ニュース
» 2012年06月04日 16時55分 公開

スタンプを使いこなす男がモテを制す! 女子に効く「LINEテク」とはモテ機 Vol.4

現在大流行中の無料通話・メールアプリ「LINE」。LINE特有の“スタンプ”が楽しいせいか、大人でもハマっている人は多い。かわいいスタンプを送り合っているうちに、やり取りもノリノリになって良い感じになれるのが、従来のメールとは大きく異なるところ。上手く使えばこっちのもの!

[池田園子,ITmedia]

「モテ機(ガジェット)」は女性の視点から、女性にモテる、飲み会やデートで役に立つガジェットやアプリについて語るコラムです。


 みんな「LINE」使ってるー? ガジェット好きなみんなは既にご存知と思うが、LINEとはNHN Japanが提供する、無料で通話・メールが楽しめるスマホアプリ。ユーザー同士であれば国内・海外、キャリアを問わず、電話番号を知らなくても連絡が取り合える。利用者は現在世界230カ国以上、世界3800万人、国内1700万人。世界16カ国のApp Storeでランキング1位を獲得するなど、驚異の人気を誇っている。

多種多様なスタンプを使いこなせ!

人気のなめこスタンプ

 LINEの売りはなんといってもスタンプ。スタンプとは絵文字でも顔文字でもない大きな画像のこと。LINEをダウンロードすると、約200個の絵文字やスタンプが付いてくる。スタンプは文章を送るついでに付けるも良し、単体で送るも良し。というのも、スタンプ自体に“メッセージ性”があるからだ。例えば、クマが首を傾げて「?」マークを浮かべている画像は「何?」「どうしたの?」、クマとウサギが抱き合っている画像は「大好き」「愛してる」といった具合に(完全にカップル向けじゃん!)、それだけで気持ちを伝えられるようになっている。まさに「今までなかった!」と言える機能ではないか。

 無料スタンプでも十分楽しめるが、4月末から立て続けに出ている有料スタンプも人気だ。LINEで特に人気のブラウン(無表情なクマ)の進化版「ブラウンスペシャル」、謝罪・依頼シーンで使えそうな「地獄のミサワ」、人気キャラ「おさわり探偵なめこ栽培キット」、定番人気の「ガチャピン・ムック」など豊富なラインアップから選べる。40種類あり、1セット170円というお手頃価格で手に入るのも、支持される理由だろう。6月末の映画公開に先駆けて、「アメイジング・スパイダーマン」も先日リリースされたので注目したい。

体操座りクマで「また会いたい」を暗に伝える

 ここまででスタンプの面白さ・素晴らしさは伝わっただろうか。スタンプを使うことで、メールよりもややライトなコミュニケーションが可能になる。先日飲み会で出会ったモテ男が、巧みなLINE使いをしていたのでご紹介しよう。飲み会後に来たのは「今日は楽しかったー。ありがとう。また会いたいな」という文章とともに「体操座りをするクマ」のスタンプ。こちらとしては「あらあら、寂しそうー。アタシに会いたいのね?」と受け取る。周りの女子にも聞いてみたところ「会いたいという気持ちを強調しているよね」「ちょっと弱さを見せている感じがそそる」「なんかかわいい!」などと好意的な意見が。「体操座りをするクマ」は使える……ここメモね。

「飲みに行こう」の誘いはビールジョッキで

 さらにLINEでのやり取りを続けていると、ある日突然「ビールジョッキ」のスタンプが送られてきた。飲みの誘いだと理解して「イイよー」と返信すると「水曜午後8時恵比寿はどう?」とのお誘いが。実際に2人で飲みに行った後は「クマとウサギのチュー」スタンプが単体で届いた。「おい、これはさすがに気が早くないか?」と思ったものの、スタンプだからまったく重たくならない。1回デートしただけで「付き合って下さい。チューしたいです」なんて来たらドン引き確定。でもスタンプを使えば、ジョークでやり取りできるのが今っぽくて良い。すぐに「ウサギの耳を絞るクマ」を返し「ふ・ざ・け・な・い・で」と暗に伝えた。

 彼に聞いてみたところ「メールよりも素早く送れるから良い」とのこと。そのため夜間に「LINEタイム」を設け、私以外にも多くの女子にスタンプを送りまくっているという。なんて失敬なヤツ。スタンプ効果で女子の反応は8勝2敗というくらいにかなり良いのだとか。って、10人に送ってんのか!

Android男子限定! スタンププレゼント作戦

気になる女子にスタンプをプレゼント

 スタンプは送るだけではなく、なんとプレゼントもできる。Androidアプリからしか贈ることができないが、贈る相手はiPhoneでもAndroidでもどの機種でもOK。Android男子は意中の女子が好きそうなスタンプを、何気ない日にプレゼントしてしまおう。スタンプページへ行き「プレゼントする」のボタンを押し、贈る友達、贈るときに添えるメッセージスタンプを選択し、あとは送信するだけ。ね、とても簡単でしょ?

 女子ウケが良いのは「ブラウン スペシャル」「スヌーピー」「Tweety」あたり。ハズレはないことを保証する。個性派女子であれば「ハゲおじさん」なんかを喜んでくれるかもしれない。いずれにしても、プレゼントは“特別感”を覚えさせるものなので、ぜひ積極的に取り入れてみてほしい。実際に本命女子にスタンプをプレゼントし、見事想いを成就させた男子も私の周りにいる。「スタンプのプレゼント……あれは効くね。日頃LINEをしていたこともあって、落とされちゃった。私が『好き』と言っていたスタンプを送ってくれたので嬉しくて」とプレゼントされた女子は語る。2人のLINEを習慣にし、愛を深めていく中で、スタンプをプレゼントして……というパターンが王道だ。

 合コンや飲み会での連絡先交換にもLINEはかなり使える。「メアド教えて?」「Facebookやってる?」なんて言うよりも自然で、押し付けがましくない。「合コンで微妙だった人から(Facebookの)友達申請が来ると困惑。保留にしていたら何か言われそうだし」という意見の女子も多数。「Facebook疲れ」という言葉もあるくらい、みんなFacebookにナイーブになっているのだ。ここはまずLINEで、“軽くゆるいつながり”を持つのが正解。場が和んできたら「みんなLINEしてる?」の一声でOK。スマホを振るだけでIDを交換できる。つい先週も飲み会でさわやかな男子に聞かれ、スマホをフリフリしてきた。ガツガツしてる感ゼロに見えるのがスゴい。クマ効果、スタンプ効果恐るべし。LINEで「実はかわいい面も持つオレ」をアピールしとこうよ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」