ニュース
» 2019年03月23日 18時30分 公開

本物のSLを使った実物大プラレールだと!? タカラトミー、京都鉄道博物館で「プラレール」生誕60周年を記念したコラボが開催 (1/2)

歴代プラレール製品を紹介する企画展も行われています。

[haruYasy.,ねとらぼ]

 タカラトミーを代表する人気玩具「プラレール」が60周年を迎えることを記念して、京都鉄道博物館で博物館の人気アトラクションとなっている「SLスチーム号」に、特製ヘッドマークを取り付けるセレモニーが行われました。

プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 実物大のプラレール蒸気機関車だとぉ!? 京都鉄道博物館でプラレール60周年記念コラボがスタート

 子ども向けのおもちゃとして大ヒットし、幅広い世代に愛されるタカラトミーを代表するロングセラー商品として知られている「プラレール」が誕生したのは1959年。老いも若きも、誰もが知る定番のおもちゃも、ついに還暦を迎えました。

 そんなプラレールのメモリアルイヤーをお祝いするべく、本物の蒸気機関車(SL)に乗れるという京都鉄道博物館で人気のアトラクション「SLスチーム号」とのコラボが3月23日からスタート。同日に60周年を祝うヘッドマークを取り付けるセレモニーが行われました。

プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 職員がヘッドマークを取り付けに向かう
プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 ヘッドマークを取り付けたSLスチーム号

 ヘッドマークの除幕式では、蒸気機関車の前に巨大な青いレールを置いた特別展示も行われました。式には地元幼稚園の子どもたちも招待され、記念すべき初回を貸し切り運行でプレゼント。タカラトミー代表取締役会長・富山幹太郎さんも駆けつけ、除幕式後には博物館職員らと子どもたちに手を振り、専用ホームから出発する蒸気機関車に乗った子どもたちを見送りました。

プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 除幕式の様子
プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 タカラトミー取締役会長・富山幹太郎さんも式典に参加
プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 地元幼稚園の子どもたちを特別に招待

 京都鉄道博物館では今回のヘッドマーク掲出に先駆けて、3月9日からプラレール60周年を記念して歴代製品を振り返る企画展示のほか、「きかんしゃトーマス」のプラレール製品を使った巨大タワーやジオラマの展示も行われています。各企画は5月7日まで実施される予定です。

プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 企画展の様子
プラレール 京都鉄道博物館 SL 蒸気機関車 実物大 歴史をまとめた年表も

春山優花里

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.