ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「タカラトミー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タカラトミー」に関する情報が集まったページです。

アニメ「ビーストウォーズII」がYouTubeで全話無料配信開始! タカラトミー「16時間32分33秒もあれば見終わります」
6月17日17時までの期間限定!(2020/6/9)

セルリアンブルーのプロ経営者【前編】:
「6年で売り上げ5倍」「売上高過去最高の54億円」 プロ経営者・メイ社長が明かす新日本プロレス躍進の秘密
新日本プロレスが絶好調だ。2018年度の売上高は過去最高の54億円。19年には米国ニューヨークのマディソン・スクエア・ガーデンで1万6000人を動員し、20年1月4日・5日には史上初の東京ドーム2日間も成功させた。その新日本プロレスの社長がハロルド・ジョージ・メイ氏。メイ社長は、サンスターの執行役員、日本コカ・コーラの副社長を経て、タカラトミーでは社長として業績をV字回復させた「プロ経営者」だ。就任後、海外進出などで新たな戦略を打ち出しているメイ社長に、今後の新日本プロレスの戦略や、プロ経営者から見た日本企業の課題などを2回にわたって聞く。前編では、新日本プロレスの躍進の秘密に迫る。(2020/3/17)

ドコモとタカラトミー、プログラミング教育で協業 段ボールで作るロボット発売へ
NTTドコモとタカラトミーが、プログラミング教育サービスの共同事業を始める。段ボールを使ったロボットキットを発売する。(2019/10/29)

タカラトミー、卓球練習マシン「爆裂スマッシュ」発表 カーブもスピンもかかる本格派
卓球のプロリーグ「Tリーグ」公認です。(2019/8/26)

本物のSLを使った実物大プラレールだと!? タカラトミー、京都鉄道博物館で「プラレール」生誕60周年を記念したコラボが開催
歴代プラレール製品を紹介する企画展も行われています。(2019/3/23)

タカラトミー、ハイテク光線銃「X-TAG」発表 スマホと連動し最大64人によるバトロワゲームが可能
最大64人が参加できるバトルロイヤルと、最大4チームの団体戦で遊べます。(2019/3/1)

ヒプマイのコミカライズが“解釈違い”→誰も解釈できなかったアニメ「カブトボーグ」が10年以上の時を経て再発掘されてしまう珍事に発展
タカラトミー「2018年末にカブトボーグがトレンド入りは草」。(2018/12/18)

「盛り上がりすぎたので急きょメディアに公開」 タカラトミーの“社内”ゾイドコンテストが自由にもほどがあった
いや……なんというか、自由だな……!(2018/12/18)

「トランスフォーマー」を創る男たち―― 日本生まれの変形ロボットは、なぜ世界130カ国で愛される一大コンテンツとなったのか
「トランスフォーマー」の玩具シリーズを開発する、タカラトミーの担当者に話を聞きました。(2018/12/17)

マクドナルドのハッピーセットに史上初のシークレット登場! タカラトミー公式Twitter喜びで荒ぶりまくる
タカラトミー「今回は史上初の『シークレット』もありむぁあああああす!!!!」(2018/11/12)

タカラトミー「モンコレEX」シリーズから「ポリゴン」登場決定 Twitterでは「おかえりなさい」「ポリゴンさんじゃないか!」と喜びの声
ピカチュウたちと一緒に飾ってあげたくなるかわいさ。(2018/11/3)

水曜インタビュー劇場(3カ月10万台公演):
スマホの画像を印刷できる、「プリントス」はなぜ売れたのか
スマホで撮影した写真を印刷することができる「Printoss(プリントス)」が売れている。2017年12月、タカラトミーが発売したところ、すぐに品薄状態に。この商品の最大の特徴は「完全アナログ」なこと。時代に逆行しているような商品は、なぜ消費者に支持されたのか。(2018/6/27)

タカラトミー、スマホ向け簡易プリンター「Printoss」を世界12カ国で販売 国内ではミニオン版を提供
タカラトミーはからスマホ向け簡易プリンター「Printoss(プリントス)」をヨーロッパ、北アメリカ、オセアニアの世界12カ国で順次販売。日本国内では11月に人気キャラクター「ミニオン」をデザインした「プリントス ミニオン」を提供する。(2018/6/7)

『週刊少年ジャンプ』や「B'z」とコラボしたオリジナル人生ゲームが登場 タカラトミー「人生ゲーム」発売50周年
日本の「人生ゲーム」も今年で50歳です。(2018/3/15)

新商品続々:
「人生ゲーム」50周年 友情・努力・勝利の「少年ジャンプ」コラボも
タカラトミーの「人生ゲーム」が発売50周年を迎える。50周年を記念した新商品ラインアップが続々と登場。「週刊少年ジャンプ」とコラボした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」も発売する。(2018/3/15)

「ゾイド」シリーズが35周年で終了? 一部サイトがうわさ拡散 タカラトミー「終了させるといった予定はございません」
よかった……!(2018/1/15)

Webブラウザさえあれば楽しめる! au版「人生ゲーム」が登場
KDDIがタカラトミーとコラボして「人生ゲーム」のオリジナルWebゲーム版をリリースする。Webブラウザさえあればau以外のユーザーも無料で楽しめる。(2017/12/7)

実物大プラレール、本物の線路上に出現
タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」とJR四国の観光電車「鉄道ホビートレイン」がコラボ。実際の線路の上にプラレールを再現した。(2017/11/24)

タカラトミー、コンテストの応募者が1カ月で10人しかいなくて落胆 みんな助けてあげて……
賞品は3人分用意。けっこうな低競争率ですよ?(2017/11/9)

プラレールで再現した葛飾やダイヤで飾ったリカちゃんを披露 タカラトミー、地元葛飾区と連携して特別展を開催
区と協定を締結しての連携企画第1弾。(2017/7/28)

よし、そっくりだな! タカラトミーのしゃくれ動物ガチャにオオカミ登場でマンウィズ「ヤリヤガッタナ!」
今日も日本は平和です。(2017/7/19)

価格を抑えて他社と差別化:
タカラトミー、“親友になれる”AIロボ「COZMO」発売
タカラトミーが、AI(人工知能)を搭載した玩具ロボット「COZMO(コズモ)」を9月23日に発売する。感情が豊かで、ゲームでユーザーに負けると悔しがるなどの反応を見せるという。(2017/7/11)

タカラトミー、考えるAI玩具ロボ「COZMO」の取り扱いを発表 9月23日発売
タカラトミーは、米Anki製となる玩具ロボット「COZMO」の取り扱いを発表した。(2017/7/11)

ハトとコイのマスクをかぶって新人研修!? タカラトミーにユニークな試みの意図を聞いた
一見すると異様に思える研修には、実はリテラシー教育など深い意味が。(2017/5/26)

2000ワード以上:
「デュフフ」「どんだけ〜」 スマホに乗せるだけでユルく会話できる「スマポン」
タカラトミーが、スマホと連動するコミュニケーション玩具「スマポン」を発表した。(2016/6/2)

電波時計内蔵:
「お金はおっかねー」 1300のギャグを操るロボット「爆・笑太郎」爆誕
タカラトミーは、1300ものギャグを繰り出すロボットを発表した。(2016/5/26)

1匹いかがかニャ? タカラトミーの動物モチーフ玩具4選
カワイイペット玩具は一家に1台、いや1匹? どれか家にあれば、きっと楽しいはず。(2016/5/21)

「人生ゲーム」が8年ぶりにリニューアル 歴代7代目にあたる新フラッグシップモデルをタカラトミーが発表
人生いろいろ。(2016/3/23)

お腹にポケットはありません:
タカラトミー、猫型ロボットを発売
タカラトミーは、猫型ロボット「Hello!Woonyan」(ハロー!ウ〜ニャン)を4月28日に発売する。猫の自由奔放さを忠実に再現した。(2016/3/17)

「ビーストウォーズ」がYouTubeで配信開始! アドリブが乱れ飛ぶ“声優無法地帯”アニメの復活にTLが歓喜の渦
タカラトミーさんありがとう。(2016/2/3)

タカラトミー“こえだらいず”に「おそ松さん」が仲間入り!
タカラトミーが、「おそ松さん」のラバーストラップとミニフィギュアを発売する。(2016/1/13)

対象年齢6歳以上:
タカラトミー、子供向けアクションカメラ「プレイショット」発売
約6センチ角の超小型アクションカメラ「プレイショット」がタカラトミーから登場する。価格は9250円(税別)。防水ケースや自転車用マウントなども付属するオールインワンタイプだ。(2015/10/30)

タカラトミー、子ども向けアクションカメラ「プレイショット」 水中撮影も
タカラトミーは、子ども向け小型アクションカメラ「プレイショット」を11月12日に発売する。自転車の運転中、水中撮影も可能だ。(2015/10/30)

音声コマンドにスマホ連携:
六角レンチ1本で組み立てる人型ロボット――タカラトミーが「メカノイド」を発売
タカラトミーは、組み立て式の人型ロボット「MECCANOID」(メカノイド)2機種を11月に発売する。34種の音声コマンドを認識し、約900種の音声フレーズと動作を組み合わせてコミカルな反応をしてくれるエンターテインメントロボットだ。(2015/9/2)

5000個限定:
「モノポリー80周年記念エディション」発売 各年代を象徴するコマや木製ホテルなどを採用
タカラトミーは8月27日、日本版の「モノポリー80周年記念エディション」を発表した。5000個限定で同日より発売する。(2015/8/27)

V-Sido OS:
「V-Sido OS」搭載完全変形ロボット、タカラトミーが市販検討
ロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」を搭載した、ヒト/クルマの完全変形ロボットをタカラトミーが東京おもちゃショーに展示。商品化も検討する。(2015/6/19)

“ヒミツ”の内容はおもちゃショーで:
「妖怪ウォッチが業界をけん引」 日本おもちゃ大賞、タカラトミー「リニアライナー」など9製品が受賞
日本玩具協会が「日本おもちゃ大賞」受賞玩具を発表。「前年度ヒット・セールス賞」に輝いたバンダイの「DX妖怪ウォッチ タイプ零式」は累計200万個以上を売り上げた。(2015/6/16)

累計で地球1周超え:
タカラトミー「トミカ」累計出荷台数6億台間近! 過去10年の販売台数ナンバー1はあの車種
タカラトミーのミニカー「トミカ」が2015年6月中に累計出荷台数6億台を突破する見込みだ。これを記念し、6月20日から抽選で1万人に「ランボルギーニ ヴェネーノ ロードスター」をプレゼントするキャンペーンを実施する。(2015/6/12)

ドコモの狙いは?:
羊の皮をかぶったひつじ? 「オハナス」と「しゃべってコンシェル」の+dな関係
ドコモとタカラトミーが発表した「オハナス」は、クラウド処理で自然な会話が楽しめるコミュニケーショントイ。「しゃべってコンシェル」を応用した自然対話プラットフォームを採用している。(2015/6/5)

特技は俳句:
タカラトミーとドコモが新ロボット「OHaNAS」を共同開発、その狙いは?
タカラトミーはクラウド型おはなしロボット「OHaNAS」をドコモと共同開発。将来的には海外展開を視野に入れ、新たな戦略商品の1つに育てたい考えだ。(2015/6/4)

特技は俳句:
“クラウド頭脳”の賢いおしゃべりロボット「オハナス」誕生 タカラトミーとドコモが共同開発
タカラトミーとNTTドコモがおしゃべりロボット「オハナス」を共同開発した。ドコモの「自然対話プラットフォーム」技術を応用しており、スマホ用アプリを通じて会話ができる。(2015/6/4)

「タカラトミーを変えたい」――老舗おもちゃメーカー、新社長はオランダ人 ドコモと開発したロボット「オハナス」にかける思い
「タカラトミーを大きく変えたい」――タカラトミー新社長に就任予定のメイ氏は対話型ロボット「オハナス」発表会でこう宣言した。ドコモの「しゃべってコンシェル」技術を活用。グローバルにも展開する計画だ。(2015/6/4)

ロボット開発ニュース:
献立アドバイスまでしてくれるクラウド利用の会話ロボ、1万9800円
タカラトミーとNTTドコモがクラウド利用の会話ロボット「OHaNAS(オハナス)」を開発した。ニュースや天気を教えてくれたり、献立アドバイスを一緒に考えてくれる“自然な会話”を実現した。(2015/6/4)

「クラタス」コラボモデルも:
赤外線で縦横無尽に動き回る! タカラトミー、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を6月20日に発売
タカラトミーは、銃撃バトルロボット「ガガンガン」を発売する。赤外線で移動・攻撃が可能で、旋回もできる。(2015/5/27)

“夢のリニアモーターカー”が自宅にやってくる――タカラトミー「リニアライナー」発車
タカラトミーが磁力による浮上と走行の両方を実現した「リニアライナー」を発表した。「浮いて走る」ことにこだわり、スケールスピードで時速500キロ超を実現した本格的なリニアモーターカーの玩具だ。(2015/5/26)

初フィギュア化キャラも:
タカラトミー“こえだらいず”で「刀剣乱舞」フィギュア登場 三日月宗近、小狐丸など6体
タカラトミーの“こえだらいず”より「刀剣乱舞」の人気キャラ6体がフィギュア化される。発売は9月下旬で、5月13日より予約を受け付けている。(2015/5/13)

90秒で完成:
シャカシャカ振ってアイスができる「フルキャラアイス マグ」を発売、タカラトミー
タカラトミーは4月23日、氷と水を使いシャカシャカ振るだけでアイスやシャーベットを作ることができる「フルキャラアイス マグ」を発売する。(2015/4/23)

もうアプリだけでは古い!?:
タカラトミー、笛でもアプリでも操作できるプラレール「ふえではしるぞ!笛コンシリーズ」を発売
人気のプラレールシリーズに、専用の笛を吹いたり、アプリを操作したりすることで、車掌になりきって車両を操作できる「ふえではしるぞ!笛コンシリーズ」が登場。(2015/4/21)

Apple Watchよりバッテリー長持ち?:
カメラ内蔵、1.41型カラータッチ液晶搭載 子供向けスマートウォッチ「プレイウォッチ」が侮れない
子供だってスマートウォッチを使いたい。タカラトミーの「プレイウォッチ」は、1.41型のタッチ対応カラー液晶や、静止画と動画を撮影できるカメラを搭載する。(2015/4/17)

タカラトミー、フィギュアとドールを掛け合わせた「フィグドル」発売
第1弾は「七つの大罪」の「メリオダス」と「エリザベス」。(2015/3/22)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。