了とする。(2019/1/16)

「モバイルSuica」年会費無料に ガラケー向けはサービス縮小
JR東日本は、Androidスマートフォンやガラケー向けに提供している「モバイルSuica」のサービスについて、2020年2月26日から年会費を無料にすると発表した。iPhoneで同様なサービスを利用できるApple Payは当初から無料だった。(2019/1/16)

ガチ勢は歩かない? 掟破りな位置情報ゲーム「テクテクテクテク」の味わい方
位置情報ゲーム「テクテクテクテク」を始めて約1カ月。当初は家や職場の周りをテクテクしていたが、夢中になってくるとテクテク歩くだけでは物足りなくなってくる。(2019/1/12)

新幹線から見える“謎の看板”「727」、自社Wikipediaのスクショを新聞広告に 「説明するのに手っ取り早い」
化粧品メーカーのセブンツーセブンが1月7日、自社Wikipediaのスクリーンショットを朝日新聞朝刊の広告として掲載した。(2019/1/7)

トンネル工事:
騒音下の工事でも円滑な会話可能に、“音声認識AI”で通話相手を特定する「骨伝導ヘッドセット」開発
清水建設は、京セラと共同で、トンネル内の騒音下でも、入坑者が防塵(じん)マスクや防音耳栓を着用したまま、コミュニケーションが可能な通話システム「骨伝導ヘッドセット(仮称)」を開発した。既に施工中の九州新幹線西九州ルートのトンネル工事で、実証実験に成功している。今後は、作業者の体調を測定する機能追加も検討して、2019年中の完成を目標とし、2020年度には商品化も視野に入れる。(2019/1/7)

ご当地めし:
史上最強のおつまみ発見か!? 津山名物「干し肉」が衝撃のうまさ、牛肉のうまみジュワーッに手が止まらない
【西日本豪雨復興応援特集】岡山の復興は進んでいますが、まだまだ支援が必要です……!(2019/1/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」新春特別編:
「ひかり」を再評価、ロマンスカーの心地よさ…… 2018年に乗ったイチオシ列車と、2019年期待の鉄道
2018年も全国各地の列車に乗った。観光列車には「つくる手間」をかけることの価値を感じ、新幹線では「ひかり」の良さをあらためて実感、新型の特急列車には期待感を持った。19年も乗りたい列車がめじろ押し。どんな発見があるだろうか。(2019/1/4)

「シンカンセンスゴイカタイアイス」って何であんなに硬ったいの? メーカーに聞いてみた
新幹線に乗ったら食べたくなる。(2019/1/1)

萌えキャラの行く末を案じる声も 神戸市、北神急行の市営化に動き出す「日本一高い運賃」値下げを目指す
北神弓子ちゃんはどうなるんだろう……?(2018/12/29)

きゃっほー! プラレール「ハローキティ新幹線」ついに登場 かわいいピンク色車両を忠実に再現
2019年2月下旬発売。ハローキティ新幹線内でも買えるようになります。(2018/12/27)

JR東、Twitterで新幹線や特急の運行情報を配信 あすから
JR東日本や新幹線と在来線特急の運行情報のTwiter配信を、12月27日から始める。(2018/12/26)

あんなに活気があったのに……:
あなたの地元はまだ生き残れるのか?
「自分の地元がヤバい……!」。そう思っている人は多いのでは? 想像以上に日本の地域の衰退は進んでいるのだ。そのような問題意識を持つ人におススメしたい本を紹介する。(2018/12/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
東急・相鉄「新横浜線」 新路線のネーミングが素晴らしい理由
東急電鉄と相模鉄道は、新路線の名称を「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」と発表した。JR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」を巡って議論が白熱する中で、この名称は直球で分かりやすい。駅名や路線名は「便利に使ってもらう」ことが最も大切だ。(2018/12/21)

みどりの窓口って、なんで「みどり」なの?
あかの窓口、しろの窓口……どれもしっくりこない。(2018/12/20)

月刊乗り鉄話題(2018年12月版):
列車もトークもガンガン加速 “爆速”ローカル鉄道、ほくほく線「鉄分たっぷりツアー」が楽しすぎた
久野さん&南田さんが同行。このお二人、朝からずっとしゃべっておられました。(2018/12/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。