ニュース
» 2011年06月09日 17時34分 公開

eneloopシリーズに新ラインアップ:eneloopで無接点充電――そして、高容量の「eneloop pro」と安心設計の「eneloop plus」も

eneloopシリーズに新ラインアップが加わる。また、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に適合した充電機能付キャリングケースも7月21日に発売される。

[ITmedia]

 三洋電機は、くり返し使える充電池「eneloop(エネループ)」の新ラインアップも発表。「eneloop pro(エネループ プロ)」と「eneloop plus(エネループ プラス)」、そして電池を同梱した充電器セットを発売する。

「eneloop pro」は初のイメージカラーをブラックとし、パッケージから電池までブラックでの展開

 「eneloop pro」は単体で7月21日に発売。単3型2本入りの「HR-3UWX-2BP」が1260円。単3型4本入りの「HR-3UWX-4BP」がオープンプライスで、市場販売価格が1900円前後。急速充電器セット「N-TGR01WS」も、9月21日に発売される。価格はオープンプライスで、市場販売価格は4500円前後を見込んでいる。

「eneloop plus」は、6月16日〜19日に幕張メッセで開催される「東京おもちゃショー2011」に出展。おもちゃでも安心して使えることをアピールする

 「eneloop plus」は12月1日の発売を予定している。単3型2本セット「HR-3UPT-2BP」がと4本セット「HR-3UPT-4BP」、そして充電器と単3型4本がセットになった「N-TGN01PS」が予定されているが、いずれも価格については未定となっている。

 また、Wireless Power Consortium(以下WPC)が国際標準化を進めている、ワイヤレス充電規格「Qi(チー)」に適合した「単3・単4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケース」も7月21日に発売される。価格はオープンプライスで、市場販売価格は2000円前後とのこと。

同じ「Qi」規格の無接点充電パッドがあればワイヤレス充電が可能

 「eneloop」は、“エネルギー(energy)の循環(loop)"をコンセプトにした充電池で、2005年11月に単3形「eneloop」を発売して以来、全世界60カ国以上に販売し、累計出荷数量は1億7千万個を突破している(2011年5月末時点)。

プロユースにも耐えられる高容量が自慢の「eneloop pro(エネループ プロ)」

 「eneloop pro(エネループ プロ)」は、単3形「eneloop」より約25%容量が大きく、長時間駆動が可能となったのが特徴。電池多本使用のヘビーユーザーからの高容量化の ニーズに応える形で開発された。容量は単3形「eneloop」のMin.1900mAhに対し、約25%高容量化したMin.2400mAh。もちろん、すべてのeneloopシリーズの充電器で充電できる。今回単3形「eneloop pro」を4個同梱した充電器セットも発売される。

 高容量タイプの充電池は、1年後に残存容量が約半分になってしまう、充電池特有の自然放電が課題だった。「eneloop pro」は、高容量タイプでありながら、自然放電抑制技術を生かして、満充電後室温20度で1年間放置した後でも、約75%の残存率、残存容量約1800mAhを維持すると言われている。なお、「グリーン電力証書制度」を活用しており、製造時の電力の一部(製品出荷時の充電)に相当する電力を太陽光発電による「グリーン電力」でまかなわれている。

電池が熱くならないのでおもちゃなどに使用も安心「eneloop plus(エネループ プラス)」

 「eneloop plus(エネループ プラス)」は、過昇温防止機能を追加することで、万一の誤使用時の電池温度上昇を抑制してくれる。おもちゃなどに使用できるようにという声を受けて開発された。 電池本体内にポリマー系のPTCサーミスタを内蔵している。

 現行のeneloopと同様に充電や放電に対応することが可能で、「eneloop」と同等の特性を確保している。もちろん、すべてのeneloopシリーズの充電器で充電することができる。「eneloop plus」も「eneloop pro」と同様、「グリーン電力証書制度」を活用している。

単3・単4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケースセット

 eneloopシリーズから、「Qi(チー)」規格に対応した充電パッドに置くだけでワイヤレス充電できる、同規格対応の「単3・単4形ニッケル水素電池専用充電機能付キャリングケース」が発売される。

置くだけで充電できる。コンセントの抜き差しなど充電時の煩わしさを極力排除した

 単3・単4形eneloopシリーズ2個の充電に対応しており、キャリングケースとしても使用することができる。本体寸法は幅73×奥行34×高さ26ミリメートル、質量約30グラム(電池別)と軽く、充電完了後は電池のショートなどを防ぐ、キャリングケースとしても使用することができる。

本商品には単3形「eneloop」を2個同梱しており、ほかにも単4形「eneloop」や単3、単4形「eneloop lite」、また、単3形「eneloop pro」、単3形「eneloop plus」もスピーディーに充電することが可能だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン